ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン メーキング・オブ・ハリー・ポッター『WARNER BROS. STUDIO TOUR LONDON THE MAKING OF Harry Potter』

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン メイキング・オブ・ハリー・ポッター全般レポート♪

どうも!魔法使いパンケーキマン・ダンブルドアです(*’▽’)ノハリーポッタースタジオツアーに合計3日間通いましたよ♪先のレポートでハリーポッター・スタジオツアーのクリスマスディナー編(前編後編をご紹介しました。クリスマスディナー編は2日目のスタジオ訪問が中心の記事です。

今回は通常時のハリーポッター スタジオツアーの全体をレポートします。WBスタツア訪問の1日目と3日目を中心にした内容です。
各セットなど個別の詳細レポートも追加予定です(*´▽`*)ノ

目次
PR

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン メイキング・オブ・ハリー・ポッター『WARNER BROS. STUDIO TOUR LONDON THE MAKING OF Harry Potter』

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン メイキング・オブ・ハリー・ポッター『WARNER BROS. STUDIO TOUR london THE MAKING OF Harry Potter』の正面玄関と実物大の魔法使いのチェスの写真
ネタバレも含みます。スタジオツアーの内容を一切見たくない方は、どうぞここから先は読まないようにお願いします。

今回のハリーポッターのスタジオツアーはHISで購入した鉄道パス付スタジオチケットで行きました。
レポートはワーナーブラザースのスタジオの最寄駅ワトフォード・ジャンクション駅(Watford Junction station)から、ご案内いたしましょう!

最寄駅ワトフォード・ジャンクション駅の自動改札機

ワトフォード・ジャンクション駅(Watford Junction station)の自動改札機にはホグワーツ城が印刷されている

ワトフォード・ジャンクション駅(Watford Junction station)の自動改札機のフラップにはハリーポッタースタジオツアーのイラストがデザインされています。これを見るとワーナーブラザーススタジオツアーへやって来た実感が高まるハズです。パンケーキマンの胸はめっちゃ高まりました。(私は前日にワトフォード・ジャンクション駅へ降り立ち、最寄りのホテルで宿泊していましたがw)

ワトフォード・ジャンクション駅からシャトルバス

ワトフォード・ジャンクション駅の外観。ハリーポッタースタジオツアーの最寄駅

改札は1つだけです。改札を出て左側にバスターミナルがあります。ハリーポッターの看板があるバス乗り場が、ワーナーブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドンへのシャトルバス乗り場です。この看板とハリーポッターのラッピングバスを見るととテンションがアゲアゲです。

バス停:ハリーポッタースタジオツアー行き

ワトフォード・ジャンクション駅からハリーポッタースタジオツアー行きのシャトルバス乗り場

乗車には当日のスタジオ入場チケットもしくはスタジオ入場チケットとの引換券(バウチャー)をセキュリティスタッフに見せます。バス運賃3£(英ポンド)は現金のみです。紙幣しか持っていない場合は運転手さんが両替してくれます。なるべくコインを持って行きましょう。(非接触型カードも使えるとWEBにはありますが日本のカードは使えたり、使えなかったりするそうなので、使わない方が無難かもです。またオイスタカードも使えません。バスチケットは捨てず大事に持って下さいね、復路のバス乗車時に提示が必要です。3ポンド往復のバス代です。

ハリーポッタースタジオツアーのシャトルバスの車窓ハリーポッタースタジオツアーのシャトルバスの車窓

シャトルバスの席は自由です。初めてなら2階の最前列がバス乗車中の景色を楽しめます。側面ウィンドウはラッピングしているがため、あまり外が見えません(笑)

2020年9月時点 シャトルバスは運休中です。別の路線バスか他の交通手段(レンタカー、タクシー)での移動が必要です。

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドンへ到着

ハリーポッタースタジオツアーのシャトルバス外観 2階建てで外観はハリポタのラッピング

ワトフォード・ジャンクション駅からのシャトルバスで到着すると、ハリーポッタースタジオツアー建物の端に到着します。

WBスタツアは日刊預言者新聞の壁面が続く(バス乗り場)

到着してバスから降りると、日刊預言者新聞が特大サイズで壁面にズラッと並んでいます。新聞の壁面沿いに歩いて曲がるとスタジオ正面が見えました♪

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン メイキング・オブ・ハリー・ポッター『WARNER BROS. STUDIO TOUR london THE MAKING OF Harry Potter』

入口のある正面まで来ると、魔法使いのチェス実物大があります。ロンが『ハリーポッターと賢者の石』のチェス勝負したシーンで登場したチェスの駒が3体あります。これは写真撮影スポットです!建物正面の上部にある看板『WARNER BROS. STUDIO TOUR LONDON THE MAKING OF Harry Potter』の文字を見ると一層テンションが上がります!遂に遂に憧れの地へやって来のだと(笑)

引換券(バウチャー)をチケットへ引換

バウチャーの方はチケットへ交換が必要です。HISなど旅行代理店で購入した場合は引換券(バウチャー)のため、引換が必要。
直接ワーナー・ブラザース・スタジオWEBサイトで購入した場合など既にチケットを持っている場合は入口へどうぞ。

1.自動交換機(発券機、キオスク)autoated kiosks2.有人窓口 ticket windows ハリーポッタースタジオツアー

バウチャーの引換方法は2つ

1.自動交換機(発券機、キオスク)autoated kiosks
2.有人窓口 ticket windows

自動交換機(発券機、キオスク)autoated kiosks

自動交換機(発券機、キオスク)autoated kiosks ワーナーブラザース スタジオツアー日本から訪問の場合は2.有人窓口へ並びましょう。スタッフと一緒に自動交換機を試しましたが、何度チャレンジしてもエラーになりました。また、タッチパネルの感度が悪い独特なので入力するのも一苦労ですw

有人窓口 ticket windows

有人窓口 ticket windows ワーナーブラザースのスタジオツアー(ロンドン)有人窓口にバウチャーを印刷した紙を出し、身分証明書(ID)を求められたらパスポートを提出すればOK。入場チケットを発券して貰えます。HISのバウチャーは鉄道クーポンの番号とワーナーのバウチャー番号の2つが印字されていたので、窓口スタッフはやや混乱しながら手続きしていました(笑)

入口へ並びます。入るためには当日入場チケットの提示が必要です。チケットのチェックの後、館内へ入るとボディーチェックがあります。無事にボディーチェックを終えれば、スタジオのロビーエリアへ入れます。

ロビーエリアの施設とサービス

インフォメーションカウンター(Infoation):質問、相談はここへクローク(Cloakroom):邪魔な荷物は預けましょう。ワーナーブラザースのスタジオツアー(ロンドン)デジタルガイド(Digital Guide):日本語デジタルガイド(有料も)ワーナーブラザースのスタジオツアー(ロンドン)

インフォメーションカウンター(Infoation):質問、相談はここへ
クローク(Cloakroom):邪魔な荷物は預けましょう。
デジタルガイド(Digital Guide):日本語デジタルガイドもあります。有料4.95£(英ポンド)スマホ端末とヘッドホンのセットです。スタジオツアーのコンテンツを更に詳細に説明したり追加資料や写真などを楽しめます。
トイレ(Loo)
特設イベントカウンター(Reception Counter)
*イベント開催時のみ開設

クローク(手荷物)参考情報

ハリーポッター・スタジオ・ツアー中は途中で屋外に出ます。寒い日は防寒着は手に持っておいた方が無難かも。
小さなビニール袋。バタービールマグカップを持ち帰り用に。
水などドリンク。スタジオツアーは長いです。途中で喉が渇いてもドリンク、フードが購入できる場所は1か所しかありません。

ハブ(Hub)エリア

ハブ(Hub)エリアには巨大なドラゴンが天井から吊るされている。ワーナーブラザースのスタジオツアー(ロンドン)パンケーキマンは予約していたスタジオツアー開始時間の2時間前の9時に到着しました。初めてなのでスタジオツアーエリアへ入る前にグッズショップやカフェ&レストランも楽しみたいから♪なので、今朝は朝食を食べずにワーナーブラザースへ参りました。

ロビーエリアの奥にはHub(ハブエリア)があります。上から巨大なドラゴン ワーナーブラザースのスタジオツアー(ロンドン)ロビーエリアの奥にはHub(ハブエリア)があります。上から巨大なドラゴンが吊るされ、周囲の壁面にはハリーポッターシリーズの主要なキャラクターのパネルが!ドラゴンの種類はウクライナ産アイアンベリー種です。

ファンタスティックビーストの主要メンバーの衣装 ワーナーブラザースのスタジオツアー(ロンドン)私が訪問した時は壁際にファンタスティックビーストの主要メンバーの衣装が飾られていました。もうワクワクが止まりませんwww左からジェイコブ・スワロフスキー、アルバス・ダンブルドア、ティナ・ゴールドスタイン、ニュート・スキャマンダー、クィニー・ゴールドスタイン、ゲラート・グリンデルバルド、グリーデンスの7名のキャラクター衣装♪

ハブエリアと隣接のグッズショップ、ハブエリアの隅にTHE HUB CAFÉ(ハブカフェ)ワーナーブラザースのスタジオツアー(ロンドン)

ハブエリアと隣接のグッズショップはまだオープンしていません。ハブエリアの隅にTHE HUB CAFÉ(ハブカフェ)はオープンしていました。

Hub Cafe(ハブカフェ)

ハブカフェ(Hub cafe)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(ロンドン)

屋内テラスタイプでテーブルと椅子が周辺にあり着席して珈琲や軽食を楽します。珈琲類はスターバックスが運営しています。アルコール、お菓子、軽食もあります。

営業時間

スタジオツアーオープン~クローズまで。ツアー時間中は終日営業しています。

THE HUB CAFE(ハブ・カフェ)ハリーポッタースタジオツアー外のスターバックスコーヒー(英国、ロンドン)

ハブカフェはひとまず置いておいて、ハブエリアの奥にある2つのショップを目指しました。

THE FOOD HALL(フードホール(フードコート))

THE FOOD HALL(フードホール(フードコート))ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(ロンドン)

THE FOOD HALL(フードホール(フードコート))フードホールはペットボトルのドリンク類、サンドイッチ、ケーキ、焼き菓子やブレックファーストの写真THE FOOD HALL(フードホール(フードコート))焼き菓子とパンの写真 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(ロンドン)

フードホールはペットボトルのドリンク類、サンドイッチ、ケーキ、焼き菓子やブレックファーストなど食事が用意されています。

HE FOOD HALL(フードホール(フードコート))イングリッシュ・ブレックファースト ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(ロンドン)そうパンケーキマンの朝食は『フードホール』で楽しみました。詳細は別レポートを見て下さい♪1日目食事レポート『フル イングリッシュ ブレックファスト』『キャロットケーキ、チョコブラウニー、クロワッサン』etcそして3日目食事レポート『フルイングリッシュブレックファスト ブレッド』

営業時間

土日祝:スタジオオープン時間~20:00
月~金:スタジオオープン時間~17:00

店舗詳細情報

THE FOOD HALL<フードホール>ハリーポッタースタジオツアー外のレストラン&カフェ(英国、ロンドン)

THE CHOCOLATE FROG CAFÉ(カエルチョコレート カフェ)

THE CHOCOLATE FROG CAFÉ(カエルチョコレート カフェ)外観 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(ロンドン)

カエルチョコレートカフェ、長いのでカエルチョコカフェ ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(ロンドン)カエルチョコレートカフェ、長いのでカエルチョコカフェと略しますが(笑)ここではスイーツが楽しめます。主にミルク、チョコレートをベースにソフトクリーム、ドリンク、ケーキなどです。

ミルクチョコレートアイスクリーム4.95£(英ポンド)

ミルクチョコレートアイスクリーム4.95英£ カエルチョコレートカフェ ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(ロンドン)カエルチョコカフェでは食後のスイーツを♪(≧◇≦)この時食べたのはミルクチョコレートのソフトクリームです。ホワイトチョコの小さなカエルが引っ付いています(笑)滑らかな口解けに、ほんのり甘いアイス♪3日目はミルクシェークを味わいました♪フードホールもカエルチョコカフェもハリポタスタジオツアー外にあるので、ツアーへ入場前かツアー退出後しか立ち寄れません。ご注意を♪

営業時間

スタジオツアーオープン~クローズまで。ツアー時間中は終日営業しています。

店舗情報詳細

THE CHOCOLATE FROG CAFE<カエルチョコレート カフェ>ハリーポッタースタジオツアー外のスイーツ カフェ(英国、ロンドン)

MAPワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドンの見取り図

MAPワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドンの見取り図

ワーナーブラザーススタジオ(ロンドン)の見取り図です。公式サイトには英語バージョンしか無いので作成しました♪欲しい情報も追加しました。必要なら見取り図をクリックもしくはタップしてからダウンロード保存して下さい(地図2019/12バージョン)

トイレは4か所

ゲスト用トイレはWBスタツア内外に4か所(場所は上の見取り図をチェック♪)

  • ワーナースタジオ内(スタツアエリア外)に2箇所
  • ハリーポッタースタジオツアーエリア内に2箇所

スタジオツアーのチケット

ハリーポッター スタジオツアーのチケット ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス)

私がHISで予約したプランは11:00~入場可能、退場時間は自由のプランでした。上の写真はスタジオで引き換えたチケットです。10:30~11:00入場と印字されていました。

Warner Bros.Studio Tour London tickets ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス)

チケットの裏面はハリーポッタースタジオの写真です!テンション上がりますね♪どのセット写真かは運次第です(笑)私のチケットはダイアゴン横丁とダンブルドア校長室でした♪

10:30頃にはハブエリアのハリーポッター スタジオツアー入口へ

スタジオツアー入口でチケットを見せて入場します。

ここから更にネタバレも含みます。ただし全てネタバレをblogに書くわけではありませんw

JKローリングさんの有名なセリフ

JKRowling-message WBtourlondon ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス)

No story lives unless someone wants to listen. J.K.Rowling(誰かが聞きたいと思わない限り物語は生きません。)

ハリーポッターと賢者の石の冒頭のシーンのプリペット通りが1/1サイズのポップで展示 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス)

イラストや文章を眺めながら進むと、ハリーポッターと賢者の石の冒頭のシーンのプリペット通りが1/1サイズよりちょっと小さいポップとなり壁一面に展開しています。リチャード・ハリスのダンブルドア校長が、赤ちゃんのハリーを抱きしめているシーンです。

ダンブルドア仮装で、ダンブルドア校長と写真撮影 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス)ちなみに実寸大から少し小さいサイズなので隣に並んで写真を撮るとこんな感じじゃ♪ダンブルドア仮装で記念撮影 photo 🔮shirley@魔法界オタクin🇮🇪 (@shirley_meow)殿

The Cupboard under the stairs(階段下の物置ハリーの部屋)

階段下の物置部屋ハリーポッター映画セット ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

反対側にはダーズリー家の階段下の物置つまりハリーの部屋の映画セットが(笑)ここもテンション上がりますね♪

ハリーのパジャマと小物 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハリー・ポッターのパジャマなど生活感を感じる衣装や小物も体感!

詳細レポートUP 階段下の物置ハリーポッターの部屋

ハリーの部屋The Cupboard Under The Stairs階段下の物置 ハリーポッター映画セット(ロンドン)

ハリーポッターの等身大パネルと自撮り ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)
映画ハリーポッター8作のパネルと主人公3人のパネルもあるぞ(ハリーと自撮りしたw)ダンブルドア仮装で、ハリーポッタースタジオツアーで遊んだレポートは別レポートへ♪

ホグワーツ大広間の大きな扉

ホグワーツ大広間の大扉THE GREAT HALL at Hogwarts ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

少し省略して、いよいよホグワーツ大広間の大きな扉です。「扉を開けたい人はいてる?」スタッフが参加者全員へ声をかけてくれます。大広間への扉を自らの手で開けたれば、すぐに前へ出て行きましょう♪とても人気なので躊躇していると参加できません(笑)2人ほどしか体験できませんよ!しかもスタジオツアー1回で一度きりの体験です!

ホグワーツ大広間へ入場

ホグワーツ大広間 ハリーポッター・スタジオツアー クリスマス仕様 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

私が訪れた12月のテーマ『Hogwarts in The Snow』

クリスマスシーズンのホグワーツを再現している季節イベント期間です。ホグワーツ大広間は映画ハリーポッターの12月を再現していて、クリスマスツリーやクリスマス料理でいっぱいです。

DINNER IN THE GREAT HALLホグワーツ大広間のクリスマスディナーワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ユールボールのクリスマスダンスパーティー

ハリーポッター ユールボール クリスマス・パーティー(ホグワーツ大広間)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

教職員テーブルがある場所は『ハリーポッターと炎のゴブレット』のシーンを再現したセットです。ユールボールのクリスマスダンスパーティーです。右端にはフィルチが居てますぞ!

ホグワーツ フリット・ウィック先生のクリスマスパーティー衣装 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

真ん中の氷彫刻の裏にはフィリットウィック先生も♪

ホグワーツ大広間の暖炉(映画セット)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ホグワーツ大広間で滞在出来る時間は10分ほど。見たり写真撮影したりはテキパキと悔いの無いようにしましゅう。大広間は一回のスタジオツアーでは一度しかは入れません。時間が来ると追い出されて再入場もできませんので(笑)

 The Golden Snitch ゴールデン スニッチ ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

大広間の出口の上に密かに飛んでいる金色のスニッチ!目立たない!!!(笑)絶対、気づいている人はいないんじゃないかと思う場所にwww

ハリーポッタースタジオツアースタート!

いや、すでにスタジオツアーに入場した時点で、ツアーは開始していますが(笑)ホグワーツ大広間を出てからの順路はゴールとなる出口まで一方通行です。ですが、自由に行ったり来たり出来ます(笑)ただし近道が無い為、行くにしろ戻るにしろ、順路通りの道のりを行き来することになります。(;^_^A 道のりとしての距離はそんなに長くはありません。ホグワーツ大広間~スタジオツアー出口まで、何も見ずに歩くだけなら30分ほどかな?パンケーキマンの場合(^_^.)

スチュアートクレイグ(STUART GRAIG)やスタッフの説明&写真パネルの展示

スチュアートクレイグ(STUART GRAIG)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

スチュアート・クレイグ美術監督、プロデューサーのデイビッド・ヘイマン殿など映画製作の主なスタッフの紹介のコーナーです。

デイビット・ヘイマン、プロデューサーなど製作者の紹介パネル ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

映画ハリーポッターの公式ガイドブックを読んでいると登場する有名な方々を紹介しています。もちろん歴代の監督たちも!

4寮の得点ストーンはグリフィンドールが1位!

グリンドールが1位の4寮の得点ストーンのセット ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

緑色の石:スリザリン寮、青色の石:レイブンクロー寮、赤色の石:グリフィンドール寮、黄色の石:ハッフルパフ寮と寮の得点が掲示されています。ここロンドンのホグワーツでも『グリフィンドールが現在1位!』です(笑)第2位がスリザリンのストーンがUSJよりも少ない(つまり点数が低い)です。

ダンブルドア、マクゴナガル先生たちの衣装

ダンブルドア、セブルス・スネイプ、マクゴナガル先生たちの衣装 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

通常シーズンは大広間に飾られていますが、クリスマスシーズンはこちらへ移設されています。私個人の希望はダンブルドアの衣装を購入したい!って気持ちで眺めていましたw素敵すぎますw衣装はスネイプ先生、マダム・マクシーム、ハグリッド、マッドアイ・ムーディー、ハリー、チョウチャン、ハーマイオニー、ビクトール・クラム、ロンです。

チョコレートフィースト(CHOCOLATE FEAST)チョコレートケーキ、スイーツのフェイク プロップ

チョコレートフィーストなるホグワーツのお菓子PROP(映画の小道具) ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ホグワーツ大広間で登場したスイーツの数々、美味そうです!(笑)ゴブレット、お皿、スプーン、ナイフ、ピッチャーなども間近で見れます♪このスイーツメニューはUSJの三本の箒で再現、販売して欲しいwww全部食べるのに通います!残念ながらスタジオツアーのカフェ&フードホールでも販売していませんでした(^^;)

ART DIRECTION,COSTUME DESIGN(アートディレクスヨン、コスチュームデザイン)

衣装について解説 バーバトンの制服、帽子、靴 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

フラー達の制服であるボーバトン魔法アカデミーの制服、帽子、靴などが飾られています。

バーバトンの制服、帽子、靴とパターンモデル ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

靴もジャケットもスカートも美しいですね♪時間帯によってはスタジオスタッフが説明して下さる。パターンも展示していて、衣装の作り方やテーマがここで分かります。

ダンブルドアの燈台(演台)

ダンブルドアの燈台(演台)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

これ欲しい!ダンブルドアが壇上にあがり、お話しようとすると、梟の羽根がバサッと開くカッコいいヤツです(*’▽’)

ウィッグ&つけ髭(HAIR & MAKEUP)

ウィッグ&つけ髭(HAIR & MAKEUP)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

フレッド&ジョージ・ウィーズリーのウィッグ ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)主要なハリーポッターの役者用のウィッグとつけ髭を展示、説明もあります。皆が大好きな双子の兄弟フレッド&ジョージのウィッグもじゃ♪(私のダンブルドアの『つけ髭』と『簡易ウィッグ』はこの『つけ髭製作チーム』の職人の1人に作ってもらったものですぞw)

闇の帝王ヴォルデモート卿の衣装と、ハリーの私服の衣装

闇の帝王ヴォルデモート卿の衣装と、ハリーの私服の衣装 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)闇の帝王ヴォルデモート卿の衣装と、ハリーの私服の衣装 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハッフルパフのローブなどが♪気付いておろうが、映画ハリーポッターと死の秘宝パート2で、トムVSハリーの壮絶な戦いのときの衣装じゃw

動く階段と肖像画(MARBLE STAIRCASE)

ホグワーツの動く階段と肖像画(MARBLE STAIRCASE) ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ホグワーツの動く階段と肖像画(MARBLE STAIRCASE) ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)『ハリーポッターと賢者の石』で登場するホグワーツの動く階段セットと壁面に飾られている魔法使いと魔女達の動く肖像画。ここにはニュートスキャマンダー(Newt Scamander)教授の肖像画も♪

階段下にはホグワーツのゴーストたちの衣装

階段下にはホグワーツのゴーストたちの衣装 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ゴーストたちの衣装の裏に注目のスポットが隠れておるぞ!

若き日のニュート・スキャマンダー(Newt Scamander)教授の肖像画

若き日のニュート・スキャマンダー(Newt Scamander)教授の肖像画 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

USJハリポタエリアのホグワーツ城内でも見ることが出来るニュート・スキャマンダー教授の肖像画のオリジナルPROPに出会えましたぞ♪ハリーポッタースタジオツアーでは肖像画の名前入りなのでわかりやすい!が設置している場所がわかりにく!(笑)過去レポのUSJの肖像画と見比べてくだされ♪

監督性のお風呂の蛇口

ホグワーツ監督性のお風呂の蛇口 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ホグワーツ各寮の監督生専用のお風呂の蛇口です。ハリーがセドリックに教えて貰って入ったお風呂の蛇口です。美しい!!!

アンブリッジの教育令とデジタルガイド&スタンプラリー受付

アンブリッジの教育令とデジタルガイド貸出 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

デジタルガイドを借り忘れた方は、ここで借りることができます。クレジットカード支払いOKじゃ♪お値段4.95£(英ポンド)場所はホグワーツ大広間を出て、真っすぐ歩いた突き当りです(2019年12月時点)パンケーキマンは3日目にデジタルガイドを借りてスタジオツアーを楽しみました!デジタルガイドの良さは別レポートで紹介しています。

関連記事

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(≧▽≦)ノ 今日はイギリスのハリーポッタースタジオツアーのDIGITAL GUIDE(デジタル・ガイド)を紹介します♪ デジタルガイドとは:ハリーポッタースタジオツアー ハリーポッタースタジ[…]

貸出カウンター2:デジタルガイド&スタンプラリー受付(スタジオツアー入場後)

背景にアンブリッジの教育令の撮影小道具(PROP)があるので、教育令を目印に♪

背景にアンブリッジの教育令の撮影小道具(PROP)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

MAPワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドンの見取り図

見取り図ものせて置きます。今はハリーポッタースタジオツアー内のデジタルガイド受付あたりです。

漏れ鍋(LEAKY CAULDRON)

漏れ鍋(LEAKY CAULDRON)大鍋PROP(映画セット)

ハリーが最初に接触した魔法界の建物がパブ漏れ鍋でしたね。

闇の魔術に対する防衛術(THE DARK ARTS)

闇の魔術に対する防衛術(THE DARK ARTS)リーマス・ルーピンとセブルス・スネイプ(ネビルのお婆ちゃん衣装)

闇の魔術に対する防衛術(THE DARK ARTS)ドラゴンの標本リーマス・ルーピン先生の衣装とネビルのお婆ちゃんの衣装を着用したセブルス・スネイプ先生♪授業に使用した映写機も♪映写機はUSJ闇の魔術に対する防衛術の教室にもありますぞ♪天井にはドラゴンの標本もw

マクゴナガル先生の衣装とダンス練習

マクゴナガル先生の衣装とダンス練習

右の黒板にはダンス『The Witch Waltz』のステップ&ターンの仕方が♪映画ではミネルバ・マクゴナガルが練習相手に指名したロンがテレてメンドクサそうにしてたシーンが印象的でしたw

魔法薬学の教室とスネイプ先生とスラグホーン先生

魔法薬学の教室とスネイプ先生とスラグホーン先生

ホグワーツ地下にある魔法薬学の教室セットにはセブルス・スネイプ教授とホラス・スラグホーン教授の衣装を展示。

ホグワーツ地下にある魔法薬学の教室セットにはセブルス・スネイプ教授

机の上には魔法薬や新旧の教科書♪これは!もしや!ハリーの使用してた教科書では!?机の上には魔法薬や新旧の教科書♪これは!もしや!ハリーの使用してた『ADVANCED POTION MAKING』教科書では!?

セブルス・スネイプとダンブルドア仮装(地下の魔法薬学の教室)このポジションで写真撮影すると、セブルスと会話しているような光景に収まるのじゃ♪2日目のダンブルドアのコスプレでお邪魔した時の1枚ですぞw

死の秘宝や魔法界のアイテムのPROPS(映画の小道具)エリア中央に

死の秘宝やハリーポッターprop小道具

炎のゴブレット(GOBLET OF FIRE)
賢者の石(PHILOSOPHER&S STONE)
火消しライター(DELEINATOR)
タイムターナー(TIME-TERNER)
忘れ玉(REMEMBARALL)
リドルの日記
ゴールデンスニッチ(GOLDEN SNITCH)
アズカバン囚人標(AZKABAN PRISON)
クリスタルゴブレッド(THE CRYSTAL GOBLET)
スラグホーンの砂時計(SLUGHORN’S HOURGLASS)
万眼鏡(OMNIOCULARS)オムニオキュラー
リタ・スキータのアクセサリー(RITA SKEETER’S Accesories)

ホグワーツのアイテムのPROPS(映画の小道具)エリア中央に

このエリア中央にはホグワーツの椅子やテーブル、ゴブレットなどPROPや著名なアイテムの数々があります。じっくりと覗くと、きっと色々と発見できる楽しさが埋もれていますぞ♪

トライウィーザードカップ(THE TRIWIZARD CUP)

トライウィーザードカップ(THE TRIWIZARD CUP)

本物のトライウィーザードカップが目の前に!大きい(笑)実物はかなり大きなサイズですぞ♪

グリフィンドールの男子寮の寝室(GRYFFINDOR BOY’S DRMITORY)

グリフィンドールの男子寮の寝室(GRYFFINDOR BOY'S DRMITORY)の映画セット外観グリフィンドールの映画撮影セットの外観はこんな感じです。

グリフィンドールの男子寮の寝室(GRYFFINDOR BOY'S DRMITORY)ハリー、ロンのベッド

ベッドは右からR.W(ロン・ウィーズリー)、H.P(ハリーポッター)、D.T(ディーン・トーマス)、N.L(ネビル・ロングボトム)と並んでいます。クリスマスシーズンなので机上にはクリスマスカードがw

グリフィンドールの談話室(GRYFFINDOR COMMON ROOM)

グリフィンドールの談話室(GRYFFINDOR COMMON ROOM)

グリンフィンドールの談話室にはハーマイオニー、ハリー、ロンが3作目の衣装が展示。クリスマスツリーの根元にはプリスマスプレゼントが♪

グリフィンドールの談話室(GRYFFINDOR COMMON ROOM)の素敵なソファ

この談話室のソファで腰かけて、ゆっくり過ごせたら素敵ですね♪憧れのグリフィンドール談話室(≧▽≦)紹介したいネタが沢山ある談話室です。

若き日のミネルバ・マクゴナガル先生の肖像画!

若き日のミネルバ・マクゴナガル先生の肖像画グリフィンドール談話室に掲げている肖像画は、基本的に歴代のグリフィンドール寮の寮監です。現在の寮監であるマクゴナガル教授の昔の肖像画もあります。めちゃめちゃ美人です(*´▽`*)

透明マントのハリーとハーマイオニーとロン

透明マントのハリーとハーマイオニーとロン

魔法使いの杖、みぞの鏡、太ったレディ

魔法使いの杖、みぞの鏡、太ったレディ

本物の映画セットの『みぞの鏡(The Mirror of Erised)』ハリーポッター魔法使いの杖魔法使いの杖がズラリと24本並んでいます。そうまるで時計のように♪本物の映画セットの『みぞの鏡(The Mirror of Erised)』です!太ったレディは初期バージョンです。USJの太ったレディ(婦人)肖像画は後期バージョンの女性とは異なり、やや年代を感じさせるデザインですねw

ホグワーツの大時計

ホグワーツの大時計(ハリポタスタジオツアー)

映画では度々登場するホグワーツの大時計です。マダム・ポンフリーの医務室の前に登場することもありましたね。

グリフィン像(ダンブルドア校長室への入口:動く階段)

ダンブルドア校長室の入口 グリフィン像(動く階段)お馴染みのダンブルドア校長室への入口♪レモンキャンデーとパスワードをグリフィン像に唱えると階段がエレベーターのように上昇するかもですぞw
USJホグワーツ城のグリフィン像の入口と比較して見て下され♪

映画セットのダンブルドアの校長室の外観

ダンブルドア校長室の撮影セット外観と入口のグリフィン像のリフト

他の映画セットと同じく外側は木枠で構成されておる。校長室が円形なので、外観も丸いです。

ダンブルドア校長室と校長机とマイケル・ガンボン殿の衣装

ダンブルドア校長室の室内(ハリーポッタースタジオツアー)

パンケーキマンの憧れダンブルドア校長室へ入りました♪正面には厳かな、ある意味見慣れた校長の机があります。左側にはマイケル・ガンボン殿の衣装が!

二人のダンブルドア校長(ハリーポッタースタジオツアー)

実はダンブルドアは二人いる!リチャード・ハリス殿の衣装も右上に

ダンブルドアの衣装(リチャード・ハリス)

ポッタリアンなら知っている初代ダンブルドア役を演じたのはリチャード・ハリス殿の衣装も飾られておるぞ(*´▽`*)

ダンブルドアの記憶の瓶とラベル

ダンブルドアの記憶の小瓶他に見どころが沢山!記憶の小瓶もロンドンのハリーポッタースタジオなら見ることが出来る♪詳細な説明は後日追記します。記憶の瓶のラベルはMINALIMA(ミナリマ)のデザインです。

死の秘宝アイテムコレクション!PROP本物

ハリーポッターPROP(小道具)死の秘宝 実物

バジリスクの牙とトム・リドルの日記など本物の死の秘宝のPROP(映画小道具)を至近距離で見れます!ハッフルパフのカップやレイブンクローの髪飾りなど美しい実物を眺められる一方ハリーとナギニが写真なのがうける(笑)

ダンブルドアの校長室の中にも歴代のホグワーツ校長の肖像画がありますが、外の横にも肖像画が沢山掲げられています。

ホグワーツの動く肖像画

ホグワーツの肖像画(PROP)動く肖像画(スタジオツアー)

映画ハリーポッターのホグワーツ校内に登場した肖像画は数えられないほど多く登場しました。魔法使いや魔女たちです。映画のクリエイティブチームが作成した肖像画の一部がこの壁面いっぱいに掲示しています。動く肖像画は撮影時はグリーンバックになっています。肖像画のいくつかは実は映画スタッフがモデルになっています。

プロデューサーのデイビッド・ヘイマン(David Heyman)の肖像画

デイビッド・ヘイマン(David Heyman)の肖像画以前にUSJホグワーツ城のキャッスルウォーク(お城見学)でも紹介したデイビッド・ヘイマン殿がモデルとなった魔法使いの肖像画がこちらですぞ♪ロンドンのハリーポッタースタジオツアーでは近くで明るい照明でヘイマン殿の肖像画を見ることができます。肖像画の壁面前にはベンチが設置されていて、ゆっくりと座って観賞できます。

動物キャストの紹介

映画ハリーポッターの動物キャストの紹介

映画ハリーポッターには沢山の動物たちも登場します。白フクロウのヘドウィグ役やハーマイオニーのペット猫クルックシャンクスなどを写真で紹介しています。ミセス・ノリス、ファングいずれも複数の代役が活躍していたそうです。

ハグリッドの小屋(HAGRID’S HUT)実物大のハグリッドとファング♪

ハグリッドの小屋(HAGRID'S HUT)実物大のハグリッド ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハグリッドの小屋(HAGRID'S HUT)実物大のハグリッドとファング♪ ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハグリッドの小屋の映画セットです。入口には愛犬ファングも居てます。USJと異なりハグリッドの家の中を観察できますぞ♪大きなテーブルと椅子の他にも映画の中で見たことのあるような道具や鳥かご、ソファなども小屋の外にはハグリッドの衣装を展示しています。

箒ニンバス2000、ニンバス2001、ファイアボルト(NIMBUS2000,NIMBUS2001,FIREBOLT)PROP

箒ニンバス2000、ニンバス2001、ファイアボルト(NIMBUS2000,NIMBUS2001,FIREBOLT)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハリーポッターを見たなら魔法の箒に憧れますよね♪本物のニンバス2000とご対面(≧▽≦)bパンケーキマンのテンションがmaxまで上昇!!!残念ながら手で触れることは叶いませんが、間近でニンバス2000やファイアボルトを見れた!

黄金に輝くニンバス2000(Nimbus2000)は美しい!

ハリーポッターの箒ニンバス2000本物(prop)nimbus2000 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

箒の舳先に黄金にキラキラ輝く本物のnimbus2000の文字♪これを見ることにどれほど憧れたことか!(笑)絞りが入ったフォルムに滑らかな曲線と鋭利な形状がミックスした素晴らしい造形です。ニンバス2000が好きですが、本物を見るともっと好きになりましぞ(≧◇≦)

クィディッチ(QUIDDITCH)の衣装と箒

クィディッチ(QUIDDITCH)の衣装と箒 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハリーポッターの魔法界のスポーツと言えば、クィディッチです!初代デザインのローブと後期デザインのローブ、ホグワーツのクィディッチチーム グリフィンドール、スリザリンのローブとマダム フーチ先生のローブ、クィディッチに使用する道具箱も展示。道具箱にはゴールデンスニッチ、クアッフル、ブラッジャー、隣にはビーターのバットなども♪

クィディッチ競技場と箒とグリフィンドールのタペストリー ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

箒よ上がれ!を体験できるコーナーが♪

箒の飛行授業『箒よ上がれ!』体験 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハリーポッタースタジオツアーの良い点は、ところどころ体験できるスポットがあります。ここではマダム フーチ先生が飛行授業のはじめにした授業『Broomstick UP!』を体験できます。ちょっと見た目がマグルじかげなのは見えないことにしておいてください(笑)

ダンブルドア仮装でパンケーキマンも体験しました。校長なのに基礎レベルの『箒よ上がれ!』に・・・動画でどうぞ(笑)

動画撮影:シャーリー殿 (@shirley_meow)殿 感謝♪

魔法の箒の飛行体験をしよう♪グリーンバックのクロマキー合成に挑戦(USB動画は有料)

魔法の箒の飛行体験をしよう♪グリーンバックのクロマキー合成に挑戦(USB動画は有料)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

魔法の箒の飛行体験のUSB動画は有料の支払い ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)映画の箒で飛行する体験というか飛行シーンを撮影する体験が出来ますぞ♪この撮影BOXは写真撮影が禁止のため、残念ながら魔法界ドットコムお見せ出来ません。撮影用の箒がセットされていて周囲の壁は緑色のグリーンバック仕様です。体験するだけなら無料です。体験した撮影動画は有料でUSBで持って帰れます。予算が許せば是非、USBで持ち帰って下さい。撮影動画を購入する場合、このエリアのカウンターで支払いをして予約券を受け取ります。USBの引き渡しはハリーポッタースタジオツアーの出口近くになります。
★箒体験の詳細レポートをUPしました★

【撮影スポット】魔法使いの箒で飛行体験!写真と動画(有料)28£♪ワーナーブラザーススタジオツアー ハリーポッター(ロンドン)

グリーンバック合成の撮影と箒

グリーンバック合成の撮影とアラスター・ムーディーの箒 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

先ほどの箒飛行体験のグリーンバッグは、この装置ほどは大掛かりではないけど似た感じの装置の箒にまたがって撮影していますぞ♪ちなみに、このサドルが付いた箒はアラスター・ムーディーのじゃぞ♪

ロンのパパの空飛ぶ車フォードアングリアと暴れ柳の撮影

ロンのパパの空飛ぶ車フォードアングリアと暴れ柳の撮影 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ロンのパパの空飛ぶ車フォードアングリアと暴れ柳の撮影 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)ロンのパパの空飛ぶ車フォードアングリアと暴れ柳の撮影 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

暴れ柳が車を襲う光景を目に出来ますぞ!暴れ柳じゃがUSJのライド ハリポタジャーニーの暴れ柳と同じような動きでしたw

撮影スポット:巨人とヒトのサイズ比で撮影

撮影スポット:巨人とヒトのサイズ比で撮影 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハグリッドは巨人の血をひくので、大きな体です。ここでは遠近法と撮影方法で、まるでハグリッドとヒトのサイズに見える撮影を体験できます。手前のテーブルと奥のテーブルでサイズが異なり、カメラを通して見ると、まるで半巨人と人の比率に見えますぞw

秘密の部屋の扉

トム・リドルの秘密の部屋の扉 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)ハリーポッターと秘密の部屋に登場したバジリスクが住む部屋への入口の映画セット。あなたがパーセルタングなら蛇語を話すと動き出すかも!?(運が良ければ動いているところを見れます)

ホグワーツの扉(魔法で自動的に施錠される)映画セット

ホグワーツの扉(魔法で自動的に施錠される)映画セット ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)ハリーポッターと死の秘宝パート2でホグワーツが籠城する際にホグワーツの守りを固めるため、扉に施錠するシーンに登場!定期的に自動的に施錠、解錠しますので、しばらく待っていれば観賞できますぞ。

リーマス・ルーピン先生のトランク

リーマス・ルーピン先生のトランク ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ルーピン教授がホグワーツを去る際に、魔法の杖を一振りして、スーツや靴、書籍などを自身のトランクへ収納するシーンが見れますぞ♪

アラスター・ムーディー先生のトランクとクラウチJrの衣装

アラスター・ムーディー先生のトランクとクラウチJrの衣装 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

マッドアイ・ムーディーが囚われていたトランク。トランクの上には鏡があり、トランクの底が見えるようになっておる。見るとそこには・・・。マッドアイの偽物つまりポリジュース薬で変身していたバーティー・クラウチJrのコートも展示しています。

隠れ穴のセット(ロンの家)

隠れ穴ウィーズリー家の映画セット(ロンの家)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ウィーズリー家の隠れ穴のセット(ロンの家)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ウィーズリー家のダイニングルームの映画セットですぞ。ここには【隠れスポット】が沢山♪フライパンを魔法で洗っていたり、包丁が自動でニンジンを刻んでいたり、アイロンが勝手にかけていたり(笑)魔法で編み物を編んでいます♪ウィーズリー家の不思議な時計が壁に♪

輝きの手と姿をくらますキャビネット

輝きの手と姿をくらますキャビネット ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ノクターン横丁にあるボージン&バングスのお店にあった闇の魔術のアイテム『輝きの手』や『姿をくらますキャビネット』闇のコーナーへ突入ですぞw

デスイーター(死喰い人)のマスク

デスイーター(死喰い人)のマスク ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

デスイーターのマスクじゃ♪これだけ並ぶと美しいのう(笑)皆が好きなベラトリックス・レストレンジ嬢のマスクもあるかのう?

ヴォルデモート卿とセブルス・スネイプそしてデスイーター一味 at マルフォイの館

ヴォルデモート卿とセブルス・スネイプ at マルフォイの館・スネイプそしてデスイーター一味 at マルフォイの館 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

映画のあのシーンを再現した状態。マルフォイ家の館へ闇の帝王ヴォルデモート卿やデスイーター(死喰い人)が集合したシーンを再現しておりますぞ♪

マルフォイの館に集うデスイーター(死喰い人)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ヴォルデモート卿のペット大蛇であるナギニが向かう先はホグワーツの先生が!?長テーブルを囲い、ルシウス・マルフォイやナルシッサ、他にもよく知るメンバーが居てるハズw

マルフォイの館 蛇ナギニとホグワーツ教授 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

トム・マールヴォロ・リドルの父親のお墓

トム・マールヴォロ・リドルの父親のお墓 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

闇の帝王ことヴォルデモート卿の父の墓じゃ。ヴォルデモート卿の本当の名前はトム・リドル。ヴォルデモート卿が復活する際、人体を取り戻す材料の一つの父親の骨をお墓から用意したのう。

魔法省のアトリウムのセット

魔法省のアトリウムのセット ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

魔法省のアトリウムには煙突飛行ネットワークで結ばれた移動手段の暖炉が沢山じゃ♪そしてハリー、ハーマイオニー、ロンがポリジュース薬で、魔法省の職員に変身した時の衣装が飾られれおるぞ。

魔法省のアトリウムのセット2

魔法省のアトリウムのセット2 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

こちらの魔法省のセットには魔法大臣のスクリムジョール達の衣装が飾られ、バックは魔法省の地下8階に吹き抜けでそびえ立つガラス張りの執務室じゃ。

ドローレス・アンブリッジの部屋

ドローレス・アンブリッジの部屋 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

先入観を持たずに見れば、ピンク~パープル系に統一されていて可愛い猫の絵が飾られたお洒落な部屋ですのうwww残念じゃがドローレス・アンブリッジの性格を知っているので、お洒落な部屋では無く、憎い人物の部屋にしか見えん(笑)ピンクの衣装が3着展示さてれいます。色は初期が薄いピンク、後になるほど濃いピンクの衣装じゃ。

魔法省のエントランスにあるモニュメント闇の時代バージョン

魔法省のエントランスにあるモニュメント闇の時代バージョン ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ヴォルデモート卿の影響を受けるデスイーター(死喰い人)達に支配された魔法省を象徴するモニュメントじゃ。純血の魔法使いを優遇し、マグルを虐げる様を表しておる。魔法省のモニュメントの下に挟まれているのは魔法力を持たぬマグルの人々じですぞ。

ブラック家の家系図タペストリー(Black Family Tree Tapestry)

ブラック家の家系図タペストリー ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハリーポッターと不死鳥の騎士団の騎士団本部であるシリウス・ブラックの家の映画撮影に使用した本物のブラック家のタペストリーが展示されてますぞ♪残念ながらドラコ・マルフォイやベラトリックス・レストレンジはスペースの関係で載っておらん(笑)残念。

ブラック家の家系図のシリウス・ブラックの焼き跡? ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

しかし、シリウス・ブラックはご覧の通り焦げた状態で見ることが出来ますぞ♪ドラコやベラトリックスを見たければミナリマ大阪へどうぞじゃ!

魔法使いの肖像画

魔法使いの肖像画 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハリーポッタースタジオツアーは見る物が沢山あるので、目玉が2個では足りないほど、しかしタマには上を見ているのも新しい発見があるかもじゃ!ここでは肖像画が掲示してありましたぞ♪誰の肖像画かは調べてないので、説明は出来ません(笑)

魔法使いの杖の振り方レッスン!【体験無料】

魔法使いの杖の振り方レッスン!【体験無料】 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ワーナーブラザースのスタッフ魔法使いが呪文を使う際の杖の振り方を教えてくれます♪各回先着3名ですので、体験したい方は率先して参加しましょう!カッコよく杖の扱う者にレベルアップできるかもじゃw

ホグワーツの正門(校門) 羽根の生えたイノシシ像

ホグワーツ正門(HOGWARTS GATE)ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ホグワーツ魔法魔術学校の正門というか校門です。羽根の生えたイノシシも鉄串状の門も含めて、第一印象はとても高い!そしてとても大きい!(笑)いつもUSJのホグワーツ校門(もっと低くて小さい)を見慣れているので、ここハリーポッタースタジオツアーの校門は本当に大きくて驚いた。

ホグワーツの校門をくぐると向こう側は新エリア『禁じられた森』エリアです。写真の校門の手前右側にトイレ③(Loo)がありますよ。

MAPワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドンの見取り図

新エリア『禁じられた森』エリア新設2017年3月The Forbidden Forest

新エリア『禁じられた森』エリア新設2017年3月The Forbidden Forest ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

禁じられた森の入口には森番のハグリッド

ホグワーツの森番 ハグリッド ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

入口というかホグワーツの門の裏側に居ていますwスタジオツアーで二人目のハグリッドですw手に大きなランタンを持つルビウス・ハグリッドが出迎えてくれますぞ。ホグワーツの敷地の外れにある禁じられた森を住処とする様々な魔法動物や魔法生物が登場します。

ケンタウルス

魔法動物ケンタウルス(禁じられた森) ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

禁じられた森を進むと暗闇の森の中を進みます。蜘蛛の巣が見え何やら嫌な予感がプンプン(^^;)

バッグビーグ

バッグビーグ ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

礼儀正しくバッグビーグに会えば、近づく前に『お辞儀』をしましょうね♪ドラコ・マルフォイのような目にあいたくなければ(笑)お辞儀をするとバッグビーグもお辞儀を返してくれるかも(*´▽`*)

アラゴグ(Aragog)アクロマンチュラ(Acromantula)の王

アラゴク ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

ハグリッドの友でありペットだった蜘蛛アクロマンチュラのボスであるアラゴグの巨大さには驚くかも!?蜘蛛嫌いのロンでなくても、こんな巨大な蜘蛛には私も出会いたくないですwww

禁じられた森には楽しい仕掛けも♪

『THUNDER LIGHTING(雷鳴)』と『WIND(嵐)』の2つのスイッチ ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

禁じられた森には次のスイッチがあります♪『THUNDER LIGHTING(雷鳴)』と『WIND(嵐)』の2つのスイッチはゲストが自由に操作できます。意識しないと見過ごす【隠れスポット】的な場所ですよ。

蜘蛛(クモ)が苦手な方は抜け道あり

禁じられた森を通りたくない人は近道を通るべし!蜘蛛達やアラゴクに出会わずに進めますよ。

禁じられた森を抜けるとハリーポッタースタジオツアー内にある1店目のグッズショップがあります。

Forbidden Forest Shop禁じられた森ショップ

Forbidden Forest Shop禁じられた森ショップ ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

グッズショップ『禁じられた森ショップ』は忍びの地図の関連グッズが豊富♪また魔法使いの杖、魔法生物のTシャツやヌイグルミなどを販売中です。別レポートで詳細を紹介します。

禁じられた森ショップ 忍びの地図グッズ ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)

グッズショップ 禁じられた森ショップ(Forbidden Forest Shop)ハリーポッター スタジオツアー内(ロンドン)詳細レポート

レンガ造りのアーチと駅員さんが登場 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(イギリス/ロンドン)レンガ造りのアーチと駅員さんが登場しました。もしやここは?

キングスクロス駅のプラットフォーム9 3/4番線セット&ホグワーツ特急

キングスクロス駅のセット&ホグワーツ特急 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

2015年3月にハリーポッタースタジオツアーに登場したのが、ロンドンにあるキングスクロス駅のプラットフォーム9 3/4番線を再現したエリアです。映画ハリーポッターの撮影に使用した本物の蒸気機関車と客車が搬入されて展示しています。

右側の壁面:撮影スポット HOGWARTS EXPRESSのサインと荷物カート

写真撮影スポット HOGWARTS EXPRESSのサインと荷物カート  ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

本当のキングスクロス駅にも写真の撮影スポットがありますが、ここロンドン ワーナーブラザースのスタジオ内にも同様の撮影スポットを設置!しかも3か所あります(笑)つまりキングスクロス駅みたいに長蛇の列に並ばなくても写真撮影が出来ます♪もちろん無料です。逆に有料の撮影サービスはありません。

キングスクロス駅の写真撮影スポット

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(≧▽≦)ノロンドンには数々のハリーポッターショップがあります。ハリーポッターショップ巡りをするだけで1日では足りないほど(*´▽`*) 沢山ある中でもハリーポッターが好きなら絶対に訪れないと行けない[…]

THE Harry Potter SHOP AT PLATFORM 9 3/4(ハリーポッター ショップ プラットフォーム9 3/4番線)

グッズショップTHE RAILWAY SHOP『鉄道ショップ』

グッズショップTHE RAILWAY SHOP『鉄道ショップ』 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

グッズショップTHE RAILWAY SHOP『鉄道ショップ』店内写真 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)ホグワーツエクスプレス看板Hogwarts Express sign ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)ハリーポッタースタジオツアー内の2店目のグッズショップがこのエリアにある『THE RAILWAY SHOP』です。プラットフォーム9 3/4番線のオリジナルグッズはここでしか販売していないグッズも多数あります。

グッズショップTHE RAILWAY SHOP『鉄道ショップ』ハリーポッター スタジオツアー内(ロンドン)詳細レポート

ホグワーツ特急の客車に乗った合成写真体験コーナー♪CARRIAGE INTERIOR SET

ホグワーツ特急の客車に乗った合成写真体験コーナー♪CARRIAGE INTERIOR SET ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

ホグワーツ特急の客車のコンパートメント個室を再現したブースが4個セットされていて、ハリー達が乗っていたように向い合せの座席に座れます。グリーンバックは、ここでも車窓を合成できます。写真は次のエリアへの途中で購入出来ます。

ホグワーツ特急 実物のオルトンホール号 蒸気機関車

ホグワーツ特急 実物のオルトンホール号 蒸気機関車 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

映画ハリーポッターシリーズで本当の鉄道で走行させて撮影に使用した汽車『Olton Hall(オルトン・ホール号)』がワーナーブラザース スタジオに搬入されて展示しています!本物です!映画に登場したしたクリムゾンレッド(紅色)のホグワーツ特急ですよ♪

ホグワーツ特急のコンパートメント

ホグワーツ特急のコンパートメント ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

ハリー達が毎年、キングスクロス駅から乗車したホグワーツエクスプレスの客車も乗って、通路を歩いて見学できます。各コンパートメント(個室)には映画ハリーポッターシリーズの各作品にちなんだグッズ、アイテムなどが座席に飾られています。写真のコンパートメントはグリフィンドールのマフラーとハリー達のノートが置かれていました。左上のノートはミナリマでレプリカを販売中ですね♪

ホグワーツ特急の客車(個室)見学 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

平日でも結構、並びます(笑)後ろから次々とゲストが来るので、ゆっくりと車内を見学するのはちょっと難しいです(^▽^;)一方、クリスマスディナーの時は、ガラガラで貸切状態で自分たちのペースでじっくりと見学できましたw

また客車の別車両にはハリーとロンが出会った1作目『ハリーポッターと賢者の石』のコンパートメントを再現した個室と、あのシーンの展示もありますよ♪

魔法界ドットコム(魔法界ブログ)

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです。2019年12月に訪問したイギリス ロンドンのハリーポッター聖地巡礼レポートがい…

ここでキングスクロス駅とホグワーツ特急のエリアは終了です。エリアを出ると通路になっていて、途中にホグワーツ特急の有料写真スポットの写真を注文出来るカウンターがあります。通路の横に大きな広告看板が!

ハリーポッター看板(地下鉄駅のシーンでダンブルドアが迎えに来たシーン)  ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

この看板のシーンを貴方は覚えていますかの?答えは→こちら

映画のPROP小道具、雑貨などが沢山展示

映画のPROP小道具、雑貨などが沢山展示 ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

通路のはじめには映画のPROP小道具、雑貨などが沢山展示していて必見です!日刊預言者新聞やガリオン金貨、WWW(ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ)のパッケージ、カボチャジュースなど、PROP類をじっくり見るだけで20分は必要かも(笑)

ホグワーツ特急の撮影スポットの写真注文カウンター

ホグワーツ特急の撮影スポットの写真購入カウンター ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

カウンターの背景にある写真のようにホグワーツ特急に乗車して、車窓を合成した写真や動画(ビデオ)を購入出来ます。USJのホグワーツ特急の有料撮影スポットと同様ですが、違いはホグワーツ特急の車窓(背景)の種類と動画サービスがある点です。

価格:写真1枚 14£、写真2枚 20£、動画 20£ 写真2枚と動画セット 30£など ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)価格
写真1枚 14£
写真2枚 20£
動画 20£
写真2枚と動画セット 30£
etc

通路を出るとハリーポッタースタジオツアー内での唯一のカフェ&レストランです。

カフェ&レストラン THE BACKLOT CAFE(バック・ロット・カフェ)

カフェ&レストラン THE BACKLOT CAFE(バック・ロット・カフェ) ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)ワーナーブラザース・スタジオ・ツアー内の唯一のカフェ&レストランが『バックロットカフェ(BACKLOT CAFE)』です。サンドイッチ、サラダ類、ペットボトルの飲み物、ホットドッグやハンバーガー、バタービールアイスクリーム、バタービールを楽しめます♪並ぶ列はバタービール&アイスクリーム専用とフード全般の2つのキューラインに分かれています。フード全般に並んでもバタービールを注文出来ますよ(*´▽`*)

カフェ&レストラン THE BACKLOT CAFE(バック・ロット・カフェ) ワーナーブラザース ハリーポッタースタジオツアー(英国/ロンドン)

バタービールとバタービールアイス

バタービールとバタービールアイスクリーム(バックロットカフェ) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)

バタービールバタービールアイスクリーム日本USJホグズミード村の三本の箒とは違っていました(笑)味も食感も!特にバタービールアイスは・・・ボリュームが凄い!2.5人前位のすごいボリューム(^▽^;)一人で食べるなら、アイスクリームだけで満腹になるほどです。ご注意を(笑)私パンケーキマンは無事に死亡しましたwwwバタービールは飲み味がスッキリ爽快目で飲みやすいですぞ(笑)

バタービールとバタービールアイスクリーム カップ(バックロットカフェ) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)

バタービールは3種類のカップから選択します。左からプラカップ3.9£、タンカード6.95£ ステン6.95£
バタービールアイスクリームはスーベニアカップ6.95£、コーン4.95£の2種類です。

バタービールのマグカップ洗い場『TANKARD WASH』

バタービールのジョッキ洗い場 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)バタービールのマグカップを持って帰るなら、バックロットカフェを出て左にある専用の洗い場『TANKARD WASH』へ♪

屋外のTHE BACKLOT(バック・ロット エリア)も楽しみが沢山♪

屋外のTHE BACKLOT(バック・ロット エリア) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)

バックロットカフェから外に出るとバックロット エリアで屋外です。冬シーズンなら、かなり寒い日もあるので、ジャケットが必要かも♪ここではナイトバス、ダーズリー家、ハリーの生家、ホグワーツの橋の廊下、魔法使いのチェス、フォード・アングリア、シリウスのバイク、バタービールマグカップ洗い場があります。またハリーポッタースタジオツアーの次のエリアへもバックロット広場を通って進みます。

ナイトバス(Knight Bus)

ナイトバス(Knight Bus) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)3階建てで寝台仕様のバスです。見学は残念ながら車内に入ることは出来ませんが、後ろのデッキまでは乗れますよ♪デッキから車内を覗くと、ベッドなど装飾が良く見えます♪運転席には勿論、アレも!?ハリーポッターの世界のナイトバスは迷子の魔法使いを見つけて拾ってくれるお助けバスです。ハリー自身も途方に暮れていたら、目の前にナイトバスが出現して、車掌のスタン・シャンパイクに助けられてナイトバスに乗り、漏れ鍋の前まで乗車して移動しました。

プリベット通りのハリー(ダーズリー)の家

プリベット通りのハリー(ダーズリー)の家 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)

映画ハリーポッターの1作目『ハリーポッターと賢者の石』から登場するハリーの家(ダーズリー家)は元々は実際の個人宅を使用して外観の撮影などを行っていましたが、映画のシリーズ途中からセット撮影に変更されました。そのダーズリー家のセットを展示しています。玄関から中の廊下を歩く形で見学が出来ます♪各部屋にはあのシーンやアレなども♪

ホグワーツの橋の廊下

ホグワーツの橋の廊下 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)色んなシーンに登場したホグワーツの廊下です。ネビルが爆破した橋の廊下と言えばピンときますよね!中を実際に歩けますよ♪映画で見たよりも実際はガタガタな魔法界仕様の板張り廊下でした(笑)

ハリーの生まれたゴドリックのポッター家

ハリーの生まれたゴドリックのポッター家 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)ゴドリックの谷にある破壊されたポッター家。ハリーが赤ちゃんの頃に住んでいた家の映画セットです。見ると悲しくなります。無残な家の状態からジェームス・ポッターとリリーへの想いが( ノД`)

無料写真撮影スポット:フォード・アングリア、シリウス(ハグリッド)のバイク、魔法使いのチェスの駒、トイレ④(Loo)バックロット広場

無料写真撮影スポット:フォード・アングリア、シリウス(ハグリッド)のバイク、魔法使いのチェスの駒、トイレ④(Loo)バックロット広場 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)

スタジオ内4つ目のトイレが次のエリアの建物へ入ってスグ右側にあります。

MAPワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドンの見取り図

見取り図:今はハリーポッタースタジオツアー内のトイレ④(Loo)です。

バックロットエリアの次は、ハリーポッターの特殊メイク造形のゾーンです。

バチルダ・バグショット(Bathilda Bagshot)のフィギュア

バチルダ・バグショットのフィギュア ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)バチルダ・バクショットの右側の奥がトイレ④(Loo)です。映画を知っていれば、このバチルダを覗き込むのは勇気がいりますね!(^▽^;)バチルダはホグワーツの教科書『魔法史』の著書として、またダンブルドアの友人として有名な魔女です。

不死鳥(フェニックス)のフォークス(FAWKES)

ダンブルドア校長のペット不死鳥(フェニックス)のフォークス(FAWKES) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)ダンブルドアのペット鳥であり、良き相棒の不死鳥のフォークスの実物大サイズのフィギュアです。見事な美しさですぞ♪まるで生きているようなリアルさ!ハリー達もフォークスに助けられた。そういえば、ダンブルドア仮装で写真を撮るのを忘れてました(;^_^A

ヘドウィグ(白い梟)、怪物的な怪物の本、マンドレイク、小さなヴォルモート?

ヘドウィグ(白い梟)、怪物的な本、マンドレイク、小さなヴォルモート? ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)

マンドレイク(リモコンで動く) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)それぞれのフィギュアの中にはリモート操作で、動きを演出する為のギミックを搭載しています。ハリーのペット『ヘドウィグ』は首がクルクルとリモート操作で動きます。怪物的な怪物の本、マンドレイク、幼きヴォルデモート卿の人形も同様です。

狼人間(ルーピン先生の変身した姿)の稼働フィギュア

狼人間(ルーピン先生の変身した姿)の稼働フィギュア ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)狼人間(ルーピン先生の変身した姿)の稼働フィギュア ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)リーマス・ルーピン先生が狼人間に変身した時の実物大フィギュアですぞ。左は中身の構造を展示していて、中に人が入り、頭部や足部分はロボット機構で操作して動きを演出しているんですね♪アナログとハイテクの混合技術でした(笑)

ドビー(Dobby)の実物大フィギュア

屋敷しもべ妖精ドビー(Dobby)の実物大フィギュア ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)屋敷しもべ妖精ドビーの人形です。このドビーも見ると私は涙が出て来そうになります。ドビーよ安らかに眠っておくれ。。。

ハリー・ポッター(Harry Potter)の実物大フィギュア

ハリー・ポッター(Harry Potter)の実物大フィギュア ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)リアルなハリーの人形を展示。目を閉じた状態のハリーポッターじゃ。

ダンブルドア(Dumbledore)は82%スケールと少し小さいフィギュア

ダンブルドア(Dumbledore)は82%スケールと少し小さいフィギュア ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)アルバス・ダンブルドア(Albus Dumbledore)の人形は実物大から二回り小さなサイズで作られています。このダンブルドアは死体のシーンで使われた人形ですね。衣装デザインは私パンケーキマンのとよく似ていますね(笑)隣には黒い湖に沈めれらたハーマイオニー・グレンジャーの人形も展示しています。

バジリスクの頭の造形

バジリスクの頭の造形 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)巨大な蛇のバジリスクの頭部。大きな鋭い毒牙が沢山

マッドアイ(アラスター)・ムーディーの魔法の目と義足

マッドアイ(アラスター)・ムーディーの魔法の目と義足 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)

アラスターの360度見渡せる魔法の目と義足そしてイタチ?え?ドラコのイタチ?もしくはハグリッドの魔法動物の餌の方かな?

ゴブリン(小鬼)の特殊メイクとマスク

ゴブリン(小鬼)の特殊メイクとマスク ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)特殊メイクを施したマスクがずらり!

グリンゴッツ銀行の支配人のフィギュア

グリンゴッツ銀行の支配人のフィギュア ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)ゴブリン(小鬼)が経営するグリンゴッツ銀行の支配人の人形です。リアルです。

衣装デザインと縫製

衣装デザインと縫製 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)どのようにゴブリンの衣装をデザインしたか、製作されたゴブリン用の小さな衣装を展示♪

銀行員のゴブリン、初代フリットウィック先生、フリットウィック先生、グリップフック

銀行員のゴブリン、初代フリットウィック先生、フリットウィック先生、グリップフック ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)

代表的な小さなキャラクターのフィギュアを展示しています。造形が本人みたいに緻密で精細です。

ホワイト模型:グリンゴッツのドラゴンエリア

ホワイト模型:グリンゴッツのドラゴンエリア ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)白い板で製作されたミニチュアモデルのグリンゴッツ銀行のドラゴンがいる場所です。

ホワイト模型:グリンゴッツ銀行の入口外観

ホワイト模型:グリンゴッツ銀行の入口外観 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(英国/ロンドン)

白い板で製作されたミニチュアモデルのグリンゴッツ銀行の外観です。地上3階建ての入口とバルコニーです。

さてグリンゴッツのミニチュアモデルは設計、製作のために造られた物です。では実際のグリンゴッツ銀行のセットを見てみましょう♪

グリンゴッツ銀行(Gringotts Wizarding Bank)

グリンゴッツ銀行(Gringotts Wizarding Bank) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

グリンゴッツ銀行が2019年4月新エリアとしてオープン!ハリーポッタースタジオツアーは新エリアが続々と追加されて拡張を続けています(笑)グリンゴッツ銀行はハリーポッターの魔法界の銀行で、主な行員はゴブリン(小鬼)です。映画のシーンを再現したセットがこちらです!凄く豪華な佇まいで美しい内装です。

入口にハリーとグリップフック、ロンとハーマイオニーの変身したベラトリックスの姿

グリンゴッツ銀行(Gringotts Wizarding Bank)ハリー、ロン、ハーマイオニー ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

グリンゴッツ銀行破りを決行したハリーは透明マントを纏い、ゴブリンのグリップフックをおんぶした衣装が展示されています。

グリンゴッツのゴブリンの支配人

グリンゴッツ銀行(Gringotts Wizarding Bank)ゴブリン ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

一番奥のカウンターには支配人が映画のシーン同様に座っています。

グリンゴッツのトロッコに乗って金庫へ

グリンゴッツのトロッコ ハリーポッタースタジオツアー ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

なんて(笑)乗れません。本物のトロッコが展示してあります。他にもホグワーツの金庫などもありますよ♪

地下の通路を進むとレストレンジ家の金庫を見学へ ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

地下の通路を進むとレストレンジ家の金庫を見学できます。進路通りなので、何も迷うことはございませんぞw

レストレンジ家の金庫とグリフィンドールの剣、ハッフルカップのカップ

ベラトリックス家のグリンゴッツ金庫 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

グリンゴッツ銀行にあるレストレンジ家の金庫を再現したセットです。沢山の宝飾品が山のように保管されて金庫にハリー、ロン、ハーマイオニーが死の秘宝を盗むために押し入ったシーンを再現していますぞ。

グリンゴッツの金塊とハッフルパフの金カップ

グリンゴッツのハッフルパフの金カップ ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)グリンゴッツの金塊(ゴールドバー) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

PROPとして展示。間近でじっくりと観察できます。美しい!!!

ヘレナが演じるハーマイオニー

ヘレナが演じるハーマイオニー衣装 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

ベラトリックス・レストレジの衣装はヘレナ バージョンとハーマイオニー役エマ バージョンを展示しています。

【無料:写真撮影スポット】ハッフルパフのカップとグリフィンドールの剣in レストレンジ家の金庫♪

写真撮影スポット:レストレンジ家の金庫とグリフィンドールの剣、ハッフルカップのカップ ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

ハッフルパフのカップ ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)ハリーのシーンを体現できる写真撮影スポット!ベラトリックス家の金庫の撮影セットが2つあります。ポイントは撮影するカメラを置く台があります。その台にカメラやスマホを置いた状態で写真撮影すると、宝飾品に埋もれた状態でグリフィンドールの剣でひっかけた体勢の写真が撮れますぞ(≧◇≦)bと言う訳でダンブルドア仮装でグリフィンドールの剣を握りました(笑)

破壊されたグリンゴッツ銀行(Gringotts Wizarding Bank)

破壊されたグリンゴッツ銀行(Gringotts Wizarding Bank) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

次のエリアへ移動すると、なんと壊されたグリンゴッツ銀行のセットが登場しますぞ(笑)ここでは・・・まだ秘密じゃ♪近いうちに公開しましょうぞ♪詳細レポートをUPしました。ド迫力の動画を見たい方は下記の詳細レポートへ姿くらましを♪

魔法界ドットコム(魔法界ブログ)

ハリーポッタースタジオツアー(イギリス ロンドン)の破壊されたグリンゴッツ銀行(Gringotts Wizarding …

ダイアゴン横丁(Diagon Alley)の入口 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

次のエリアへの小道から見える街並みは!?!?暗い小道を抜けると・・・

ダイアゴン横丁(Diagon Alley)の映画セット♪

ダイアゴン横丁(Diagon Alley)♪ ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

ずっと憧れていたダイアゴン横丁へ遂に足を踏み入れました(≧◇≦)!オリバンダーの杖店やグリンゴッツ銀行、フローリアン・フォーテスキュー・アイスパーラー、フレッドとジョージのWWW(ウィーズリー・ウィザード・ウィース)も!

フレッドとジョージのWWW(ウィーズリー・ウィザード・ウィース)

フレッドとジョージのWWW(ウィーズリー・ウィザード・ウィース) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)ウィーズリーの双子のお店WWWの看板的なスポットであるハットを脱いだり被ったりする大きな人形はフレッドなのか?ジョージなのか?(笑)

ダイアゴン横丁を眺めると、一番奥の突き当り右がグリンゴッツ ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

逆方向からダイアゴン横丁を眺めると、一番奥の突き当り右がグリンゴッツです。石畳のストリートを歩くと魔法使いになった気分です。2日目はダンブルドア仮装で楽しんだので、ある意味魔法使いにもなったのですが(笑)

ダイアゴン横丁 グリンゴッツの右側が入って来た小道 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

グリンゴッツの右側が入って来た入口となる小道です。通常のハリーポッタースタジオツアーはゲストが多く、写真の時間帯は比較的空いたタイミングで撮影しました。ダイアゴン横丁の最初の写真3枚はクリスマスディナーの貸切時なので空いています!あしからずw

スチュアート・クレイグのオフィス(Stuart Craig’s Office)

スチュアート・クレイグのオフィス(Stuart Craig's Office) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

映画ハリーポッターで美術監督を務めた『スチュアート・クレイグ』のオフィスを再現したコーナーです。映画セットや撮影の準備にミニチュアモデルを作成したり、デザイン画や設計図や見取り図が壁一面に貼り付けれ、参考資料の写真も沢山♪

ホグズミード村のミニチュアモデル

ホグズミード村のミニチュアモデル(ホワイトモデル) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

映画ではホグズミード村の全景が登場することはありませんでしたが、このミニチュアモデルなら全景を眺められます。中央の通りがハイストリートですね♪

ダームストラング校の制服コートとカルカロフ校長の衣装

ダームストラング校の制服コートとカルカロフ校長の衣装 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

ビクトール・クラムの所属する魔法学校ダームストラングの衣装と写真を展示。周囲の壁面はデザイン画が沢山♪(この展示はクリスマスシーズンだけかも♪)

ホグワーツ(Hogwarts)配置図のスケッチ

ホグワーツ(Hogwarts)配置図のスケッチ ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

ホグワーツを真上から見た見取り図です。右の黒い塗りつぶしが『黒い湖(Black lake)』、右下の建物がボート小屋で、続く道の左がホグワーツ大広間ですね。映画では登場しない敷地の構成も描かれています。スケッチの左下の端が『ふくろう小屋』です。

ホグワーツの建築家の像(Hogwarts architect)

ホグワーツの建築家の像(Hogwarts architect) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

USJホグワーツのお城見学でもよく見るホグワーツの建築家の像です。こちらは本物です(笑)細部の造形などは違っていました。映画では大広間を出たフロアに設置されています。右手にはホグワーツを、左手には設計図を持ち4寮のシンボルである動物を足元に従えていますぞ♪

ホグワーツ城のミニチュアモデル

ホグワーツ城のミニチュアモデル(ホワイトモデル) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

ホワイトボードと白地素材で作られた大きさが1畳ほどのホグワーツ全景のミニチュア模型です。見学通路はスロープで、緩やかな上り坂で右上の通路へ折り返して来るとホグワーツを上から見れます。よく見ると人や巨人も配置されています。細かい!(笑)しかし素敵だ♪自分の観賞用に欲しいw

隠れ穴、ルーナの家、ダームストラングの帆船などのミニチュアモデル

隠れ穴、ルーナの家、ダームストラングの帆船などのミニチュアモデル ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

スロープの折返し部から撮影しました。スロープの間にはホワイトモデルが展示され、壁には写真やモニターで動画が展示、紹介しています。

さて、いよいよハリーポッタースタジオツアーも大詰めです。ざっくり紹介するつもりで書き始めたレポートなのですが、超長編レポートになってしまいました(笑)スロープのエリアを抜けるとソコには!?

じゃ~ん!

巨大なホグワーツ魔法魔術学校の模型が!

1/24サイズのリアルで大きなホグワーツ城の模型(ハリポタの映画撮影に使用) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

ゲストが覗き込んでいる先には大きな大きなホグワーツがありました!ハリーポッタースタジオツアーの目玉のセットの1つが、このホグワーツのミニチュアモデルです♪

ミニチュアモデルと言っても1/24スケールのホグワーツ城

ミニチュアモデルと言っても1/24スケールのホグワーツ城 ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

圧巻です!美しい!ブラボー!最高!感動で涙が!!!もう言葉が出ないほど圧倒的にスゴイです(笑)(笑)(笑)ハリーポッタースタジオツアーの最後に美しい映画のスクリーンで見た憧れのホグワーツ魔法魔術学校を目にすると胸にこみあげてくるものがあります。

ホグワーツの橋の廊下(ミニチュアモデル) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

映画ハリーポッターシリーズのホグワーツ城としても実際の撮影に使用された、とてもリアルなお城の模型です。通常シーズンのホグワーツは雪化粧がありません。訪問した時が『スノー・イン・ザ・ホグワーツ(Snow In The Hogwarts)』のクリスマスシーズンだったからですぞw

ホグワーツ魔法魔術学校(ロンドン ハリーポッタースタジオ) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

ホグワーツのサイズは約12畳ほどの面積があり、入口は2階で周囲をぐるりと回りながら見ることができます。緩やかな下りのスロープです。1周すると1階へ降りてきます。

映画の炎の製作実演 ハリーポッタースタジオツアー ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

1階には安全な炎を制作体験できるコーナー動画USBの引き渡しカウンターがあります。グリーンバックで写真、動画撮影した方は引換えを忘れないように♪

ホグワーツ状のエリアを抜けるとスタジオツアー最後のエリアです。

魔法使いの杖の部屋

魔法使いの杖の部屋(オリバンダーの倉庫?) ハリポタスタジオ ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

杖の箱にキャスト、スタッフの名前 ハリポタスタジオ杖の箱にキャスト、スタッフの名前 ハリポタスタジオ

部屋の全ての壁は杖の箱で埋まっています。まるでオリバンダーの杖店の倉庫のようなw床から天井までギッシリと!杖の箱には名前が印字されています。それは映画ハリーポッターに携わった俳優やスタッフの全員の名前です。探すとマイケル・ガンボンやダニエル・ラドクリフの名前を見つけることが出来ます。

杖の部屋の出口がハリーポッタースタジオツアーの出口になります。再入場できるかは未確認です。そうそうデジタルガイドの返却も出口でスタッフまで。

グッズショップ スタジオショップ(Studio Shop)

オリバンダー杖店レイアウトのグッズショップ スタジオショップ(Studio Shop) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

ハリーポッタースタジオツアー出口は『スタジオショップ』につながっています。出た場所は左側がオリバンダーの杖店をイメージしたハリーポッターとファンタビの杖を販売しているコーナーです。写真には写っていませんが、右側はホグワーツグッズと忍びの地図グッズのコーナーです。

魔法動物と魔法生物のコーナー グッズショップ スタジオショップ(Studio Shop) ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

グッズショップの面積はかなり広く、スタジオショップを見て回るだけでも2時間位は楽しめます(笑)テーマ毎にフロアを分けた構成です。ローブなどアパレル類はもちろんアクセサリー類だけのフロア、闇の魔術のフロア、ハニーデュークスなどPROPやレプリカ、雑貨、お菓子、ガイドブックなど欲しくなるモノばかり!ワーナーブラザースでしか購入出来ないグッズもあるので、後悔しないように買い物しましょう!

スタジオショップ営業時間

10:00~クローズ時間まで

グッズショップ スタジオショップ(Studio Shop)ハブエリア出入口  ワーナーブラザーススタジオツアー メイキング・オブ・ハリーポッター(イギリス/ロンドン)

スタジオツアー入場前にもスタジオショップは入れます。ハリーポッタースタジオツアーのグッズショップ詳細は下記レポートを参照ください♪

グッズショップ スタジオショップ(The Studio Shop)ハリーポッター スタジオツアー外(ロンドン)詳細レポート

詳細レポートはまだまだ続くぞ♪
ツアー後に飲み物やスイーツ、食事をする方へ
フードホールはスタジオツアーのクローズより早く閉まるので注意を(^_^)/ カエルチョコレートカフェ、ハブカフェはスタジオツアー終了時間まで営業。スタジオ閉店時間では無いので注意を!
ワトフォード・ジャンクション駅へ帰る方は最終のシャトルバスに乗り遅れないこと、クロークに預けた荷物も忘れずに(≧▽≦)ノ

さて駆け足でお届けしてきたハリーポッタースタジオツアー全般レポートはこれで終了です。魔法界ドットコム史上、一番長いレポートになりました。なにせ写真200枚以上です(笑)いかがでしたでしょうか?ロンドンへ直ぐにでも行きたくなっていませんか?(笑)思ったったら是非、ロンドンにあるスタジオへ行ってみて下さい。ハリーポッターが更に好きになることでしょう!人生が短いです。思い立ったら行くべきですぞ(´▽`*)b

正式名称は『WARNER BROS. STUDIO TOUR LONDON THE MAKING OF Harry Potter』ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン ザ・メイキング・オブ・ハリー・ポッターです。長いのでハリーポッタースタジオツアーやハリポタツアー、ワーナースタジオツアー、スタツアなどと略して表記しています。

グッドニュース!2023年ハリーポッタースタジオツアー東京がオープン予定!

ハリーポッタースタジオツアー東京 としまえん跡地に!2023年前半オープン予定

PR
ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン メーキング・オブ・ハリー・ポッター『WARNER BROS. STUDIO TOUR LONDON THE MAKING OF Harry Potter』
最新情報をチェックしよう!

ワーナーブラザース ハリーポッター スタジオツアーの最新記事8件