BAの機内安全ビデオにはフリット・ウィック先生が登場!

関西国際空港からロンドンへの旅立ちはブリティッシュ・エアウェイズ直行便で♪機内モニターにフリット・ウィック先生が登場!

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(´▽`*)ノ
コロナ禍が治まらない日がまだまだ続く日本の毎日です。旅行へ出かけたり遊びに出かけることに飢えています(笑)きっと皆さんも同じかと思います。

そこで凄く楽しかったロンドン旅行『ワーナーブラザース・ハリーポッター・スタジオツアーへ行こう♪夢の計画♪その名もGo to London Back to Hogwartsプロジェクト始動!』日本から出発する時点から旅行レポート気分で書いていこうと思います♪ロンドンのハリーポッタースタジオツアー映画ロケ地グッズショップを見たい方は←をクリックして姿くらましをお願いします。

この『魔法界ドットコム』はハリーポッターとファンタスティックビーストをメインテーマにした内容のみを取り上げてきましたので、少しテーマからは逸れます(笑)

読んで少しでも海外旅行気分を楽しんで貰えればと思います!

この記事ではほぼハリーポッターも魔法界の話も出てきません(笑)日本→イギリスへの飛行機の旅の内容ですので、あしからず♪途中にフリット・ウィック先生のネタは登場しますよ♪

ロンドン『Go to London Back to Hogwartsプロジェクト』旅行レポート

目次
PR

関西国際空港からロンドンへの旅立ち編♪

関西空港へは空港特急ラピートで移動魔法使いパンケーキマンの初海外旅行!目的地はイギリスのロンドン!ということで、時は日本時間の2019年12月7日土曜日の朝9時です。隠れ家を早朝に出発して、9時に関空へ到着しました。国際線の搭乗が初めてなので、余裕を持って関西国際空港へやって来ました(笑)関西空港へは空港特急ラピートで移動してきました♪快適な車内空間でした♪シートの座り心地も良いし、キャリーケースはラゲッジスペースに置いて鍵もかけられるし、海外に行く時はラピートに乗って関空へ行ってみたかった願望も本日実現しました♪

関西空港駅を降りた場所にある電光掲示板『国際線航空会社 ご利用案内』

『国際線航空会社 ご利用案内』

私が乗る飛行機は『British Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)』です。関西空港駅を降りた場所にある案内モニター『国際線航空会社 ご利用案内』を見るとブリティッシュ・エアウェイズは南ターミナルであることがわかります。

関西国際空港 第1ターミナル 4F 国際線出発ロビーへ行く前にトイレを済ましました。手を洗う時に手と指が乾燥して、カサカサなこと気づき空港内のドラッグストアで、ソフトニベアを購入しました。これがロンドンへ着いてから買っといてよかったと思い知ることになります。ロンドンは日本の数倍(私の感覚的に)空気が乾燥していますwwwニベア無しならきっと、指のササクレや関節の肌荒れ部から出血人間になっていかも(笑)

関空で日本円と£(イギリスのポンド)に交換しました。イギリスでカードが使えない場合に備えて、2万円分ほどを外貨両替所で交換しました。関空の両替所ではお札にしか交換できないこともココで初めて知りましたw関空なら日本語で両替できるので、安心を買う意味でも良かったです。

そして4階のブリティッシュ・エアウェイズのカウンターへ

British Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)のカウンターは入口が3つに分かれています。

Britishi Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)のカウンター
  1. Clob World会員向け
  2. Bag Drop客向け
  3. World Traveller客向け

私はスマートフォンXperiaのBAアプリでオンラインチェックイン済みなので、Bag Dropへ並びました。数人待ちです。ちなみにチェックインをカウンターでする一般客はWorld Travellerへ並ぶのですが、結構な行列です(^▽^;)

BAアプリのオンラインチェックインをすると航空券もスマホの画面(QRコード)になります。万が一を考えてスマホも予備に1台持参して、かつ紙にも印刷しています。いざとなればノートPCでもQRコードをかざせるので、4段の安全対策をして(よっぽど不安なのか!←)何せ道中はほぼ一人旅です。しかも英語も片言でしか話せない私ですので(笑)

荷物(大きなキャリーケース)をBag Dropカウンターで預ける

Britishi Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)のカウンター

預ける荷物は大きな100リットル超(105L/115Lへ拡張可能)スーツケースを1個だけです。実はこの中に70Lクラス少し小さなスーツケースも入っています。俗にいうキャリーinキャリーです♪何せ持って行く荷物も多いです。クリスマスディナーで仮装するダンブルドアのコスプレ衣装や杖、ウィッグ類も入っています。これが一番カサを取っています。そして帰りには沢山のハリーポッターグッズとお土産を購入していることも想定しています。

航空会社によって違うのですが、ブリティッシュ・エアウェイズでは預け荷物が2個まで、機内手荷物もサイズと重量、持ち込める物品に制限があります。預け入れ荷物はブリティッシュ・エアウェイズの関空~ロンドン便では大きなキャリーケースを2個まで対応しています。

ノートパソコンを機内に持ち込むため、パソコンメーカーのVAIO社からSDSも取り寄せて印刷し持参しました。機内へ持ち込むバッテリー容量を証明するためです。パソコンによっては本体底面などにシールで明示されていれば不要ですが、私のVAIO君は何も表示がありませんでしたので。

話は脱線しましたが、荷物を預けるのもスマホで航空券のQRコードをかざして、グランドスタッフへパスポートを見せるだけで、すんなりと終わりました。

次は出国手続きです。セキュリティチェックですが、手荷物の鞄に入れたノートPCを鞄から取り出して、別トレーへのせてスキャンを受けます。自分自身もボティスキャナーを通過して、難なくクリアーです。心配していたVAIOのバッテリー容量のチェックはセキュリティチェックでも、チェックインカウンターでもありませんでした。。。ん?全然ノーチェックなのか?(笑)

出国手続きが終われば、免税エリアで搭乗時間までノンビリ過ごすだけです。現在10:15分です。出発は11:10なので、10:40までに搭乗カウンターへ行けば十分なので、免税エリアをブラブラしていました。

ここで悩んだのが、免税エリアにユニクロがあるのですが、スウェットを購入して、チノパンから履き替えるかどうか。飛行機に約13時間も乗っています。楽な姿のほうがいいですよね!しかし、口コミなどにはあまりにもフォーマルでない服装はNGと読み、結局チノパンのまま乗りました(笑)が、他の乗客、特に常連そうな人ほど、リラックスできる服装の方が多かったです。パジャマに見えないスウェットを購入して着替えたらよかったなと後で感じましたwww

PR

私の搭乗時点での服装とパスポートケース

USJハリーポッターグッズのホグワーツのパーカーと魔法薬学の教科書デザインのパスポートケース

USJハリーポッターエリアで購入のホグワーツのパーカーと魔法薬学の教科書デザインのパスポートケース♪パスポートケースを提出した相手の方の反応を見るのも楽しみでコレにしました(笑)反応してくれれば相手は間違いなくハリーポッターファンですよね!記念にBAの飛行機の前で撮影した写真(笑)なんて遊んでいると、搭乗案内が始まり、優先番号順に搭乗受付が進んで行きます。チケットには優先順位を示すアルファベットが印字してあります。スマホならチケット画面に表示しています。

座席はエコノミー席の最後部を有料(追加料金)で指定予約

座席はエコノミー席の最後部を有料料金で指定予約

この便のエコノミー席窓側は3列シートです。最後尾だけ2席になるシートレイアウト。私はこの最後尾のエコノミー席の座席指定を事前にしていました。もちろん有料です。が往路便は空いているのが事前に分かったので座席指定料金 約9000円で2席分を独り占めできました。座席にはブランケット、イヤホンなどがあります。空席の隣の分も何故か置いてありましたw

エコノミー席最後列を独占するメリット

エコノミー席最後列を独占するメリット

この席を独占するメリットは窓側と座席の間にスペースがあり1人が立てるほどの空間があります。そのスペースに鞄を置いたり、足を伸ばしたり出来るのです!時には立ってちゅっとした屈伸など身体をほぐすことも出来ます(((o(*゚▽゚*)o)))

11:30 関空から、いざ出発!テイクオフ!

地元の関空から、いざ出発!

ここで安全の動画が流れます。

BAの機内安全動画にはフリット・ウィック先生が登場!

BAの機内安全ビデオにはフリット・ウィック先生が登場!

キタ――(゚∀゚)――!!ハリーポッターのフリット・ウィック先生役のワーウィック・デイヴィス氏とダンブルドア校長!じゃなくてガンダルフ役のイアン・マッケラン氏など豪華なイギリス俳優陣が登場する機内安全ビデオです。機内でフリット・ウィック先生が見られるなんて感動です。いやこれが見たくてブリティッシュ・エアウェイズを選択したので事前に知ってたわけですが(笑)ちなみに本レポートではハリポタネタが登場するのはココだけです(笑)

関空から飛び立ち直ぐに左旋回したので、関空が見えます

11:30位に関空から飛び立ち直ぐに左旋回したので、関空が見えます。飛行機に乗るまでは、スタッフが日本人ばかりなので、緊張もあまりしませんでしたが、機内には日本人のスタッフが一人だけなので、だんだんと緊張が高まっていきますw本当に英語を話せずにロンドン旅が出来るのか?という不安で(笑)到着した日はハリポタ仲間と合流できる安心感だけが心の支え(笑)

窓の外は淡路島と明石海峡大橋を眺める

窓の外は左から淡路島と明石海峡大橋、海洲浴場や公園がある須磨エリアを眺めます。

飛行機から神戸ポートアイランドと六甲アイランドを眺める

見慣れた日本の街並みですよね♪左に突き出したのは神戸空港です。神戸ポートアイランドと六甲アイランドを過ぎてます。すぐに淀川を越えたらスグに雲上へ。

綺麗な雲上の景色

サヨナラ日本!と心で呟きながら綺麗な雲上の景色を楽しみます。なんでしょうね飛行機に乗るだけなら、東京など国内線にはこれまで幾度となく関空から離陸して同じような空の景色を眺めていますが、今回ばかりは同じ景色が違って見えました♪とてつもない大冒険の始まりの予感!?(≧▽≦)

12時過ぎにドリンクサービス♪プレッツェルとアップルジュース

ドリンクサービス♪プレッツェルとアップルジュース

13:30 飛び立ってから約2時間が過ぎ、雲の切れ間から大陸が見えます。

13:30 飛び立ってから約2時間が過ぎ大陸が見える

ロシアのウラジオストックの北辺りですかね?

ロシア『ハバロフスク』あたりの景色

地表に見えるのは積雪ですよね。12月やし。

自席のモニターで飛行経路を見ると『ハバロフスク』

自席のモニターで飛行経路を見ると『ハバロフスク』でした。ここからはずっとずっとずっとロシア上空を飛びます(笑)日本からイギリスへ行くにはロシア上空を通過するのが最短距離なんですって!知ってました?そこの奥さん?(笑)私は知りませんで。知ったのはロンドン旅の旅程を考えている時にGoogle Earthで遊びに関空~ヒースロー空港の移動距離を計測したら、ロシア上空が最短距離で表示された時です。そう普段目にする地図と違って地球は球体であることを改めて感じたw

日本時間13:30BAエコノミーのランチタイム!

明るい空の上を見ながらランチ

そしてランチタイムです。日本時間で13:30ですが、ロンドン時間なら朝5:30なので、モーニングタイムとも言えます(笑)パンケーキマン的には窓の外が明るいからランチタイムの気分です。ブリティッシュ・エアウェイズではランチを3種類から選べました。選んだメニュー名を忘れましたが、確かビーフを選んだら写真の食事が来ました。

日本時間13:30BAエコノミーのランチタイム!

苺のムースケーキ、抹茶あずきケーキ、クラッカー、ロールパン、ポテトサラダ的なあえ物サラダ、メインディッシュです。味は普通に美味しいです。全然いけます。抹茶あずきケーキの登場には少し笑いました。これ日本人以外は食べられるのか?と素朴な疑問を抱きながら、完食♪ご馳走様でした。

日本時間15:40 太陽が地平線の向こうへ落ちていこうとします。

日本時間15:40 太陽が地平線の向こうへ落ちていこうとします。

窓際の座席を確保して良かったと感じたのが美しい光景を好きなだけ眺められたから♪日本からイギリスへ向かうロシア上空は窓の外の景色がファンタスティックです!この景色が見れるだけで魔法使いパンケーキマンには素敵なアトラクションでした♪(≧▽≦)

日本時間16:40 地面は真っ暗、地平線は夕焼け、空は昼と夜の境目という光景が続きます。

日本時間16:40 地面は真っ暗、地平線は夕焼け、空は昼と夜の境目という光景が続きます。

美しい♪パンケーキマンはマジックアワーの時間帯が大好きなので、この光景は何時間でも見続けられます。めっちゃ幸せな時間でした。地球と宇宙の自然がいかに美しいかを感じる瞬間の1つがマジックアワーの光景だなと再確認。

ロシア上空の美しい宇宙と地平線と漆黒の闇の地上

18:40 小腹が空いたのでカップヌードル!

18:40 小腹が空いたのでカップヌードル!

機内後方のデッキにはカップヌードルやドリンクが自由にセルフで頂けます。味はいつも食べなれているヤツです。しかも謎肉増量↑日常の味を食べるとテンションも少し落ち着きました(笑)

日本時間19:30(ロンドン時間10:30)の景色

日本時間19:30(ロンドン時間10:30)の景色

日本時間19:30(ロンドン時間10:30)になると今度は朝焼けのような光景に変化します。空が徐々に明るくなってきて、これも美しいですね。地上は氷の大陸が見えます。自分の人生で、氷の大陸を見る日が来るとは予想していないので、またテンションが上がっていますw(注 氷の大陸は一面雪面の地表を見た私の表現ですw)

日本時間21:40頃の景色

日本時間21:40頃の景色

日本を離陸して約10時間が経過しました。大分と明るくなりました。しばらく雲の上を飛んでいます。白と青のバランスが美しいです♪

日本時間22:20(ロンドン時間3:20)夕食というか朝食が始まりました。

日本時間22:20(ロンドン時間3:20)夕食というか朝食が始まりました。

しばらく食べれなくなるからと日本食のご飯を選択したのですが、飛行機ではブレックファストを食べたかったことを後から思い出して後悔wwwこれはジャパニーズチキンを選択した食事です。味付けが独特で普通に食べれましたが次は選択しないかなぁと(笑)日本を出発したばかりで、わざわざ日本食を選ぶのは無いわwww

日本時間23:00 モニターを見ると既にイギリス上空です!

日本時間23:00 雲が斑模様にモニターを見ると既にイギリス上空です!

出発して11時間と30分が経過して飛行機は既にブリテン島つまりイギリス上空を飛行中!

間もなくイギリス ロンドン上空へ

日本時間23:10 イギリス(ロンドン)の街が見えてきた!

日本時間23:10 イギリスの街が見えてきた!

徐々にロンドンの街並みが眼下に広がってきました。もうテンションがあがりまくっています。飛行機の高度が下がり雲の下を飛行になると低空には雲が無く綺麗なロンドンの街が広がっていました。

ロンドンの街並み ヒースロー空港の近く

着陸が近づき地上もどんどん近くなってきて家や建物の形が鮮明に!ロンドンに来たこと感じさせます。素敵すぎる美しい!ビューティフォーな建物、川、緑!この光景を見るとまたテンションがガンガン上がります。そして緊張も増してきました(笑)友人との待ち合わせしているロンドン市内までは初海外旅行で待ち合わせ場所までの移動は一人で行かなければならないので(^▽^;)

日本時間23:30(ロンドン時間14:30)ロンドン ヒースロー空港へ着陸♪

日本時間23:30(ロンドン時間14:30)ロンドン ヒースロー空港へ着陸♪

イギリスの入国審査を受けるのですが日本のパスポートは自動化ゲート(e-Gates)を利用できます。自動化ゲートの読み取り画面にパスポートを置くだけです。楽ちん!デメリットは入国スタンプを押して貰えないことです。メリットは審査官との英会話が不要なことと入国審査待ちに長時間並ぶ必要もありません♪ということで5分もかからずにアッサリと入国手続きが完了しました。飛行機を降りてから一言も英語を話していません(笑)カンの鋭い方はお気づきかと思いますが、入国審査官に会わないというコースなので『スネイプ先生の魔法薬学の教科書パスポートケース』が役に立たない=審査官の反応を見れない!という楽しみがありませんでした・・・ちゃんちゃん(/ω\)(笑)

預け荷物を受け取りにベルトコンベアーの前で待ちます。しばらくすると私のキャリーケースも流れてきました。私より前で待っている方の数人が私のキャリーケースを見ながら、笑っています。実はキャリーケースに目印を貼っておりまして、ええ他人のキャリーケースとの間違い防止対策の目印として表に忍びの地図のカラーコピーして透明カバーをして、裏面にもMINALIMAのショッパーを透明カバーに貼り付けておりましたのでありまする(笑)笑ってくれている方は『忍びの地図』を見てニヤニヤとしていた♪してやったりと私も笑いながらキャリーを持ち上げましたとさ(´▽`*)

ブリティッシュ・エアウェイズのエコノミー席の感想

ブリティッシュ・エアウェイズのエコノミー席の感想

  • エコノミーは思ったよりも快適!足下も広く、最後列も倒せました。
  • ブリティッシュ・エアウェイズでは鉄の箱はある席と無い席があるので、無い席は足元スペースが広いです。
  • 搭乗した機材はUSBはあるもコンセントは無かったです。しかしUSBは全体充電されない(笑)アイコンは充電中なのだが、むしろ40分かけて1%減ってるしwwwwww
  • 座席の横幅は狭いです。パンケーキマンの体格なら横に同じような体型のひとが来るとちょっときついかも。肩をめっちゃせぼめないと。。隣が居なければ快適です。

関西国際空港を11:30に離陸して、ロンドンヒースロー空港に23:30に着陸しましたので、約12時間を機上で過ごしました。

ブリティッシュ・エアウェイズ直行便で約12時間の旅でした。いかがですか?旅気分を味わってもらえましたでしょうか?(≧▽≦)この記事を書いて写真を見ていると今すぐにでもロンドンへ飛び立ちたく、いえ『姿くらまし』したくなりました。(´▽`*)この続きはまた今度ね♪

つづきは👇

ロンドン1日目はトラブルだらけ!ヒースロー空港~ロンドン市内、楽しいハリーポッターショップ巡り、初ロンドンタクシー乗車体験、ウィンター・ワンダーランドは断念して、ワトフォードジャンクション駅のホテルまで(イギリスほぼ一人旅)

関連記事

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(´▽`*)ノコロナ禍が治まらない日がまだまだ続く日本の毎日です。旅行へ出かけたり遊びに出かけることに飢えています(笑)きっと皆さんも同じかと思います。そこで凄く楽しかったロンドン旅行『ワー[…]

『バッキンガム宮殿』もタクシーから見れた

note.comで活動に対して『サポート』下さる方はこちらからお願いします。

『サポート(投げ銭)』

<アフィリエイト支援>下記リンクから購入頂くと当サイトの活動費になります。
Amazon 楽天市場
ご支援下さると、より一層楽しい記事を書いてお楽しみ頂けるように頑張ります♪

PR
BAの機内安全ビデオにはフリット・ウィック先生が登場!
最新情報をチェックしよう!

イギリス(ロンドン)旅行の最新記事8件