本物のダンブルドア校長室(Dumbledore's Office)

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(≧▽≦)ノ

ハリーポッタ―スタジオツアーロンドンの詳細レポートです。今回はダンブルドア校長室を徹底解説しちゃいます!

目次
PR

映画でのダンブルドア校長室の場所

ホグワーツ大広間とグリフィンドール塔

画『ハリーポッター』シリーズで登場する『ダンブルドア校長室』はホグワーツ魔法魔術学校の最も高い塔の中にあります。ホグワーツ校長室まではグリフォン(グリフィン)のエレベーター(リフト)に乗って上昇移動します。映画の1シーンに1階と思われる中庭の突き当りにグリフォン像のエレベーターを見ることが出来ます。一方、USJや模型などの外観ではホグワーツの一番大きく高い尖塔の上部に張り出した小さな3連の尖塔を確認できます。この3連尖塔がホグワーツ魔法魔術学校の校長室です。なのでエレベーターの1階の位置と校長室へ縦横の位置関係は垂直ではなく斜め、また高さの差も10階以上?となり、とても奇妙な感じがします。公式情報にはそのあたりの解説は無いので、個人的に想像すると、そこは魔法の力で空間移動しているのであろうかなと(笑)

ハリーポッタースタジオツアー(ロンドン)での映画セットの場所

MAPワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドンの見取り図

ーナーブラザーズスタジオツアー(英国ロンドン)でダンブルドア校長室(映画セット)を展示している場所は、ホグワーツ大広間を出た後の各映画セットを展示しているエリアにあります。グリフィンドール談話室や寝室のセットが置いてある近くです。上のハリーポッタースタジオツアーの見取り図では『ホグワーツ大広間』の上の場所『各種セット』のエリアに設置されています。

映画セット ダンブルドア校長室の外観

映画セット ダンブルドア校長室の外観(ハリーポッタースタジオツアー)

画のセットのため外観はこんな感じです。パッと見た感じでは全くダンブルドア校長室とは解りません(笑)大道具のセットといった見た目です。足場的なパイプ構造が組まれていて映画撮影用のセットであることが実感できます。左隣にはダンブルドア校長室へ行くための魔法のエレベーターのグリフォン(グリフィン)像も展示しています♪こちらも映画撮影用のセットのため、外壁部が前半分だけで、後ろは足場だけになっています。

本物のダンブルドア校長室(Dumbledore’s Office)

本物のダンブルドア校長室(Dumbledore's Office)

物のダンブルドア校長室のフロア(映画セット)へ足を踏み入れた時は、パンケーキマンの脚が震えました(笑)数えきれない位ユニバーサルスタジオジャパンのダンブルドア校長室には足を運んでいますが、本物の校長室は全く違っていました。雰囲気や見た目が!(≧▽≦)それではハリーポッタースタジオツアーのダンブルドア校長室を色々と解説していきます♪

PR

映画セットには2人のダンブルドア校長の衣装を展示

上の写真を見てアルバス・ダンブルドアの衣装が二人飾ってあるのに気づきましたか?

アルバス・ダンブルドア校長の衣装(マイケル・ガンボン着用

左手前:『マイケル・ガンボン』が演じた2代目ダンブルドア校長のローブ、ウィッグ、髭が飾られています。衣装は映画『ハリーポッターと半純血のプリンス』とのときのもの。手の指には指輪もはめてあります。マイケル・ガンボンのダンブルドアは髭がやや短く、束ねているのが特徴です。

実は右奥の上階に、もう一人ダンブルドア校長の衣装が展示しています♪

『リチャード・ハリス』が演じた初代ダンブルドア校長のローブ、髭、ウィッグ(ハリーポッタースタジオツアー)

右上には『リチャード・ハリス』が演じた初代ダンブルドア校長のローブとウィッグ、髭が飾っています。衣装は映画『ハリーポッターと賢者の石』のときのもの。髭も髪の毛(ウィッグ)も白っぽいのが特徴で、とても長いです。ローブは写真は光源の関係で色が判り難いですが、赤色系のゴージャスです。

グリフィンドールの剣(英語:THE SWORD OF GRYFFINDOR)

グリフィンドールの剣(英語:THE SWORD OF GRYFFINDOR)

ンブルドア校長室の魔法道具の棚の上に『グリフィンドールの剣』が展示されています。ハリーポッタースタジオツアーの『グリフィンドールの剣』は本物です♪映画の小道具(PROP)としての『グリフィンドールの剣』は小道具会社から購入した古い一般的な剣をべースに改造して製作したそうです。

グリフィンドールの剣(英語:THE SWORD OF GRYFFINDOR)

画ハリーポッターの魔法界の設定としての『グリフィンドールの剣』はゴブリン(小鬼)が製造しゴドリック・グリフィンドールが所有した品となっています。ダンブルドア校長室の棚の上に飾られていて、USJハリーポッターエリアのダンブルドア校長室よりは少し明るく光源的にも写真も撮りやすいですヾ(≧▽≦)ノ

組分け帽子(英語:THE SORTING HAT)

組分け帽子(英語:THE SORTING HAT)ハリーポッタースタジオツアーロンドン

ンブルドア校長の机に向かって左手前の棚に『組分け帽子』が置かれています。今にも話しかけてくれそうな感じがします(笑)USJハリーポッターエリアの校長室では見ることが出来ません。何故なら別の場所に組分け帽子が居てるためですw

記憶の小瓶と棚(英語:THE MEMORY CABINET)

記憶の小瓶と棚(英語:THE MEMORY CABINET)

記憶の小瓶と棚(英語:THE MEMORY CABINET)映画ではダンブルドアが自分の頭から記憶の一部を杖を使って取り出すシーンがあります。その記憶を保存しているのが、このキャビネットの小瓶です。

記憶の小瓶と棚(英語:THE MEMORY CABINET)

記憶の小瓶と棚(英語:THE MEMORY CABINET)

憶の小瓶は美しいオリジナルデザインのガラス瓶で出来ていて、ラベルはMINALIMA(ミナリマ)デザインチームが総出で、1枚ずつ手作りかつ手作業でカッティングして貼り付けた小道具(PROP)です。USJのダンブルドア校長室では残念ながら再現していないため、見れません。

記憶の小瓶を収納したキャビネットの中は時折【魔法】の力で回転します。見るとうっとりするほど美しい品です。キャビネットの前に椅子をおいて、しばらく眺めていたいです(笑)

憂いの篩<うれいのふるい>(英語:THE PENSIEVE<ペンシーブ>)

憂いの篩<うれいのふるい>(英語:THE PENSIEVE<ペンシーブ>)

ンブルドア校長室に入って直ぐ右側に設置してある大きな水盆のような台が『憂いの篩(うれいのふるい:THE PENSIEVE)』です。アルバス・ダンブルドアが所有する魔法アイテムの1つです。先ほどの記憶の液体を『憂いの篩』に垂らして、液体のような表面に顔をツッコむと過去の記憶の世界に入りこんで過去を見直すことが出来る機能を有しています。

ここロンドンのハリーポッタースタジオツアーの『憂いの篩』には是非、顔を近づけて覗いて見て下さい♪

画ハリーポッターでも小瓶から記憶を流し込み、ダンブルドアとハリーがダンブルドアの過去の記憶の世界へ入るシーンが度々ありました。ロンドンのダンブルドア校長室の『憂いの篩』はなんと覗き込むと、本当に過去の記憶に引き込まれるかのような体験が出来ます。

ダンブルドアの数々の魔法用品と棚

ダンブルドアの数々の魔法用品と棚 ハリーポッタースタジオツアーロンドン

ダンブルドアの数々の魔法用品と棚 ハリーポッタースタジオツアーロンドン

ダンブルドアが開発した魔法用具や魔法用品を収納した棚にはホグワーツ4寮の紋章が記されています。このダンブルドア校長室では四寮の紋章がデザインされていますが、実はUSJなどハリーポッタ―エリア(WWOHP)のダンブルドア校長室ではデザインが異なります。

ダンブルドアの数々の魔法用品と棚 ハリーポッタースタジオツアーロンドン

ダンブルドアの数々の魔法用品と棚 ハリーポッタースタジオツアーロンドン

ダンブルドアの数々の魔法用品と棚 ハリーポッタースタジオツアーロンドン

ダンブルドアの数々の魔法用品と棚 ハリーポッタースタジオツアーロンドン

ハリーポッターエリアの高知室の棚はホグワーツの紋章『H』デザインになっています。何故異なるのか・・・その理由は・・・知りません(笑)

ダンブルドアの数々の魔法用品と棚 ハリーポッタースタジオツアーロンドン

棚に収容されている大半のアイテムの用途は不明ですが、私達マグルでも理解できるのがこちらの時計?国際時計になっていてパリ(フランス)、東京(日本)、香港(イギリス)、ニューヨーク(アメリカ)の時間がわかるようです。なぜかニューヨークの針がありませんが(笑)

ダンブルドア校長の机

ダンブルドア校長の机

ルバス・ダンブルドアが使用していた机、校長デスクには龍の置物、本、本台、羽根ペン、羊皮紙?などが置かれています。これは私の願望ですが、ダンブルドア校長の仮装した姿で、一度この机の椅子に座ってみたい!(笑)

ダンブルドアの本棚(DUMBLEDORE’S BOOKSHELVES)

ダンブルドアの本棚(DUMBLEDORE'S BOOKSHELVES)

ンブルドアの机の横から後ろを取り囲むように本棚が並んでいます。本棚には数百冊の本が飾られていて、映画セットの本はイギリスの電話帳(日本のタウンページのような大きく分厚いヤツですw)に革のカバーを付けて製作されました。タウンページを若い方は知らないと思いますので、簡単に説明すると分厚い大きな本に氏名と固定電話の電話番号が印字されていて、ほぼ無料で電話会社(現NTT)から配布されていました。イギリスではどうなのかは存じませんが似たようなものだったのではないかと推測しますw

歴代のホグワーツ校長の肖像画

歴代のホグワーツ校長の肖像画 ハリーポッタースタジオツアー ロンドン

ダンブルドア校長室には沢山の肖像画が掲示してあり、映画と原作小説の設定では歴代のホグワーツ魔法魔術学校の校長先生を務めた人物が亡くなる肖像画と掲示されます。

歴代のホグワーツ校長の肖像画 ハリーポッタースタジオツアー ロンドン

歴代のホグワーツ校長の肖像画 ハリーポッタースタジオツアー ロンドン

映画の設定では生前に自分自身の過去の記憶の一部を保存し肖像画に移してるそうです。映画セットの肖像画の数は48枚で、俳優の写真をベースに画かれており寝た状態になっています。

ニュート・スキャマンダーの肖像画

ニュート・スキャマンダーの肖像画

魔法生物学である者映画『ファンタスティックビースト』シリーズの主人公の1人である『ニュート・スキャマンダー教授』の肖像画を掲示しています。丸い額縁で、黒いトンガリ帽子、大きな白い襟の人物が『ニュート・スキャマンダー』の肖像画です。ちなみにニュート・スキャマンダーがホグワーツ校長をしたという設定は不明です。

ニュート・スキャマンダーの肖像画はUSJハリーポッターエリアのダンブルドア校長室にもレプリカで再現されています。

ダンブルドアやハリーが座り込んだ階段

ダンブルドアやハリーが座り込んだ階段 ハリーポッタースタジオツアー ロンドン

校長室のメインフロアと校長席の間にある階段です。映画ハリーポッターのいくつかのシーンでは悩んだダンブルドアやハリーが座りこんでいました。見学スポットの柵の内側の為、ゲストが座ることできません。残念。

奥の部屋

ダンブルドア校長室の奥の部屋 ハリーポッタースタジオツアー ロンドン

ダンブルドア校長の机の後ろに、もう一つ部屋があります。映画『ハリーポッター』でダンブルドア校長先生とハリー・ポッターがソファに座って話をしているシーンに登場します。また『ハリーポッターと半純血のプリンス』で『憂いの篩』を覗き込んだ後のシーンにも、この部屋が使われています。ちょうどハリーの背後に小さな窓が写るのですが、まさにこの下の写真の窓です♪

ダンブルドア校長室の奥の部屋 ハリーポッタースタジオツアー ロンドン

裏側のガラス窓から覗いた部屋の中です。奥に校長の椅子の背中側が見えます。ここはハリーポッタースタジオツアーの見学スポットでも普通に歩くと気づかない場所です。ダンブルドア校長室のセットの裏側のガラスから覗き込んでみましょう♪裏側から見るにはダンブルドア校長室のセットを出て、左回りに行くと見れます。次に紹介する望遠鏡が設置されている見学スポットの下にある窓になります。

ダンブルドア校長室の天文ルームと望遠鏡

ダンブルドア校長室の天文ルームと望遠鏡

ダンブルドア校長室の3階部分にはダンブルドアの趣味の1つである天体観測をするための魔法用品が置かれています。映画では一瞬しか映っていないと思いますが、ダンブルドア校長室の上階部にはミニ天文台のような部屋になっています。

ダンブルドア校長室の天文ルームと望遠鏡

外壁に宇宙つまり天体を観察するための巨大な魔法の望遠鏡が設置してあります。

ダンブルドア校長室の天文ルームと望遠鏡

写真3階部分に見える球体のような物体が、望遠鏡をのぞくための椅子バケットシートになっています。ここはデジタルガイドデジタルガイドで詳細を知ることができます。この部屋は映画『ハリーポッターと半純血のプリンス』で、セブルス・スネイプ教授とダンブルドア校長が相談するシーンに登場します。まさに上の写真が背景に登場しますよ♪是非探してみてください。

動画で見るダンブルドア校長室(ハリーポッタースタジオツアー)

ロンドンでは校長室入口のドアを見れない

これは映画セットの見学スポットの入口部分を確保するため、ダンブルドア校長室の一部を取り外しています。その部分がちょうどダンブルドア校長室の入口部分のため、残念ながらハリー達が出入りした大きな木製の扉を見ることができません。一方USJなどハリーポッターエリアでは見ることができますよ♪

ダンブルドアの仮装(コスプレ)で訪問しました♪

クリスマスディナーイベントの際にダンブルドアの仮装(コスプレ)でハリーポッタースタジオツアーを楽しみました。写真にちょこちょこ写っているのは貸切イベント時のハリーポッタースタジオツアーなので他のゲストがいない状態で写すことができました。憧れの本物のダンブルドア校長室にこれて幸せでした!(≧▽≦)

本物のダンブルドアのオフィスは大変素敵でした!憧れの校長室で本物の机やグリフィンドールの剣、肖像画、憂いの篩、記憶の小瓶、ダンブルドアの衣装やウィッグ、髭を間近で見れて感激です!写真や動画では味わえない空気や色合い、サイズを是非イギリスのロンドンのスタジオを訪れて体感して欲しいです。

ダンブルドア校長の仮装(コスプレ)でダンブルドア校長室を訪れたレポート

関連記事

前編DINNER IN THE GREAT HALLホグワーツ大広間のクリスマスディナー レポート♪のつづきスタジオツアーの各セットなど詳細は別途レポートする予定じゃ!本レポートはディナー イベントでのスタジオツアーを紹介申し上げる[…]

ダンブルドア仮装でダンブルドア校長室(ハリーポッター・スタジオ・ツアー)

ハリーポッター スタジオツアー ロンドン(全般レポート)のダンブルドア校長室へ戻る

関連記事

どうも!魔法使いパンケーキマン・ダンブルドアです(*'▽')ノハリーポッタースタジオツアーに合計3日間通いましたよ♪先のレポートでハリーポッター・スタジオツアーのクリスマスディナー編(前編、後編)をご紹介しました。クリスマスディナー編は2日[…]

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン メーキング・オブ・ハリー・ポッター『WARNER BROS. STUDIO TOUR LONDON THE MAKING OF Harry Potter』

USJハリーポッターエリアのダンブルドア校長室(ホグワーツ城の見学コース)

関連記事

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのWWOHP(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター)通称ハリーポッターエリアのホグワーツ城見学『ホグワーツ キャッスルウォーク 前編1/3 ホグワーツ城の校門~廊下グリフィン像』のレポートの続きで[…]

ホグワーツキャッスルウォーク 動く肖像画(絵画) ホグワーツ城見学 USJハリーポッター エリア

note.comで活動に対して『サポート』下さる方はこちらからお願いします。

『サポート(投げ銭)』

<アフィリエイト支援>下記リンクから購入頂くと当サイトの活動費になります。
Amazon 楽天市場
ご支援下さると、より一層楽しい記事を書いてお楽しみ頂けるように頑張ります♪

PR
本物のダンブルドア校長室(Dumbledore's Office)
最新情報をチェックしよう!

ワーナーブラザース ハリーポッター スタジオツアーの最新記事8件