Harry Potter Exhibition poster ハリー・ポッター展 ポスター

新ハリー・ポッター展(New Harry Potter The Exhibition)2022年2月18日~世界ツアー開始 1回目はアメリカ ペンシルバニアで開催 2回目はオーストリア ウィーン ファンタビや呪いの子、原作ハリポタも含む♪

こんにちは!魔法使いパンケーキマンです(≧▽≦)ノ

全く新しいハリー・ポッター展(New Harry Potter The Exhibition)が2022年初頭にアメリカ フランクリン・インスティテュート科学博物館で開催!そして世界巡業へ

新ハリー・ポッター展(Harry Potter The Exhibition)とは

新ハリー・ポッター展(New Harry Potter Exhibition)
画像はイメージです

ハリー・ポッターエキシビション(ハリー・ポッター展)が完全にリニューアルして2022年2月18日から世界ツアーを開催します。ハリー・ポッターだけではなくファンタスティック・ビーストなど他のウィザーディングワールドも含めて展示内容に拡張し、さらに魔法界を没入型体験ができる内容になるとのことです。

展示開催スペースは929~1858平方メートル
(参考:2013年開催のハリー・ポッター展(東京)では1400平方メートル)

展示内容

Harry Potter Exhibition poster ハリー・ポッター展 ポスター

ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストに関係する本物の小道具(PROP)、本物の衣装、小物、製作物関連、没入体験(VR?AR?)アトラクションが予想されますが、最新の発表内容は次の通りです。2021年7月時点

新しいハリー・ポッター展は最新の革新的な没入型デザインとテクノロジーが採用されています。「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」の映画と物語、そして「ハリー・ポッターと呪いの子」を含む拡大されたウィザーディング・ワールドを、映画と物語に登場する象徴的な瞬間、キャラクター、設定、ビーストに敬意を表して、美しく作られた環境を通して祝います。来場者は、「ハリー・ポッター」や「ファンタスティック・ビースト」の映画に登場する本物の小道具やオリジナルの衣装を間近で見ることができ、これまでの巡回展では経験したことのないような、革新的で畏敬の念を抱かせる魔法のような環境やインスタレーションに触れることができます。ハリー・ポッター展」は、新しいファンも熱心なウィザーディング・ワールドのファンも魅了する、ユニークで包括的なツアー体験を提供します。
ハリー・ポッター展(New Harry Potter The Exhibition)

展示対象の作品:全てのウィザーディング・ワールド作品

  1. 原作小説ハリー・ポッター 7巻
  2. 映画ハリー・ポッターシリーズ 8作品
  3. 舞台 演劇 ハリー・ポッターと呪いの子
  4. 映画ファンタスティック・ビースト 5作品のうち公開済みの2作品

チケット価格 日中チケット、夜間チケット

日中チケット(Daytime)大人 43ドル

ハリー・ポッター展と科学博物館の入場料を含みます。博物館は17時で閉館します。

夜間チケット(Evening)大人 30ドル

ハリー・ポッター展のみの入場料です。入場は17時〜18時30分まで、ハリー・ポッター展は20時閉店

VIP[Anytime] 大人 59ドル

An immediate-access pass, exclusive exhibition lanyard, and a discount on an audio tour and photo op.
*Valid for any timeslot on the date indicated at the time of purchase.
イムディエイト・アクセス・パス、展覧会限定ストラップ、オーディオ・ツアーとフォト・オップの割引など。
*ご購入時に指定された日付のどの時間枠でも入場可能。

チケットは2021年11月3日まで先行招待者のみに販売しています。一般販売は早くても11月4日以降の見込みです。

一般発売が始まりました♪

新ハリー・ポッター展(Harry Potter The Exhibition)THE FRANKLIN INSTITUTEハリー・ポッター展(Harry Potter The Exhibition)のチケットはメール(Mail)で送られるPDF形式のオンラインチケットです。このチケットを紙に印刷して持参するか、スマホなどモバイル端末で提示して入場する形式です。
チケットのデザインはTHE FRANKLIN INSTITUTE(フランクリン研究所)の共通デザインです。

開催場所(巡業地域)フィラデルフィア

The Franklin Institute in Philadelphia, Pennsylvania, USA

第一回目の開催場所:アメリカ ペンシルバニア州フィラデルフィア フランクリン インスティテュート 科学博物館

記念すべき初回開催地でワールド・プレミア開催が決定!

北米を中心に中南米、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、中東、アフリカ等の世界の複数地域(2021年7月時点ではツアー場所や順番など詳細不明)2021年中に発表予定

第二回目の開催場所:オーストリア ウィーン

ハリー・ポッター展の開催期間、チケット発売日&価格など詳細は今後発表されます。(2022年6月24日時点)

地図(MAP)The Franklin Institute in Philadelphia, Pennsylvania

住所:The Franklin Institute 222 North 20th Street Philadelphia, PA 19103
〒19103 アメリカ合衆国 ペンシルバニア州 ノーストゥウェンティーストリート フランクリン インスティテュート222番地(最近はペンシルベニア州 表記が主流に変わってきています)

開催時期 2022年2月18日(金)〜9月18日

World Premiere Opening Early 2022

2022年2月18日(金)~9月18日 第1回ハリー・ポッター展を開始決定
その後、ラテンアメリカ、アジア太平洋地域(APAC)、ヨーロッパ中東アフリカ(EMEA)を世界巡回する予定です。

企画運営会社

Imagine Exhibitions

  • ワーナー・ブラザース・テーマ・エンターテイメント(Warner Bros. Consumer Themed Entertainment)
    ワーナー・ブラザース・テーマ・エンターテイメント(WBTE)は、ワーナー・メディア・グローバル・ブランド&エクスペリエンスの一部であり、以下の分野で世界をリードしています。ワーナー・ブラザース・テーマド・エンターテイメント(WBTE)は、ワーナー・メディアのアイコニックなキャラクターやストーリー、ブランドをベースにしたロケーションベースのエンターテイメント、ライブイベント、展示物、テーマパーク体験の創造、開発、ライセンス供与を行う世界的なリーダーです。ワーナーメディアの象徴的なキャラクター、ストーリー、ブランドをベースにしたロケーションベースのエンターテインメント、ライブイベント、展示物、テーマパーク体験の創造、開発、ライセンスを行う世界的なリーダーです。WBTEは、以下のような画期的なグローバルロケーションの拠点となっています。「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」、「ワーナー・ブラザース・ワールド・アブダビ」、「WBムービー・ワールド・オーストラリア」などの画期的な世界的拠点があります。その他にも、DC、ルーニー・テューンズ、スクービー、ゲーム・オブ・スローンズ、フレンズなどにインスパイアされた数多くの体験を提供しています。ベストインクラスのパートナーと共に、WBTEは、トップクラスのパートナーと協力して、世界中のファンがお気に入りのブランドやフランチャイズの世界に身を置くことを可能にしています。
  • イマジン・エキシビション(ImagineExhibitions)
    物語主導の没入型劇場デザインの世界的リーダーであるImagineExhibitions、Incは世界中の美術館、ブランド、会場、統合型リゾート向けに洗練された高品質の体験を生み出しています。構想から運用まで、Imagineの業界パイオニアのチームは、没入型デザイン、認識、エンターテインメントの分野での数十年の成功を利用して、記憶に残る、考えさせられる環境を一貫して作成および実装します。
  • EMC プレゼンツ(EMC Presents)
    EMC Presentsは、チケットサービスとライブエンターテインメントの主要な国際プロバイダーの1つであるCTS Eventimと、受賞歴のあるツアープロモーター兼プロデューサーのMichael Cohlとのパートナーシップであり、プロモーターと会場の最も強力なグローバルネットワークの1つを作成しています。
  • フランクリン インスティテュート(The Franklin Institute)
    フィラデルフィアの中心部に位置するフランクリン・インスティテュートは、科学技術学習の分野で革新的なリーダーとして知られています。フランクリン・インスティテュートは、科学技術学習の分野で革新的なリーダーとして知られ、ダイナミックな活動の中心地でもあります。ペンシルバニア州で最も訪問者数の多い博物館として、以下の活動を行っています。
    フランクリン・インスティテュートは、ペンシルバニア州で最も訪問者数の多い博物館であり、体験型の科学教育を提供することで、科学を学ぶことへの情熱を生み出しています。

概要

新ハリー・ポッター展(New Harry Potter Exhibition)新ハリー・ポッター展の詳細は2021年2月時点まだ未発表です。今後のワーナー・ブラザース社とイマジンエキシビション社の発表を待ちましょう♪期待したいのはワーナー・ブラザース・コンシューマー・プロダクツ社のグローバルテーマ・エンターテインメント担当『ピーター・ヴァン・ローデン』の言葉です。

「このプロジェクトに携わるすべての人は、巧みに作成された新しく革新的なWizardingWorld体験を世界中のファンに提供することに取り組んでいます。」

これはとても期待したい内容ですね!もしかすると2023年開業予定のハリー・ポッター スタジオツアー東京にも何か影響を与える可能性もあるかもしれませんね!?また没入体験という部分にも期待したいです。VR(ヴァーチャルリアリティ)やAV(拡張現実)のアトラクションでウィザーディングワールド(ハリー・ポッターやファンタビ)の魔法界を体験できるのかも!?と期待が膨らみます!

新情報が公開次第、追記します。2021年7月開催地域など公開されました。

展示&体験 内容詳細:ハリー・ポッター展(アメリカ)

2022年2月17日 ワールドプレミア(開館)前日にハリー・ポッター展(Harry Potter The Exhibition)の展示内容と体験内容が公開されました!

ホグワーツ大広間、ホグワーツ城、ハグリッドの小屋、ホグワーツの家、ニュートのスーツケースなど、21の見物スポットがあります。ゲストは、象徴的なキングスクロス駅から展示会に入ります。あなたが所属するホグワーツ魔法魔術学校の寮、杖、パトローナス(守護霊)を選択して、あなたのプロフィールを完成させ、体験を通してな旅に出られます♪

参加者はRFIDリストバンドを使用してインタラクションがキャプチャされ、あなたのプロファイルにリンクされた独自の体験が可能です。映画ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストから本物の小道具とオリジナルの衣装を間近で見て、過去のハリー・ポッター関連の展示会では、これまで経験したことのない魔法体験が可能です。

Harry Potter™: The Exhibition
Harry Potter™: The Exhibition makes its world premiere at Philadelphia’s Franklin Institute on February 18, 2022. The all-new behind-the-scenes exhibition celebrates the iconic moments, characters, settings, and beasts as seen in the films and stories of Harry Potter, Fantastic Beasts™, and the expanded Wizarding World, including Harry Potter and the Cursed Child. Photo provided by Harry Potter™: The Exhibition

原作小説から映画まで

グリンゴッツ魔法銀行に着想を得た金庫室に収められた「ハリー・ポッターと賢者の石」のオリジナルの初版本が展示され、感動的なビデオと文学の引用が展示に参加者が展示に触れることで物語を再び思い出します。

ホグワーツ城

Whomping Willow(暴れ柳)Dementors(ディメンター)Marauder’s Map(忍びの地図)などの象徴的な要素を備えた没入型マルチメディア体験が出来ます。参加者は自分の名前が表示され、展示の探索を続けるよう促されます。

ホグワーツ大広間

プロジェクションマッピングされた場所です。来場者はその雄大な敷地で季節の不思議な瞬間を祝うことができます。

ホグワーツ魔法魔術学校の寮ギャラリー

事前登録時で選択した寮で、よりパーソナルな時間を過ごすことができます。ハリー・ポッター展での体験のメインアトラクションです。このギャラリーではホグワーツの象徴である『組分け帽子』が置かれた記念ホールで、4つ寮を体験することができ、写真撮影に最適です。

ホグワーツ魔法魔術学校の教室での体験

教室には象徴的な小道具、生き物、衣装がたくさんあります。デジタル・タッチスクリーンで魔法の授業やゲームに参加すると、教室での象徴的な出来事の舞台裏の秘密を知ることができます。

  1. 魔法薬学の教室では魔法薬を作成
  2. 占い学では未来を予測します
  3. 薬草学の温室ではマンドレイクを栽培
  4. 闇の魔術に対する防衛術ではデジタル杖を使ってボガートを倒すことができる

ハグリッドの小屋と禁じられた森

『ハグリッドの小屋』『禁じられた森』は、インタラクティブなパトロナスチャーム(守護霊)体験が出来ます。ゲストは森に隠されたケンタウロスやアクロマンチュラなどの象徴的な魔法生物を発見し、再現された『ハグリッドの小屋』の中を探索できます!

ニュートのスーツケースの写真撮影スポット

ニュートのスーツケースの写真撮影が出来ます。参加者は彼の魅惑的なケースの中に足を踏み入れ、映画ファンタスティック・ビーストで見られる魔法動物に囲まれて写真撮影が可能です。

ハリー・ポッター展 限定グッズ販売

ハリー・ポッター展の限定コレクション:展示会専用グッズが販売されます。ウィザーディング・ワールドのテーマ別コレクションの数々が揃います。参加者のファン心をくすぐることでしょう。アパレル、ジュエリー、蛙チョコレートやバタービールなど食べられるお菓子、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの全作品でグラフィックデザインを担当したミナリマ(MINALIMA)による貴重なコレクターズ アートなど、さまざまな商品が揃います。

MinaLima ハリー・ポッター展 アートプリント2種類 登場!

  1. 開催地フィラデルフィア・プリント
  2. ハリー・ポッター展記念アートプリント

MinaLima(ミナリマ)はからハリー・ポッター展専用の2つの限定アートプリントを数量限定で販売されます。そのうちの1つは、フランクリン研究所のイメージによって固定された開催都市であるフィラデルフィアに敬意を表しています。スタジオミナリマの創設者ミラフォラ・ミナとエドゥアルド・リマによって手書きされた500枚のプレミアムプリントの限定版であるこのフィラデルフィアプリントは、展示会記念アートプリントと組み合わせて展示することを目的としています。下記の引用RTにプリントの一部が♪

公式サイト harrypotterexhibition.com 更新♪

ハリー・ポッター展(New Harry Potter The Exhibition)

Harry Potter THE EXHIBITION の公式サイトが更新し公開されました!

チケットや最新ニュースをメール登録すれば受信できます。

SNS用の公式ハッシュタグ(Tag)#HarryPotterExhibition

フランクリン インスティテュート 科学博物館の開催内容では

  • 見学&体験時間 約60分~90分(見込)
  • カメラ撮影可(コンデジ&スマホ)、プロ仕様(レンズ交換式)は使用不可、ビデオ動画撮影は不可、フラッシュ不可
  • 展示会場内は飲食不可、可能な場所を別途設置
  • ハリポタ&ファンタビ グッズ ショップ有(限定品もあり)

(参考)過去2013年のハリー・ポッター展(東京/六本木)森美術館

過去のハリー・ポッター展はUSJ ハリー・ポッター エリアが開業する前年2013年に東京の六本木ヒルズの森美術館で開催されました。開催期間は6月~9月までの約4カ月間で、映画ハリー・ポッターに登場する小道具、大道具、衣装の本物(PROP)やレプリカなど数百点が展示され、内容はさながらミニハリー・ポッター スタジオツアーでした。ロンドンのハリー・ポッター スタジオツアーの出張バージョンとして小規模にした内容でした。私も訪問しましたが、残念ながら一般ゲストは展示会場内はカメラ撮影禁止だったため、展示物の写真はありません。展示エリア外に小規模なハリポタ グッズ ショップも出店していてノーブル コレクションや他ブランドのグッズを販売していました。

ハリー・ポッター スタジオツアー東京 2023年オープン予定

関連記事

WARNER BROS. STUDIO TOUR Tokyo The Making Of Harry Potter !ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ザ メイキング オブ ハリー ポッターハリー・ポッター スタジオツア[…]

ハリー・ポッター スタジオツアー東京の入口イメージ

ハリー・ポッター エリア(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)USJ

関連記事

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ) ハリー・ポッター エリア|総合メニュー&まとめハリー・ポッター魔法界の正式名称『The Wizarding World of Harry Potter(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハ[…]

USJハリー・ポッター エリア 総合メニュー 遊び方まとめMAHOUKAI.COM

2022年~ハリポタ&ファンタビ イベント&予定 USJハリー・ポッターや映画ファンタスティック・ビースト期間限定ショップetc

関連記事

2022年(令和4年)~以降 ハリー・ポッター&ファンタスティック・ビースト関連の年間予定まとめページ♪ハリポタとファンタビの映画、舞台、ポップアップショップ、イベントやアトラクション、USJ ハリポタ エリアなどを時系列で記してい[…]

2022年1月1日 番組Return to Hogwarts『ホグワーツへ戻ろう』にダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソンなどハリー・ポッターの俳優再集結!

note.comで活動に対して『サポート』下さる方はこちらからお願いします。

『サポート(投げ銭)』

<アフィリエイト支援>下記リンクから購入頂くと当サイトの活動費になります。
Amazon 楽天市場
ご支援下さると、より一層楽しい記事を書いてお楽しみ頂けるように頑張ります♪

PR
Harry Potter Exhibition poster ハリー・ポッター展 ポスター
最新情報をチェックしよう!

ハリポタ&ファンタビ ニュースの最新記事8件