ダンブルドア仮装でダンブルドア校長室(ハリー・ポッター・スタジオ・ツアー)

前編 DINNER IN THE GREAT HALL ホグワーツ大広間のクリスマス・ディナー レポート♪のつづき

ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドンの各セットなど詳細は別途レポートする予定じゃ!していますぞ!本レポートはディナー イベントでディナー後のスタジオツアーを紹介申し上げるものじゃ♪

目次

21:00 貸切ハリー・ポッター スタジオ ツアー開始♪|クリスマス ディナー後

キングスクロス駅セット: ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス) クリスマス・ディナー

ハリー・ポッター スタジオツアー が空いている!クリスマス・ディナー参加者だけの貸切状態なので!通常営業時のハリー・ポッター スタジオ ツアーは平日でもゲストで大混雑です。土曜日、日曜日の週末は更に大混雑です。ハリー・ポッター スタジオ ツアーの詳細は別レポートで紹介しています。

グリフィンドール談話室 Gryffindor Common Room もゲストが少なく独占できるタイミングも

クリスマス ディナー イベント後のハリー・ポッター スタジオツアーは人がほぼいません!ヾ(≧▽≦)ノ

グリフィンドールの談話室 Gryffindor Common Room ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

ハリー・ポッター ファンに大人気のグリフィンドール談話室です♪シャーリー殿を写真撮影したのじゃが、貸切状態なので独り占めで撮影できましたぞ♪写真のタイトルはグリフィンドール談話室へ遊びに来た『ナギニ』さん♪

本物のダンブルドアの校長室へダンブルドア仮装で♪夢が1つ叶う♪

ダンブルドアの記憶の瓶が並ぶキャビネット

記憶の瓶が並ぶキャビネット ダンブルドア校長室のセット ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

ダンブルドアの仮装(コスプレ)でロンドンのダンブルドア校長室に遊びに来たかった夢が叶いました!(*´▽`*)ノ記憶の瓶のキャビネットはUSJのダンブルドア校長室では見れないので、やっと見れました♪それにしてもダンブルドアの記憶に瓶とラベルが美しい!

ペンシーブ(憂いの篩)に記憶を流しこんでみたりw

ペンシーブ(憂いの篩)ダンブルドア校長室のセット ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

嬉しくて映画撮影セットのダンブルドア校長室でここぞとばかりに遊ぶ私パンケーキマン・ダンブルドアです(笑)「憂いの篩(うれいのふるい)」に頭からニワトコの杖を用いて、記憶を流し込むポーズで撮影しましたぞ。

ダンブルドア校長室には実は二人ダンブルドアが居てるのは知っておるかのう?そして私が3人目!?

ダンブルドア仮装(コスプレ)でダンブルドア校長室 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

左手前にマイケル・ガンボン殿が演じたダンブルドア校長の衣装があるのは見えるじゃろうw

ナギニがダンブルドア校長室へ!? ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

そして右奥の上にはリチャード・ハリス殿が演じたダンブルドア校長の衣装も飾ってあるのじゃ♪

そして3人目が私パンケーキマン・ダンブルドアが校長室へお邪魔しましたぞ。夢が叶ったのでもういつ呪いで命が無くなっても良いのう(笑)というのは冗談じゃ(笑)

USJ ハリー・ポッター エリアダンブルドア校長室と違って、ダンブルドア校長室が明るいので写真も撮りやすい(笑)もちろん映画の撮影セットなので、キューラインに並ぶゲストもおらぬw

柵があって入れぬのが残念じゃが石造りの階段に座ったり、校長机の椅子にも座ってみたかったのう。

もっと詳しくは【詳細レポート】ダンブルドア校長室(Dumbledore’s Office)へ

関連記事

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(≧▽≦)ノハリー・ポッタ― スタジオ ツアー ロンドン の詳細レポートです。今回はダンブルドア校長室を徹底解説しちゃいます!映画でのダンブルドア校長室の場所大きな塔から出っ張った3連の[…]

本物のダンブルドア校長室(Dumbledore's Office)

ダンブルドア校長室の入口『グリフィン像のリフト(エレベーター)』

ダンブルドア校長室の入口『グリフィン像のリフト(エレベーター)』 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

イギリス英語では、エレベーターとは言わないのでホグワーツでもリフトと呼ぶのじゃ(たぶん、知らんけどwww)ダンブルドア校長室の入口のグリフィン像じゃ♪

魔法薬学の教室でスネイプ先生と話し合い!?

セブルス・スネイプとダンブルドア仮装(地下の魔法薬学の教室) ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

どうじゃ?いい雰囲気じゃろう(笑)セブルスとゆっくりと語ってしもうたのうw(心の中でじゃw)ホグワーツの地下にある魔法薬学の教室にはセブルス・スネイプ教授にお会いできるのじゃ♪

関連記事

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(´▽`)ノ今日はイギリスのハリー・ポッター スタジオツアー ロンドン(Harry Potter Studio Tour London)から【詳細レポート】です。みんな大好きなセブルス・[…]

映画セット『魔法薬学の教室(POTIONS CLASSROOM)』詳細解説 ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドン Harry Potter Studio Tour London

ハグリッドは大男であることを実感できる

ハグリッドは大男(ハグリッドの小屋) ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

ハグリッドの小屋の外にはルビウス・ハグリッドが立っておる。半巨人のハグリッドの身体がとてつもなく大きく背が高いことを感じることじゃろう。

ダンブルドア仮装(コスプレ)で、テムズ川やホグワーツ魔法魔術学校の上を箒で飛行してみた♪

ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドンの体験施設のグリーンバック撮影体験をダンブルドアの仮装姿で箒にまたがって、映画ハリー・ポッターの世界を体験してきましたぞ♪別レポートで詳細と動画を公開しておりますぞ。

関連記事

魔女並びに魔法使い、マグルの皆へ こんにちは!パンケーキマン・ダンブルドアですぞ(≧◇≦)ノまたまた『ワーナー・ブラザース・スタジオツアー・ロンドン メイキング・オブ・ハリー・ポッター』の詳細レポートをお届けしますぞ♪今回のハリポタ[…]

ダンブルドア(コスプレ)でホグワーツ上空を箒で飛んだ!

隠れていたデス・イーター|サプライズ登場♪クリスマス・ディナー後のスタジオツアー

デスイーター(死喰い人) ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

デスイーター(死喰い人)VSダンブルドア仮装 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)
デス・イーター(死喰い人)衣装が飾ってあると思いきや・・・突然動き始めて驚いた!!!なんと悪戯っ子なデス・イーターなのじゃ(笑)普段のハリー・ポッター スタジオ ツアーでは確か衣装が無かった場所なのにと不思議に思うておっても見事に騙されて驚かされてしもうた(笑)そして私もニワトコの杖で応戦した♪

クリスマス・ディナー イベントでは、ハリー・ポッター スタジオツアーも手にワインなどアルコールを片手に見学がOKじゃった。パンケーキマンはお酒が飲めないので、ソフトドリンクでガマンしたがのうw

パンケーキマン・ダンブルドア vs デス・イーターの闘い

デスイーターが杖を向けてきたので、杖で応戦したら戦いになった(笑)こうやって遊んでくれる優しいイギリス スタジオツアーのキャストなのでした。ビバ!ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドン♪

蛇のナギニと人(魔女)のナギニ

蛇のナギニと人のナギニ(sherly殿)!?(マルフォイ家の館のセット) ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

マレディクタスであるナギニ(人)はいずれ、蛇になってしまう。シャーリー殿ナギニは大蛇のナギニを見て何を思ったのか聞きそびれたのう。蛇のナギニは主人である闇の帝王ヴォルデモート卿が座るロングテーブルの上にいておる。場所はマルフォイの館セット

トム・リドルの父の墓に佇むシャーリー・ナニギ殿

トム・リドルの父の墓に佇むシャーリー・ナニギ殿 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

トム・リドルの父の墓に佇むシャーリー・ナニギ殿 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)
ヴォルデモート卿ことトム・リドルの父君のお墓セットじゃ。何故か凄く素敵な絵になる写真じゃ。これはもしや映画ファンタスティック・ビーストの続編に同じ画が登場するやもしれんと思ったほど素敵にしっくりきましたぞ♪

魔法省のホールで、ナギニ(人)に襲われるアーサー・ウィーズリー!

魔法省でアーサーを襲う人のナギニ!? ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)でコスプレ&仮装

ハリー・ポッター スタジオ ツアーの途中で、仮装したチャーミングなアーサー・ウィーズリー@williamblumberg殿に再会出来ましたぞ!早速、ナギニにアーサーが襲われて、腕や顔にケガを負ってしまった・・・・(笑)背景のセットは魔法省エントランスホールじゃ♪

魔法省でアーサー・ウィーズリー仮装と人のナギニ!? ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

普通の写真も載せておきますぞw 二人ともノリが良くハリー・ポッターが大好きなことがよくわかるお人柄じゃった♪

Pancakeman & williamblumberg

魔法省でアーサー・ウィーズリー仮装とダンブルドア仮装 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

しかしアーサーがよく似ておるのでUP写真も♪Dumbledore cosplay & Arthur Weasley cosplay!

巨大なホグワーツ校門、扉と羽根の生えたイノシシ像

ホグワーツの正門の扉 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

普段はUSJ ハリー・ポッター エリアにあるホグワーツに登校しているため、誤認していたのじゃが、ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドンの本当のホグワーツの門は背が高く人の3倍以上もあったことに驚きじゃ!当然、鉄の柵の扉も大きくて高い!!

ホグワーツ校門をくぐると左手にはハグリッドが

禁じられた森とハグリッド ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

また大きな男の登場じゃ。ホグワーツ校門をくぐるとホグワーツ魔法魔術学校では無くて『禁じられた森エリア』へと続く(笑)ハグリッドがランタンを手に待っておるのじゃ。

キングスクロス駅9 3/4番線エリアでデザート スイーツの時間♪

クリスマス・ディナーのキングスクロス駅セットのバーカウンター ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

紅色のホグワーツ特急の蒸気機関車が見えれば、ディナーのデザートタイムの始まりじゃぞw小さなお皿に盛られたスイーツを配るウェイターがアチコチに立っておる。スイーツは4種類ほどあり、食べ放題じゃ!!!スイーツ大好きなスイーツブロガーのパンケーキマンには最高に幸せな環境じゃ!じゃが・・・夕食のクリスマス・ディナーのボリュームが凄すぎて、お腹が全然減っておらず、スイーツは1つしか食べれなんだ( ;∀;)悲しい(笑)

オレンジ ジュースとミニプリン(キングスクロス駅セット) ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)のクリスマス・ディナー

シャーリー殿は『クリスマス プディング』を。パンケーキマンは『ミニプリン』を堪能♪普段の私なら20個位は食べれそうなミニサイズです。味も美味しい♪(≧▽≦)ノ ハリー・ポッター スタジオツアーのクリスマス・ディナーのフードは美味しい物ばかり!

ハリー・ポッター スタジオ ツアーのキングスクロス駅の写真撮影スポット

スタジオのキングスクロス駅の写真撮影スポット ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

ちょっと9と4分の3番線のプラットホームへ行って来ます!ナギニ(シャーリー)殿の写真じゃw

スタジオのキングスクロス駅の写真撮影スポット ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

私パンケーキマン・ダンブルドアはホレ、指1本で行って来ますぞwなんてのう(笑)

ここも普段は数人は並んでおる(実際のキングスクロス駅の撮影スポットよりは、はるかに空いておるがのうw)のじゃが、クリスマス イベントでは貸切なので、やはりガラガラで好きなだけ撮影が可能じゃ(´▽`*)ノ

キングスクロス駅とホグワーツ特急のフロアもパーティー仕様じゃw

キングスクロス駅とホグワーツ特急のフロアもパーティー仕様じゃw ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

普段のハリー・ポッター スタジオ ツアーでは混雑しているキングスクロス駅エリアもクリスマス・パーティーの時はご覧の通りじゃ♪空いていて、スタンディング テーブルを設置していて、ドリンクやスイーツを本物のホグワーツ特急を見ながら堪能できる最高にイケてる空間♪

ホグワーツ特急が諸君たちをホグワーツ魔法魔術学校へお連れするのじゃ

ホグワーツ特急の紅の蒸気機関車と記念撮影 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

なんてセリフを言っておったことは内緒じゃ(笑)この機関車は映画ハリー・ポッター シリーズの撮影に使用した本物の蒸気機関車じゃ♪

ホグワーツの生徒はこちらの客車コンパートメントへどうぞ

生徒はこちらの客車コンパートメントへどうぞ ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

ナギニ殿がご案内してくれようぞwなんて、紅の蒸気機関車も客車も好きなだけ撮り放題じゃ!自由に写真撮影し放題♪ゆっくり見放題♪客車も本物ですぞ!

美女に囲まれたパンケーキマン・ダンブルドア

美女に囲まれて鼻の下を延ばすパンケーキマン・ダンブルドア ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

決してニヤニヤはしておらん。そんなことは無いのでのう(たぶんwww)あっちこっちでシャーリー殿と撮影しておったら、声を掛けられて撮影した1枚がこちらの美女4人じゃ。他意は無い(笑)たぶん

【詳細レポート】ホグワーツ特急(蒸気機関車と客車)プラットホーム 9と4分の3番線(Platform 9 3/4)|ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドン

さて、ここでクイズじゃ!この写真は映画ハリー・ポッターのどのシーンかわかるかのう?

鉄道駅の広告とダンブルドア仮装(コスプレ) ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

ダンブルドア仮装(コスプレ)をして、ここに立つのが夢の一つじゃった( *´艸`)私は大感激じゃw答えは少し下に書きますぞ♪

ここまで来た時点で、ゆっくりし過ぎたことに気付いた私達は、ここから少し駆け足でハリー・ポッター スタジオ ツアーを進むことにした。何故ならクローズ時間が決まっておるのじゃが、まだまだ見たい事としたい事があるのでのうw

割愛するが途中のグッズ ショップ『禁じられた森ショップ』も開店しておるので、貸切状態でトランクやシャツ、杖などハリポタ グッズの買い物を堪能できることを申し添えておくかのう(≧▽≦)

さて、答えは次の通りじゃ!

プラットホームの広告とダンブルドア

映画『ハリー・ポッターと謎(半純血)のプリンス』の冒頭シーンを思い出してほしい。ハリーが電車の駅のホーム上にあるカフェで、魔法界の新聞『日刊予言者新聞』を読んでおって、可愛い店員のマグル女性に話しかけられた次のシーンに登場する。

謎(半純血)のプリンスの駅でのダンブルドアのシーンをコスプレで再現♪ ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

ダンブルドア校長がハリーを迎えにカフェの線路を挟んだ向こう側のホーム上に立っているシーンの背景がこの広告じゃ。なので、真似して立ってみた(笑)

バタービールで乾杯!THE BACKLOT CAFÉ(バック・ロット・カフェ)

ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドンのスタジオツアーの中間地点に到着じゃ。

バタービールで乾杯!バックロット カフェ ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)
THE BACKLOT CAFÉ(バック・ロット・カフェ)に来ると、ディナー カウンターで頂いた『バタービール or バタービール アイスクリーム引換券』が使えるのですぞ!(忘れるとモッタイないぞw)ナギニ(シャーリー)殿と乾杯!
バタービールで乾杯!バックロットカフェ ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)
別のハリー・ポッター スタジオ ツアー参加者とも乾杯じゃ!Cheers!

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫で『死の秘宝』を奪え!写真撮影スポット

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫で『死の秘宝』を奪え ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

という構図の写真が撮れる撮影スポットがある。マグルの姿でも、もちろん楽しい撮影が出来る。ハリポタやファンタビ仮装でなら、より一層ユーモアあふれる写真が撮れるかもじゃ(*’▽’)場所はレストレンジ家の金庫の隣にある写真撮影スポット(無料)じゃ♪

 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス) クリスマス・ディナー
ここでの注意点は、撮影するカメラを撮影用の置台にのせて撮影することがコツじゃぞw下の写真が撮影用台に置いたアングルじゃ♪

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫で『死の秘宝』を奪うダンブルドア仮装(コスプレ) ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

そうすると上の写真のようにレストレンジ家の増殖する宝に埋もれていく状態のなか、グリフィンドールの剣の先端で、分霊箱(ホークラックス)である『ハッフルパフのカップ』をひっかけた危機一髪のナイスな写真が撮れるのじゃ♪

貸切状態のダイアゴン横丁!今夜は人通りが少ない街に♪|ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドン

ダイアゴン横丁 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

普段のハリー・ポッター スタジオ ツアーではマグルで、ごったかえしておるダイアゴン横丁じゃ、まあタマに魔法使いや魔女の姿も見かけるのじゃが、とにかく人が多い。今夜だけは、ご覧の通り空いたダイアゴン横丁を体験できましたぞ。

W.W.W. ウィーズリー・ウィザード・ウィースを眺めるナギニ

W.W.W. ウィーズリー・ウィザード・ウィースを眺めるナギニ ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

フレッドとジョージ(ウィーズリー兄弟)のお店W.W.W. ウィーズリー・ウィザード・ウィースは特に店内も外観も楽しいこと請け合いじゃ♪

ホグワーツ魔法魔術学校の巨大模型も貸切じゃ!

ホグワーツ魔法魔術学校の巨大模型も貸切じゃ! ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

ハリー・ポッター スタジオ ツアーの最大の見どころの1つに1/24サイズ スケール モデルのホグワーツ魔法魔術学校がある。模型と聞くと小さなミニチュアモデルを想像するじゃろうが、このホグワーツの模型はとにかく大きい!実際に目にすれば、きっと驚くほど大きなサイズなのじゃ。しかもホグワーツ城の周辺まで再現されており、城から離れた位置の、ふくろう小屋まである。残念ながらクィディッチ競技場はギリギリ入っておらん(笑)ここも邪魔されず、ゆっくり見れるぞ。

スタジオツアー後のHubエリアはダンスフロアへ変身!

ダンスフロアに変身のHubエリア ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

スタジオツアーのクリスマス・ディナーの開催する年によりダンスホール会場は異なります。2022年は「キングスクロス駅エリア」がダンスホールに♪
HUBワーナー・ブラザース・スタジオツアー・ロンドン ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)
ドラゴンの居てるフロアはディナーイベントの夜のみダンスフロアへ変貌する。追加のお酒はHub Cafe(ハブ・カフェ<スタバ>)にて購入できるのじゃ。
ホグワーツ大広間のクリスマス・ディナーで同じテーブルじゃった仲間達が待っていてくれた?踊って楽しんでおったので、混ぜて貰いましたぞ。何とかクローズ時間の前にここまで帰ってきました(^_^;)

ドラゴンの下で踊れ♪ダンスフロア ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)Hub

ナギニ(シャーリー殿)は軽やかにステップを踏み美しいダンスを仲間たちと楽しんでおった。

私はダンスは苦手なので、椅子にすわり他の男性陣と雰囲気を楽しんでおったのじゃが、仲間の女性たちに連れ出されてしもうたので、覚悟して『マイケル・ガンボン踊り』を披露しましたぞ(笑)これは撮影の合間にダンブルドア校長の姿でマイケル・ガンボン殿が、おどけて踊ったダンスじゃ。スネイプ先生役のアラン・リックマンや生徒達が見て笑うシーンがオフショット(未公開シーン)でありますぞ。

同じディナーテーブルの仲間達 ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス) クリスマス・ディナー2019年12月9日)

クリスマス・ディナーへ参加されたイギリス人、海外の方は全員、アット ホームかつフレンドリーで優しい方々ばかりでした。心よりお礼を申し上げますぞ!『ナイス ダンブルドア!』など気軽に声をかけてくれたり、撮影下さったりで楽しい時間でした。ワーナー・ブラザース・スタジオ ツアーのスタッフにもお礼を申し上げる次第じゃ。テキパキと臨機応変に対応下さり、演出や料理、アテンドとゲストを、もてなす技術に長けておったので気楽に過ごせました。最後にご一緒下さったナギニのシャーリー殿には最大の感謝を申し上げたい。シャーリー殿が居なければ、決して参加するチャンスに巡り会えかったからじゃ。本当に有難うございました!

ツアーを出ると最後の引換券を使用できる。そうじゃ『杖の引換券』じゃ!ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの魔法使いの杖から好きな杖と引き換えできるのじゃ。場所はスタジオ ツアーの出口を出たグッズ ショップ『THE STUDIO SHOP(お土産物店:スタジオ・ショップ)ですぞ。

クリスマス・ディナー参加者の特典グッズ|ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドン

クリスマス・ディナー特典(チケット、グッズ、杖etc) ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)

ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドンのDINNER IN THE GREAT HALL(ディナー・イン・ザ・グレートホール)「ホグワーツ大広間のクリスマス・ディナー」に参加すると、色々もらえるのじゃ♪

  1. 杖:(ダンブルドアの友人のニコラス・フラメルの杖にした)杖はグッズ ショップで販売している中から好きな杖を選べましたぞw
  2. 公式ガイドブック(右上):グッズ ショップで販売している公式ガイドブックじゃ(前日に買おうか迷っていた欲しかったモノw)
  3. バタービール マグカップ:もちろん持って帰れる。
  4. ディナー  チケット(右下)
  5. 参加記念グッズ(中央下左):ピンバッチはYule Ballデザインでしたぞ
  6. クラッカーに入っていたグッズ:超ミニなトランプ、銀色の冠
  7. メニューと名札(右)
  8. 箒で飛ぶ写真とUSB動画(中央左、下):これら有料で別料金が必要じゃ

何とか24:00発の最数便 シャトルバスでワトフォード・ジャンクション駅へ

クリスマス・ディナー イベントのシャトルバス最終便が24時発で、何とかギリギリ間に合いバスに乗り込みました。が・・・何とダンス フロアのテーブルに二人ともバタービールのマグカップを置き忘れたことに気付いた。

私は正直諦めたのじゃが・・・シャーリー殿がバスの運転手に交渉して、走って取りに行って下さった。面目ない。本当に面目ない(。-人-。) 言い訳のしようがない。というハプニングが最後の最後で起きてしまった。言い訳すると私は既にクタクタじゃったm(_ _;)m

ナギニのシャーリー殿とダンブルドアのパンケーキマン ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン (イギリス)のプリベット通りの看板

今回、シャーリー殿と1日半一緒に行動して感じたことは、彼女は決して諦めない勇気と力をもっておることじゃ。詳細は省くが少なくても3回はその姿を目にした。また積極的に行動するしエレガントに振る舞うことも、お茶目な一面も持ち合わせておる素敵な女性でした。最後にSpecial Thank Youを(≧◇≦)

<随時追加いたしますぞ♪>

ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドンのホグワーツ大広間でクリスマス・ディナー前編はこちらじゃ

関連記事

Hiya! I'm Pancakeman Dubledore!こんにちは!パンケーキマン・ダンブルドアです(´▽`*)ノ事前の告知通りパンケーキマンは、しばしイギリスへ姿現ししていました。お届けしたいレポートは沢山あるのですが、[…]

DINNER IN THE GREAT HALLホグワーツ大広間のクリスマス・ディナー

通常のワーナー・ブラザース スタジオツアー ロンドンのハリー・ポッター スタジオツアーのレポート

関連記事

どうも!魔法使いパンケーキマン・ダンブルドアです(*'▽')ノ2019年12月にイギリス ロンドン郊外の『ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドン』に3日間通いましたよ♪先のレポートでハリー・ポッター・スタジオツアー ロンドンのクリス[…]

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン メーキング・オブ・ハリー・ポッター『WARNER BROS. STUDIO TOUR LONDON THE MAKING OF Harry Potter』

ハリー・ポッター スタジオ ツアー ロンドン への旅行準備(所要時間とタイム スケジュール)を考えよう♪

関連記事

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです♪イギリスのロンドン郊外にあるハリー・ポッターの聖地『ワーナー・ブラザース・スタジオツアー メイキング・オブ・ハリー・ポッター』のチケットを購入、予約する前に知っておくと予定を組むため便利な情報をま[…]

ハリー・ポッター スタジオツアー ロンドン

ハリー・ポッター スタジオ ツアー 東京 2023年「夏」 東京としまえん 跡地にオープン予定

会社説明会の担当者がスタジオツアー東京でも同様のイベントを企画したいと語っておられましたぞ♪

関連記事

ハリー・ポッター スタジオツアー東京 が誕生するかも!?→2023年夏に日本『としまえん跡地』にオープンします!「ハリー・ポッター スタジオツアー東京」を2023年夏に東京としまえん跡地で開業!と ワーナーブラザース スタジオ ジャ[…]

ハリー・ポッター スタジオツアー東京の入口イメージ

note.comで活動に対して『サポート』下さる方はこちらからお願いします。

『サポート(投げ銭)』

<アフィリエイト支援>下記リンクから購入頂くと当サイトの活動費になります。
Amazon 楽天市場
ご支援下さると、より一層楽しい記事を書いてお楽しみ頂けるように頑張ります♪

PR
ダンブルドア仮装でダンブルドア校長室(ハリー・ポッター・スタジオ・ツアー)
最新情報をチェックしよう!

ワーナー ブラザース ハリー・ポッター スタジオ ツアーの最新記事8件