セントパンクラス(St Pancras station)

ロンドン5日目ワトフォード・ジャンクション駅~再びキングスクロス駅とセントパンクラス駅、英国パンケーキを朝食に♪トイレでハプニング?コヴェントガーデンのポールスミス、シャーロック・ホームズカフェでフィッシュ&チップス♪

ロンドン旅行4日目の続きです。

前の記事>ロンドン4日目はハリポタスタジオツアー連続3日目です!ローブ買ったり、デジタルガイドを借りたり、イギリスのファンとちょっぴり交流!?楽しい1日でした♪のつづきです。

おはようございます!魔法使いパンケーキマンです。2019年12月11日ロンドン上陸5日目の朝8時です。

目次
PR

さらばワトフォード・ジャンクションWatford Junction Railway Station♪

Holiday Inn London - Watford Junctionさて4日間お世話になったホテル『Holiday Inn London – Watford Junction(ホリデー イン ロンドン ワトフォード・ジャンクション)』ともお別れです。

Holiday Inn London - Watford Junction(ホリデー イン ロンドン ワトフォード・ジャンクション)の周辺の建物

今朝は晴れています(*´▽`*)パンケーキマンは天気運が良いのかな。キャリー特大、キャリー大、ショルダーバッグを装備して、早朝のワトフォード・ジャンクション駅へガラガラと歩きました。風は冷たくありますが、今から2回目のキングスクロス駅へ向かいますので、テンションは高い!(笑)まずはキングスクロス駅前の宿にキャリーケース2個を預けに行きます。

朝から苦労したお話し。遅延と満員電車!?

ワトフォードジャンクション駅のプラットフォームまであがるのに一苦労です。何せホームまで1階分を階段であがらねばなりませぬ。1日目も苦労しましたが、今はキャリー2個に増えて、中にはグッズやお菓子やらで重量が増加していて・・・((((;゚Д゚)))覚悟を決めて左右の手に一個ずつ持って、階段をえいやっと上がります。上に辿り着いたら既に疲労感が(笑)まだ早朝です(笑)

ホームにあがると何やらアナウンスがちょいちょ流れています。?(^_^.)1日目や3日目には聞かなかったアナウンスで、耳をすませば『電車が遅延してダイヤが乱れている』らしいことがわかりました。全部は聞き取れないので、単語を繋ぎ合わせると多分そんな内容であることは理解した(^▽^;)

しばらく待つと約5分で電車が来ました。なんや全然待たずに来たやん!と安堵したのもつかの間、電車のドアが開くとパンケーキマンの目が点に・・・え~すし詰め状態のイギリス人!日本の満員電車顔負けなレベルで乗るスペースがありませんΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン見渡すとそれでも通勤するロンドンっこは無理やりに1つのドアごとに数人が乗って行きます。

自分の身体一つなら無理やり乗れるのかもしれませんが、パンケーキマンの荷物は人の立つスペースに換算すると約5人分のスペースが必要です(笑)とてもじゃないけどムリ!ムリで~す!と心の中で叫びながら諦めました。。。列車を見送って数分で次の列車が隣のホームに入って来ました。こちらはやや空いていて、通路にも荷物を置けるほどです。取りあえず乗ろうと決心しドア横の開いているスペースにキャリーを2個運びこみました。この列車もけっこう人が多く若干余裕はあるも立っている客で通路はいっぱいです。

それでもユーストン駅まで移動できると一安心と思いきや・・・

乗った電車は途中駅に停まるタイプの急行列車でして、次の駅でも前の列車に乗り切れていない客がホームにかなり待っていました。はい、当然乗ってきます(笑)なるべくキャリーが邪魔にならない端っこへ移動させようとするも人が多くて『ムリーーー』な状態です(;^_^A

しかし、そこはロンドンっ子、近くに居た若い20歳くらいの男性が、笑顔でキャリーを移動させるのを手伝ってくれ、自分の立っている場所を譲ってくれました。ジェントルメンです。イギリス人は老若男女問わず本当に親切です(笑)そしてシャイやけどフレンドリーです。助かりました。(´▽`)有難う!結局、電車の満員レベルは丸の内線、銀座線、御堂筋線レベルの混み混みにwww

今朝だけが混雑したのか、普段からこうなのかは不明ですが(;^_^A周囲の人の反応が割と当然みたいな表情ばかりだったので、よくある混雑レベルなのかもしれませんね(笑)

教訓:朝の通勤ラッシュ時は大きな荷物を持ち込みにくい(笑)

予定より20分遅れぐらいでユーストン駅(Euston st.)へ到着

電車がユーストン駅(Euston st.)へ到着

今朝乗ってきた電車の車両はコレ上の写真です。客車の一部座席はファーストクラスが設定されています。有料座席で座れることがメリット?のようです。特別豪華なシートな訳ではありません(笑)

隣のホームいた特急タイプの列車クラス390です。

隣のホームいた特急タイプの列車クラス390です。3日目の朝この特急が高速でぶっ飛ばして走行してたヤツですね(笑)

ユーストン駅からキングスクロス駅への移動も3日目に体験しているので気持ちは余裕たっぷりですw自慢になるのですが私は一度訪れると、だいたい道も方向も覚えるタイプでして野生の感が鋭いのか初めての土地でもなんとなく東西南北のどちらに自分が向いているか分かるのが長所です(*´▽`*)

なので、2回目なら全然余裕な気持ちでして、すっかり慣れた土地のように駅構内を横切り、大きな道路ユーストン・ロードまで地元の通勤する人々に混じって歩きました。

ユーストン・ロードを徒歩でキングスクロス駅前のホテルを目指す♪

ユーストン駅前のレンタルサイクルとバス乗り場

手前の赤い自転車はレンタルサイクルで、ロンドン市内のあちらこちらにあります。右の樹木と奥の建物、左の建物もロンドン!って感じの雰囲気で素敵ですよね。見る物何もかもが新鮮です♪

ユーストン駅(ロンドン)と路線バスターミナル

この柵の向こう側がユーストン駅の路線バスターミナルです。赤い二階建てのロンドンバスだらけです(笑)写真に入っていない左右にもロンドバスがウジャウジャといまして到着のバスや出発のバスが動いめいていてロンドンバスの群れを見ることが出来ます(笑)全て赤色のバスですが、決してスピードが3倍速い仕様ではありませんw(ガンダム ネタですみません)

ユーストン駅からキングスクロス駅方向(ユーストンロード)

この写真の奥が大英図書館、セントパンクラス駅、キングスクロス駅方向です。歩いている道がユーストン・ロードの歩道です。

ユーストンロード沿いの歴史ある建物!?

街全体が素敵なんですよねロンドン♪こんな建物や建造物がロンドンのアチコチで見れます♪

大英図書館(THE BRITISH LIVRARY)

大英図書館の正面です。本当に巨大な図書館です。右上にちょこっと見えるのがセントパンクラス駅です。

大英図書館の向かい側の歩道

今夜から宿泊する宿(簡易ホテル?)はセントパンクラス駅前のユーストン・ロードを渡った反対側のブロックです。

セントパンクラス駅(St Pancras station)

つまり歩いている方向から見て右側です。駅の反対側のエリアはアパートメントが沢山立ち並ぶ中に、小さなホテルが沢山あります。セントパンクラス駅の端にある次の角を曲がるとホテルのブロックのハズです。

9:10 ホテル発見!ALHAMABRA HOTEL(アルハンブラ ホテル)

GoogleMapを見ながら角を曲がるとホテルの看板『ALHAMABRA HOTEL(アルハンブラ ホテル)』が見えました。ドアの前に案内板があり、御用の人はベルを鳴らせと書いてあります。ドアはロックされているので、開けてもらわないと入れません。インターホンのブザーを鳴らすと直ぐに開錠してくれました。

『アルハンブラ ホテル』ALHAMABRA HOTEL

玄関を入ってすぐ右に6畳ほどのフロント部屋があり、受付の方が座っていました。日本から用意してきたカンペを見ながら「今夜から宿泊パンケーキマンです。荷物を預かって欲しいです。」と伝えると爽やかな笑顔で『OK』と女性が答えてくれました。『戻ってくるまでに荷物は部屋へ運んどくので♪』と教えてくれます。荷物を預けてすぐにホテルから外へ出ました。

9:10 ホテル発見!ALHAMABRA HOTEL

ホテル周辺はこんな街並みです。ほら通りの奥にはセントパンクラス駅の時計台が見える素敵ロケーションです♪

お腹も空いてますが、まずは朝のキングスクロス駅とハリーポッターショップを楽しみに行きました!(*´▽`*)♪

セントパンクラス駅を遠目でカメラに収めて

セントパンクラス駅を遠目でカメラに収めた。今にもロンのパパの車『青いフォード・アングリア』が飛んでそうな♪

朝のキングス・クロス駅(King's Cross St.)

キングスクロス駅も同じく♪朝日に輝いて、青空とマッチしていて素敵です!

時間は水曜日9:30キングスクロス駅の正面側の改札はフラップがオープンでフリーの時間帯です。さっそくプラットフォームを散策!

キングスクロス駅のハリーポッターロケ地の詳細レポートは別にアップしているので参照下さい♪

日立が製造するAZUMA(あずま)

イギリスの鉄道マニアの方を数人見かけました。平日の早朝からチラホラと大きな一眼レフカメラを手に車両を撮影しています(笑)ちょっと誇らしいのが日本メーカー日立が製造するAZUMA(あずま)を撮っている方が多かったです。話は脱線しますが、流線形のスタイルとカラーリングが美しい組合せで、スマートな車両でした。これは乗ってみたい!というか日本でも走らせてほしい(笑)AZUMAの連結部の切り離し作業をしているシーンも見れました。

日立が製造するAZUMA(あずま)

キングスクロス駅はヨーロッパの駅の多くの駅と同じく終端タイプの駅で、天井は高いガラス張りドームでとても美しい!

ロンドンのターミナル駅の1つキングス・クロス駅(King's Cross St.)の駅名看板

Welcome to London King’s Cross(ようこそロンドン キングス クロス駅へ)』駅名看板もカッコよく見えるのは私の気のせいですか!?(笑)

キングス・クロス駅(King's Cross St.)

2日目にも来ていますが、約20分キングスクロス駅の改札内でハリーポッターのロケ場所などを堪能。撮り忘れていた場所の写真を撮ったり、駅の雰囲気を味わったり♪最近は感じたい場所はゆっくり見るのが好きな私です(笑)空気とか壁の材質とか人の雰囲気とかを同じ場所に5分、10分と暫く居ると色々と感じられるのが好きなんです♪

9:50 写真撮影スポットを見ると30人以上が並んでいます。

プラットフォーム9 3/4の写真撮影スポット改札を出てキングクロス駅構内のハリーポッターショップを見に行きました。お店の前の『プラットフォーム9と3/4番線の写真撮影スポット』はやはり人気!平日の朝であるのに・・・今日も撮影は取りあえず保留。タイミングよく空いていたら撮影したいなぁ程度の予定にしときます。ハリーポッターショップ内を散策します。買い物は夜か明日も出来るので、ハリポタグッズを隈なくチェック!欲しいモノなどを全チェック!

キングスクロス駅だけで購入できるミナリマ(MINALIMA)グッズゆっくり見て回ると2日目には気づかなかったグッズが沢山発見(笑)絶対に買う商品はメモして、ひとまず退店しました。9月1日に『Hogwarts Express』の文字が表示される行き先案内表示器を眺めながら、駅構外へと出ました。すっかりお腹もペコペコです。

それでは本日の朝食のために少し歩いて移動します。日本で事前に調べといたロンドンのパンケーキを食べに!え?パンケーキって思いますか?だって私パンケーキマンですから(笑)←

キングスクロス駅(セントパンクラス駅)から南西へ歩くこと約7分ほどで目的のお店へ到着

10:20 素敵なモーニング HALF CUP(カーフカップ)でイギリスのパンケーキ

Butternut Squash & Feta Pancakes 10£ バターナッツ・スクワッシュ(冬カボチャ)とフェタチーズのパンケーキ 約1500円

ロンドンで人気のカフェ『HALF CUP(ハーフ カップ)』で注文したのは『セラーノハムとフェタチーズと目玉焼きパンケーキ』です!HALF CUP(カーフカップ)は平日の朝にもかかわらず満席(笑)驚きましたw入店まで外で10分ほど待ちました。待っていると私の後ろにもまた待ち客が増えててですね、凄いですよね、平日の朝に満席になるカフェって( ̄д ̄)(笑)

Butternut Squash & Feta Pancakes 10£ バターナッツ・スクワッシュ(冬カボチャ)とフェタチーズのパンケーキ 約1500円ハーフカップは小さなお店で、座席配置も狭めなので隣のテーブルや背中のお客さんの会話も耳に入ってきます。だからアットホームな感じです。朝のフードメニューとレギュラーメニューを合わせると沢山の種類がありますが、私はパンケーキ一択で♪

これは美味かったwww来て良かったよパンケーキマン(≧▽≦)bパンケーキの詳細はパンケーキマンブログへ

美味しいパンケーキ&ホットケーキを食べに行こう♪パンケーキマン

グッドモーニング!チアーズ♪パンケーキマンです(*’▽’)ノ 目次 1 ロンドンからのレポート第二弾はハーフカップの朝食…

美味しかったので、別のメニューも食べたいとこですが、パンケーキ一皿のボリュームだけで超満腹状態に♪とても2皿目を食べる余裕が無い為、断念(笑)パンケーキマンが日本で食べ歩きする時はすぐに2件目に行くのですが(;^_^A ハーフカップは近所なら通いたいお店です。ロンドンは基本クレジットカード決済です。ハーフカップも小さな店舗ですがクレカ決済でした。店員さんに『チアーズ』とお礼を言ってお店を出ました。

『チアーズ』は便利な言葉!『有難う』『バイバイ』『どうも』てきな言い回しに使えます。レストランを出る時、バスやタクシーを降りる時、人と会った時や別れる時などに♪

イギリス人はほとんどの人が挨拶をします。他人でもドライバーにでも。例えばバスを降りる時に無言で降りる人がほぼいません(笑)私も習って、なるべく『チアーズ♪』と言うようにしました。昔の日本もそうでしたね。昭和の時代は皆が挨拶していました。挨拶をするのは気分もとても良い感じです。日本に帰ってからも、なるべくそうしたいなぁと胸に秘めてw

さて食欲も満たされたので、出かけよう!と意気揚々と歩きだしたら、汚い話になりますが、お手洗い(Looルー)に行きたくなってきた。ハーフカップでトイレを借りときゃよかったと反省。ロンドンは基本的に街中に公衆トイレはありません。少し歩けばセントパンクラス駅なのでトイレに立ち寄ることに!ついでに駅見学もすることにしました。セントパンクラス駅は珍しく無料の公衆トイレがあります。

美しいセントパンクラス駅の中へ

セントパンクラス駅の正面、ちょうどキングスクロス駅横の時計台の下あたりから駅の中へ入ります。

セントパンクラス(St Pancras station)

ゴシック調の厳かな雰囲気のレンガ造りの通路を通り抜けると!

セントパンクラス(St Pancras station)

じゃ~ん!大きな美しいドームと空間が広がっていた!セントパンクラス駅の内部も近代的な美しさと歴史ある美しさがミックスされて、めっちゃ素敵でした。そして目の前にはフランス・パリとイギリス・ロンドンを結ぶ国際列車『ユーロスター』が停車していた♪

セントパンクラス(St Pancras station)

振り返ると大きな時計やカフェ&レストランがあり、キングスクロス駅のざわついた雰囲気と対象的にとても静かな空間です。寅さんじゃない男性の像があります。シルクハットに左手をやり、右手には大きなカバンを持つ中年男性のような像・・・誰かは存じません(笑)後では調べたら『サー・ジョン・ベンジャミン』でした。このセント・パンクラス駅を救った(残した)人物として有名らしいです。

セントパンクラス駅のトイレの場所

トイレの場所が不明なので、階段付近で警備していたロンドン市警の警察官に尋ねると、地下のフロアへ階段を降りて左曲がって、右にあると教えてもらいました。

セントパンクラス(St Pancras station)のトイレ(Loo)の場所

セントパンクラス駅は地下がショッピング&レストランフロアになっており、人が沢山あふれています。地上の静けさと対象的です(笑)階段を降りて曲がるとすぐにトイレを発見できた。女性用は外まで行列です。そしては男性用トイレも並んでいます。小も大用も(笑)近場ではここしかトイレが無いので、皆が集まってくるので仕方ないですよね。

教訓:イギリスではトイレは早めに!

トイレ自体は新しくはないけど、掃除が行き届いていて清潔でした。がハプニング勃発!このトイレの便器はいたって普通の形状でしたが、問題はトイレットペーパーのホルダーです。大型のホルダーの中心にある小さな穴から紙(トイレットペーパー)を引っ張りだす仕組みです、しかしホルダー全体は不透明で中が見えません。トレイットペーパーの残量がどのくらいあるのか全く見えない(;^_^Aしかも個室を見回すと予備の紙は置いていないwwwwww

何か嫌な予感もよぎりますが、とりあえず大きい方の用を足しました。割り切らないとまだまだ後ろが並んでるので(笑)個室も8室くらいあるのですが大人気!(笑)私もお尻から出すものを出してスッキリし、ロシアンルーレット的トイレットペーパーを楽しみました。紙を取り出すのは、日本の筒状のケースのウェットティッシュケースみたいな感じです。この日はちょっと1枚、2枚では拭えず(ゴメンなさい。こんなことをこのブログに書く日が来ようとはw)、トイレットペーパーを抜き出しては使用してを何回か繰り返していると、次の紙が出て来ない・・・つまり紙切れ!?

Σ( ̄ロ ̄lll)え~神よ紙が・・・私はキリスト教徒ではアリマセンが一瞬頭の中が空白状態にwまぁそんな心境でした(笑)

そいえばジャンパーと鞄にポケットティッシュがあったハズ?と探ると、入ってました!よかったひと安心♪あ、心配されている読者の皆さん、ご安心をポケットティッシュで無事に任務完了できましたので(笑)(よかった・・・お尻を拭けないままロンドンをブラブラせずにすんで、いや並んで別の個室で拭くという手もありますが、10分くらいはまた並ばねばなりませんしねw)

ジャーと流して個室から出ると、50歳くらいのコートと帽子をまとったジェントルマンが私の出た個室へ入ろうとします。思わず私は慌てながら、口から『ウェイト!ウェイト!ノーペーパー!!!』と伝えずには居られませんでしたことを報告しときますwwwだって、悲惨やよね・・・何を出してから、紙が無い事に気づいた日には(笑)そのジェントルマンは私の意味を理解してくれて入室を諦めてました。一安心♪

教訓:ロンドンではポケットティッシュを2個は持っておけ♪

しかしロンドンの人たちは紙が無くなったら、どうしてるんでしょう?と興味が湧きつつも次の目的地へと足をすすめました。キングスクロス・セントパンクラス駅つまり地下鉄(アンダーグラウンド)に乗り、コヴェント・ガーデン駅まで移動してきました。

地下鉄コヴェントガーデン駅

ロンドン1日目は閉鎖していた駅ですが、あれから4日たつと駅も通常営業していました(笑)コヴェント・ガーデン駅はホームから地上の改札へ移動する手段はエレベーター(リフト)か階段のみです。巨大なエレベーターが数基ありまして、電車を降りた客の流れについて行くと、自然とエレベーターに乗っていました(笑)

地下鉄コヴェントガーデン駅 ロンドン イギリス

地上階に到着すると、すぐに自動改札機がありまして、外へ出ると目の前は『コヴェント・ガーデン』!高級ブティックなどが立ち並ぶロンドンのイケているエリアに上陸!1日目は夜だったので、あまり街の雰囲気がわかっていませんでしたが、昼間に来ると素晴らしい空間であることがわかります。

Paul Smithポールスミス コヴェント・ガーデン店へ

Paul Smithポールスミス コヴェント・ガーデン店へ

ハリーポッターとは無関係ですが、私の好きなポール・スミスの基幹店を訪れました。5軒連続でポールスミスです!(笑)大学生の頃からの憧れのブランドです。え~と2*年前位?(≧▽≦)当時は日本でも名前が売れ始めた位で、アニエスべーに比べるとマイナーブランドでしたね。社会人になって初任給の半分を払ってスーツを買ったのを覚えています。

Paul Smithポールスミス コヴェント・ガーデン店へ

流石に店内を撮影する許可を得るほどの心と時間の余裕は無いので、写真は外観だけでお楽しみください♪パンケーキマンは店内を地下も含めて隅々まで見て楽しんで来ました。せっかくなので、お気に入りが見つかれば多少高くても1着くらいは買おう!って思って見てたら、なんとハートを射抜く好きな雰囲気のジャケットを発見!これは日本のアパレルでは見たことがないヒネリの聞いた洗練されたデザインと作りの一着でした。(≧▽≦)ノおおー!と、手に取るとお値段が約18万円で・し・たwww

流石に18万円は相当気に入らないと出せません。ええパンケーキマンのお財布はそこまで緩くはありません(笑)だってこの後にハリポタグッズで、まだまだ買い物をしたいので(笑)←ちょっと無理なので、諦めました(笑)ポールスミスの手帳やマグカップなど小物類が沢山あるかなと期待していましたが、あまり置いてなくてちょっと残念( ノД`)(見つけていないだけであったのかもしれませんがw)

ポールスミス店内の雰囲気も商品も素敵なものばかりです。ですが今回のロンドン旅行は予算も時間も限りなくハリーポッターの為に割いているので、結局何も買わずに退店。観覧時間約15分♪訪問予定はまだまだ多くあるので、チャチャっと(笑)

コヴェントガーデンからレスタースクエアへ移動します。はい、ここからはハリーポッターショップ巡りが始まります。怒涛の!(笑)

CURRY HOUSE CoCoIGHIBANYA カレーショップ CoCo壱番屋

移動途中に『CURRY HOUSE CoCoICHIBANYA』の看板を発見!何やら見たことがる雰囲気だなと読むと『カレーショップ CoCo壱番屋』ではありませんか!なんとロンドンに進出していたのですね!そういえば途中に無印もユニクロも見ました(笑)あれ?日本ですか?ココは(笑)慣れたブランドを見ると、安心感が凄いことに気付いたパンケーキマンでした。さあ今日のお昼はココイチでカレー♪とはしませんでしたが(^^♪

歩いて5分でハリーポッターのグッズショップへ到着!

House of Spells(ハウス・オブ・スぺルズ)

店内全体の様子 ハウス・オブ・スぺルズ

ハリーポッターグッズの新ショップ!ハウス・オブ・スぺルズ(House of Spells)(ロンドン/英国)訪問した2019年にロンドンに開店したばかりのハリポタショップ『House of Spells(ハウス・オブ・スぺルズ)』!ハリポタ専門店ではありませんが、店内のフロアの90%はハリポタグッズで埋め尽くされています。2階にハリポタ以外のグッズが少しありましたが、1階はほぼほぼハリーポッター&ファンタスティックビースト結構広いので、全てのグッズをじっくり見るのには30分位は必要かも♪店内の撮影は店員さんに許可を得て行っていますよ♪詳細は別レポートへ

関連記事

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(≧▽≦)ノロンドンには数々のハリーポッターショップがあります。ハリーポッターショップ巡りをするだけで1日では足りないほど(*´▽`*)そんなロンドン(英国)から2019年7月に新規開店したハリ[…]

店名:House of Spells(ハウス・オブ・スぺルズ)

キングスクロス駅934ショップハリーポッタースタジオツアーのスタジオショップノーブルコレクション店と同じグッズもありますが無いグッズもありますよ♪ハリポタグッズオタクになると、グッズを見るとどこと同じグッズかわかるようになります(笑)恐ろしいw

とりあえずめぼしいグッズをチェックしてお店を出ました。12時半を回っています。お腹も空いてきました。このエリアで何か美味しいモノを食べたいとハリポタ用マイマップを見るとパブ&レストラン『シャーロックホームズ』がありました。取りあえず南下します。途中にしおりさん達に教えて頂いた『セシルコート』の古物店へ立ち寄りました♪

セシルコートのCOLIN NARBETH AND SON LTD(コリン・ナーベス&サン)

途中にセシル・コートがあります。美術品、古書や古いコインなどを扱う古物商街です。とても通りの雰囲気が良くブラブラ散策したくなる通りです。そんな中に素敵なハリポタグッズが♪

セシルコートのCOLIN NARBETH AND SON LTD(コリン・ナーベス&サン)

ハリーポッターやダンブルドアの肖像画を印字した紙幣を販売♪ハリーポッターのお札を置いているお店『COLIN NARBETH AND SON LTD(コリン・ナーベス&サン)』へ立ち寄ります。これは素敵なお札ですよね♪詳細は別レポートへ

関連記事

ロンドンでハリーポッターのショップ巡りをするのは、とても楽しいです。今日の紹介するお店は多分、きっと非公式な紙幣グッズです(笑)たぶん(笑)ハリーポッターの登場人物をデザインした『お札(紙幣)』£(英ポンド)とガリオン紙幣♪注意[…]

ハリーポッターやダンブルドアの肖像画を印字した紙幣を販売♪

そしてコリン・ナーベス&サンでハリポタ紙幣を購入した後は南へ下ってチャリングクロス駅とトラファルガー広場を通りすぎた

裏路地にパブ&レストラン『シャーロックホームズ』を発見!

シャーロックホームズ  パブ&レストラン ロンドン トラファルガー広場近く

『シャーロックホームズ』は1階がパブ、2階がレストランになっています。座ってゆっくり食事をしたいので、2階のレストランへお邪魔しました。ちなみに1階は平日にもかかわらず満員のようで、大きな話声や笑い声が沢山外まで聞こえてきたw階段を上がると右手には『シャーロックホームズの部屋』があります。再現した部屋らしいです。

パブ&レストラン シャーロックホームズの部屋(イギリス ロンドン)

知らずに窓から覗いて、びっくりしたのが奥に人形が居てたこと!(笑)たぶん彼(人形)がシャーロック・ホームズ?見た目が不気味www私は全然詳しくないので、申し訳ないですが(;^_^A部屋の雰囲気は好きでした。残念ながらホームズ部屋には入れません。窓やドアのガラス越しに眺めるだけです。

シャーロックホームズ レストラン(イギリス ロンドン)

レストランへ入り、こちらも古いイギリスらしい内装で素敵です。インテリアにはホームズにまつわるモノが沢山あります。きっとファンにはタマランお店でしょうね♪

誰でもホームズとワトソンに変身できます  パブ&レストラン シャーロック・ホームズ(ロンドン)

え~と海外にもコレがあるんですね!大爆笑!誰でもホームズとワトソンに変身できます!他にもあれ?ヘドウィグ?エロール?と思うフクロウがいたり、道具類はちょっとダンブルドア校長室っぽくて好き!

さて私の目的は食事『フィッシュ&チップス(Fish and Chips)』を食べること!

フィッシュ&チップス(fish and Chips)シャーロック・ホームズ パブ&レストラン(イギリス)

じゃ~ん!登場しました本場ロンドンで食べる初めてのフィッシュ・アンド・チップス!

フィッシュ&チップス(fish and Chips)シャーロック・ホームズ パブ&レストラン(イギリス)

印象はデカい!写真だと多分伝わらないけど、タラが20cm以上あります。ポテトも超厚切りサイズでした!きっとこのポテトのせいで写真だとフィッシュが小さく見えます(笑)パン、手長海老のフライ、グリーンピース、タルタルソース、玉ねぎのピクルスが付いてきます。

フィッシュ&チップス(fish and Chips)シャーロック・ホームズ カフェ(イギリス)

熱々でサクサクでホクホクのフィッシュは最高♪ポテトもね美味しい!素材がイギリスだと美味しいです!ボリュームもたっぷりで食事後にスイーツを食べようとしていたけど、ちょっと無理でした。お腹がパンパン(笑)

フィッシュ&チップスのメニューはレギュラーサイズとビッグサイズの2種類がありました♪

  1. Fish & Chips Greene King IPA beer-battered Atlantic cod, crushed peas, tartare sauce, triple-cooked ships 13.79
  2. Big Fish & Chips Greene King IPA beer-battered Atlantic cod, Whitby scampi, crushed peas, pickled onion, bread & butter, tartare sauce, curry sauce, triple-cooked ships 15.79

食べたのは『ビッグ フィッシュ&チップス』(笑)フィッシュ&チップスにハマったのは阪急百貨店の英国フェアです。毎年イギリスNO1に輝いたフィッシュ&チップス専門店が招待されて出店します。イギリスからスタッフが来日して、揚げたての美味しいフィッシュ&チップスを食べてからハマりました(笑)シャーロックホームズのフィッシュ&チップスもめっちゃ美味しかった!大満足♪

シャーロックホームズカフェに行く前は晴れていたトラファルガー広場

トラファルガー広場

時は食事前の時間に戻すと、晴れていて人でにぎわっていたトラファルガー広場です。12月なのでクリスマスマーケットのお店が色々と出ていて楽しそう♪私は時間が無いのでスルーですが、横目にチラッと見えたのがコレ

トラファルガー広場にいた異性人!?

見ただけでマジックのネタがわかったので、何とも言えない気持ちになりましが、2人?も同じネタで披露されていてちょっと笑ってしまった。

トラファルガー広場 英国ロンドン

こんな美しい写真も撮りつつ南下したのです。ところがお昼ご飯を食べた後は一辺しました。

ロンドンらしい雨♪フードをかぶってGo!

ホームズカフェを出ると空はうって変わってどんよりした曇り空で雨が降っていました。傘を持ち歩いていませんので、ビルの軒の下を伝って歩いて行きます。もうロンドンっ子の真似をして、傘をささずにパーカーのフードをかぶって移動(笑)

雨のトラファルガー広場(イギリス、ロンドン)

本当にロンドンでは小雨程度では誰も傘をささない。少し強くなって傘を差し始める人がチラホラいますが、大半は服のフードをかぶりそそくさと歩く方ばかりです(笑)体験してわかるのですが、雨があがると曇っていても比較的早く濡れた服が乾きます。それほど空気が乾燥しているのです。すぐに乾くからまあ濡れてもいいかなwとなる訳ですwww

ロンドンバス初乗車!

ホームズカフェを出てトラファルガー広場に、ちょうど目的方向のロンドンバスが来ました。雨が少し強くなったので雨宿り代わりに乗車(笑)歩いてもすぐなんですけどねw

ロンドンバス初乗車!英国の路線バス

初体験のロンドンバスです。予備知識はありますが、なんでも初体験はドキドキするものです(笑)ロンドンバスに乗るには前のドアから乗り込み先払いです。現金はダメなので、オイスターカードでピッとタッチして支払えばOK!ロンドン市内は均一運賃です。下車する時は何もせず降ります。お腹は満腹、疲れた脚、外は雨で、バスは空いていて座りながら楽しむロンドンの街の風景も格別に最高でした。あっという間に目的地に着いちゃいましたが(笑)

ロンドンバスに乗り、やって来たのはパレスシアター!

パレスシアター(ハリーポッターと呪いの子)ロンドン ミュージカルミュージカル『ハリーポッターと呪いの子』を上演しているロンドンの劇場です。劇場の建物の正面を見るだけでテンションがぶち上げに(笑)今回の旅ではチケットを購入していないので、観劇はできませんが、いつかイギリス英語を聞き取れる力をつけて訪れたいです。建物内には『ハリーポッターと呪いの子』のグッズショップもあります。パレスシアターをぐるっと回ると自然とミナリマに着きます(笑)*ミナリマは移転前の場所のことです。

ハウス・オブ・ミナリマ!(ロンドンの移転前の旧店舗)へ♪

MINALIMA LONDONミナリマ・ロンドンの夜の外観(移転前の店舗)ミナリマ店内に装飾アートプリント、ハリーポッタークリスマスツリーミナリマ店内の階段 写真2020年に移転したので、もう同じ建物のミナリマは見れませんが、2019年は移転前の4階建てのMINALIMA(ミナリマ)がロンドンのお店でした。英語が話せない私が実際にロンドンのミナリマに来るなんて、来れるなんて夢のよう(笑)ロンドン1日目にもちょこっと来ているので、本日で2回目の訪問です!(笑)今日は1階~4階までじっくりと全てを楽しみましたよ♪
30分以上滞在していました。一人で(笑)せっかくロンドンのミナリマに来たので自分へのお土産にハリーポッターの書籍デザインの壁紙を購入♪ミナリマ大阪でも買えましたが、この時点の日本の在庫も僅かだったのでロンドン店で買っちゃった(笑)他にも欲しいけど我慢(他のグッズは大阪でもあるしねw)詳細は別レポートへ

関連記事

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです。ロンドン滞在5日のお昼です。ハリーポッターのロケ地&ハリポタショップ巡りをしている本日はハリーポッター魔法界の聖地の1つミナリマの紹介です!店舗情報:ミナリマ ロンドン(イギリス)(旧店舗[…]

ミナリマMINALIMA ロンドン(LONDON)

ハリポタ好きのロンドン留学生♪

隅々まで見ていると、日本人らしき女性が店内にいて少し雑談すると羨ましいことに短期留学でロンドンに滞在している大学生でした。めっちゃ羨ましい1か月か2か月イギリスを堪能できるなんてwwwハリポタ談話をした流れでノーブルコレクションのコヴェントガーデン店へご一緒することに♪海外で日本語で話せる相手と巡り会えると何か安心感があります。何の裏付けも理由もないのですけどね(笑)けっしてナンパじゃないですよ!

ここでロンドンの怖い一面も教えて貰いました。

『彼女の友人がロンドン散策中にスリにあったという生生しいお話しです。友人はコートの外ポケットにスマホを入れていて、気づいたらすられていたそうす。』

はいロンドンでの注意点!スリ、置き引きは日常茶飯事!スマホ、財布はコートの内ポケット蓋のある鞄に入れましょうね!

移動途中にある『フォービドゥンプラネット』映画グッズ専門店のハリポタコーナーも立ち寄りました。ミナリマ旧店舗から歩いて5分と近い場所にあります。

映画グッズ専門店フォービドゥン プラネット ロンドン メガストアForbidden Planet London Megastore

 ニンバス2000(Nimbus2000)レプリカを展示 ノーブルコレクションのハリーポッターとファンタスティックビーストの杖店舗情報:フォービドゥン プラネット ロンドン メガストア(イギリス)

フォービドゥン プラネット ロンドン メガストアForbidden Planet London Megastoreは他のハリポタグッズショップが大きい為、ここのハリポタコーナーはかすみますが、それでもかなりの売り場面積です。もし大阪にあればめちゃくちゃ嬉しいレベルです。この時はストリートに面したショーウィンドウに『Nimbus2000(ニンバス2000)』が飾ってあり、ピカピアの艶で美しくて、まるで映画のダイアゴン横丁でニンバスを見て「うわ~~」と歓声をあげて喜ぶ魔法使いの子供たちのように感動していました(笑)

関連記事

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(≧▽≦)ノロンドンには数々のハリーポッターショップがあります。ハリーポッターショップ巡りをするだけで1日では足りないほど(*´▽`*)そんなロンドン(英国)でシネレプリカのニンバス2000を展示し[…]

 ニンバス2000(Nimbus2000)レプリカを展示

ここから目的地のノーブルコレクションまで歩いて3分ほどです。ミナリマ、パレスシアター、ハウス・オブ・スぺルズ、プラネット、ノーブルコレクションが歩いてすぐのエリアに固まっていまして、私としてはロンドンのハリーポッターエリアと呼びたいほどです。

ノーブルコレクション コヴェントガーデン店

店名:The Noble Collection Covent Garden shop (ザ・ノーブル・コレクション コヴェント・ガーデン店)忍びの地図、グリフィンドールの剣

歩いてやってきたのはノーブルコレクション(NOBLE COLLECTION)のお店!私は2回目の訪問です。ノーブルコレクションの総本山です(笑)羨ましいことにロンドンにはリアルな店舗がありまして、ハリーポッターの販売中のほぼ全商品を展示&販売中です。

さらっと見て留学生とは別れました。そして私は1階も地下フロアも隅々まで、ゆっくりと堪能しました。詳細は別レポートを参照下さい。特に地下にはハリーポッター俳優陣のサイン入りレプリカグッズと販売終了した非売品を展示してあるので、必見ですよ♪憧れの『グリフィンドールの剣』も展示していて、ダメ元で購入して、通関チャレンジしようかとロンドンを飛び立つ日まで頭に残ったのでした。

関連記事

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(≧▽≦)ノロンドン(英国)には数々のハリーポッターショップがあります。ハリーポッターショップ巡りをするだけで1日では足りないほど(*´▽`*)そんなロンドンから皆が大好きなハリーポッターのレプ[…]

店名:The Noble Collection Covent Garden shop (ザ・ノーブル・コレクション コヴェント・ガーデン店)

ノーブルコレクションを出た時刻は16:40です。既に12月のロンドンの空は真っ暗(笑)足も疲れてきて、喉も渇いたので、ちょいと休憩したいなぁと。ハリポタのマイマップをチェックすると少し歩けば『カメリアズ ティーハウス』の文字をみつけて、行くこと決定♪

一人旅なんで、タイムスケジュールはざっくりしか決めていません。その代わり絶対に訪問したい場所、出来れば寄りたいお店などをGoogle My Mapへ全て入力してあります。食べたいフード、パンケーキ、スコーンなどはお腹が空いた時に比較的近くにある地図のお店に行くという行動スタイルでした。

大英博物館の前を通って

大英博物館(英国 ロンドン)

途中に大英博物館の前を通り、入館できれば記念にちょこっと見てトイレを借りようと考えていたけど、この日はもう閉館時間で諦めました。正面ゲートから記念に写真を撮り退散!(笑)横断歩道を渡り、大英博物館の左斜め前(南東)にあるティールームへ到着しました♪

カメリアズ ティーハウス(CAMELLIA’S TEA HOUSE)へ

店名:CAMELLIA'S TEA HOUSE(カメリアズ・ティー・ハウス)ロンドンの外観カメリアズ・ティー・ハウスに入店すると1階は小さなティールームと沢山の焼き菓子とケーキが並んでいます。キャロットケーキやミリオネア・ショートブレッドなども美味しそう!食べたい!!!って気分は盛りあがる私スイーツマン、いやパンケーキマンですが、お腹は・・・フィッシュ&チップスのおかげでまだそんなに空いていません(笑)なのでスコーンと紅茶のみにします。本当はいろんなケーキも食べたかったw

スコーン(Scones)CAMELLIA'S TEA HOUSE(カメリアズ・ティー・ハウス)英国ロンドン

と言う訳でスコーンマンに変身!(笑)ロンドン上陸5日目にして初スコーンです(^^♪あれ?もっと沢山のスコーンを食べるつもりでしたが、全然食べれていないwwwレポートはパンケーキマンblogへどうぞ!お茶もスコーンも美味しかったです。後で思い返すとカメリアズで夜食用のケーキや焼き菓子をテイクアウト(イギリスではテイクアウェイ)しとけばよかった・・・

美味しいパンケーキ&ホットケーキを食べに行こう♪パンケーキマン

こんにちは!パンケーキマンです(´▽`*)ノ今日のレポートはロンドン編です。はい、まだイギリス旅行(ハリーポッター巡り)…

ここで30分ほどゆっくり休憩した後は、しばらく夜のロンドンの散策を東方向500mほどへ楽しみました。途中で来たロンドンバスに乗り、キングスクロス駅前まで乗車♪散歩は楽しいけど足の疲れには勝てず(笑)

ロンドンバスの攻略方法 GoogleMAPかCity mapperのアプリを使えば楽勝です!

今居る場所と目的地を入れれば、京都市バスよりも複雑な路線と乗換えのロンドンバスもアプリでバス停が簡単にわかります♪しかもバスの遅延もアプリに反映されるので、本当に便利です。アプリに表示されるバス番号のロンドンバスに乗るだけ♪すっかりロンドンバスの乗り降りに自信を深めました。慣れたら何でもそうですよね。慣れるまではドキドキもんですけど(笑)ロンドン市内を縦横無尽にバスが走っているのは大変便利です。しかも本数が中心部は多く直ぐに来ますしね♪(≧▽≦)

18時過ぎに夜のキングスクロス駅に戻って来ました!

夜のキングスクロス駅(King's Cross St.)ロンドン

後はホテルに戻るだけなので、頼まれていたハリポタグッズと自分の土産を買うためにキングクロス駅のハリーポッターショップに立ち寄り、ついでなので夜の駅構内も楽しんできた!

夜のキングスクロス駅(King's Cross St.)ロンドン

この旅行で3回目のキングスクロス駅です(笑)夜は夜で雰囲気が違った美しさのプラットフォームとドーム天井です。美しい♪ホームにはAZUMAや他の形式の列車も停車中です。

夜のキングスクロス駅前の広場で

キングスクロス駅前の広場に出てくると路上ライブをしているグループがいました。また朝は何も無かった場所に沢山のお店が出店していて、青空マーケットが出来ています♪美味しそうな手作りパン屋さん焼き菓子パイ屋さんお菓子総菜を売っているお店など沢山の食べ物を売っている夜店が並んでいます。これを見てテンション上がるパンケーキマン(笑)まだお腹も空きませんが、先ほどのスコーンと紅茶で更に脹れた感じですが(笑)夜に絶対にお腹が空きます。間違いなく・・・私の身体は(笑)

知ってますか?ロンドンにはナイトバスが走っている♪

お腹が空きそうな21時位にロンドンバスのナイトバスに乗って、少し離れたパンケーキ屋さんに食べに行こうか悩んでいます。が疲れた身体でホテルへ帰ればもう外出したくなくなる可能性もあるので・・・とりあえず夜店で大きな食事系パイとヌガーを2種類を購入してホテルへ♪

キングスクロス駅から徒歩3分ほどでホテルに帰れるのは便利!

学校の学生寮のようなホテル『ALHAMABRA HOTEL(アルハンブラ ホテル)』

19時頃ホテルの玄関のベルを鳴らしてドアを開けてもらい、カウンターで部屋のキーを貰います。明日の朝食をホテルで食べるなら、何時~何時までに地下1階のダイニングフロアへ来るようにとイギリス英語で説明してくださったのを何とか聞き取り、自分の部屋へ移動します。部屋に入ると大きなキャリーケースが隅に置かれていました。いや~助かります。このホテルはエレベーターが無いので(笑)しかも私の部屋は4階www

結局、シャワーを浴びてベッドにゴロンとして休憩しているうちに、夕食を食べに出かけるのは止めました(笑)疲れたしね、部屋は暖かいし、ベッドの上は気持ちいいしでwノートパソコンの行きたいとこリストと睨めっこして明日の予定を考えたり、撮影した写真を整理したりして。翌朝にパンケーキを食べに行こうかと悩むも朝食はホテルのサービスで付いてくるので、折角なのでホテルで食べることにします。

窓を開けると12月の夜はめっちゃ寒いです。景色はロンドンらしい建物が目の前に並んでいるのが素敵です。良いですね♪何かロンドンの学校の寮に入っている気分になれました。もはや私は映画ハリーポッターの生徒の気分です。明日11時発のホグワーツ特急に乗るためにキングスクロス駅前の宿に前泊している感覚で(笑)窓から顔を出せばセントパンクラス駅が見えるのですからヾ(≧▽≦)ノ

夜食にパイを食べると・・・

夜も21時を過ぎた頃にはお腹も減ってきたので、マーケットで買ったパイを食べることに♪大きなパリパリ、サクサク生地のパイの中に食事系の具材が入っています。シンプルな味付けですが美味しいです。激ウマ!ってレベルではありませんが、普通に食事として食べたい素朴な美味しさ(笑)

ここでハプニング発生!パイが思いのほか柔らかい生地で、かじった部分が一部崩壊して、床一面にパイ生地が雪が降ったかのように散乱・・・( ̄д ̄)やってしまった。ちょっと手で集めて綺麗になるレベルではありません。ちなみに床は糸くず一つ落ちていない綺麗な絨毯でして・・・ホテルのスタッフに申し訳ない気持ちいっぱいです。悩んだ結果、大きな塊は自分でせっせと集めて処分して、掃除機が無いと無理なスノーパウダー改めパイパウダーはスタッフに任せることに。

ロンドンのパイは崩れやすいので注意!

でも気持ちだけメッセージとチップを置いとくことにしました。手持ちの忍びの地図のメモ帳に英語で『パイを落として床を汚しちゃった。ごめんね』とチップに2£(英ポンド)コインを添えて(。-人-。)

ちなみにヌガーは三本の箒の糖蜜タルトっぽいネチョーとした食感でイギリスと魔法界を感じれました(笑)

以上でロンドン5日目のレポート(完)です♪

この続きはロンドン6日目のレポートを待ってね♪

PR
セントパンクラス(St Pancras station)
最新情報をチェックしよう!

イギリス(ロンドン)旅行の最新記事8件