こんにちは!
パンケーキマン・ダンブルドアじゃ(^^♪

USJのハリー・ポッター エリアホグワーツ城の見学コースから一つネタをご紹介するとしよう。

場所はホグワーツ・キャッスル・ウォークの廊下にある肖像画

ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書で魔法生物についてまとめられている『幻の動物とその生息地(Fantastic Beasts & Where to Find Them)』を作成したのが『ニュート・スキャマンダー教授』じゃ。

もう皆もご存じの通り映画で「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が2016年に公開されたのう。

映画ファンタビ1の中で登場した魔法生物をホグワーツでお目にかかることが出来るのは知っておるかのう?(笑)

ファンタビで登場した魔法生物ビリーウィッグがホグワーツ城に!?ホグワーツ キャッスル ウォーク(USJ ハリー・ポッター エリア)

え?そんなん見たことないと思う者が大勢をしめることじゃと思うwww
そうじゃな私も実は最近まで気づいておらんなんだからのうwwwwww
場所はホグワーツ見学(ホグワーツキャッスル ウォーク)のダンブルドア校長室の入口「グリフィン像」を過ぎた次の廊下の肖像画に注目じゃ!
ほれここの肖像画は動く、話すのじゃ。
ファンタビで登場した魔法生物ビリーウィッグがホグワーツ城に!?ホグワーツ キャッスル ウォーク(USJ ハリー・ポッター エリア)
よーく耳を傾けることじゃ。
この男性教授が色々と説明してくれるのでのう。
わかったのかのう?(笑)
正解はこれじゃ↓

魔法生物「ビリーウィグ(BILLYWIG)」のことじゃw

ファンタビで登場した魔法生物ビリーウィッグがホグワーツ城に!?ホグワーツ キャッスル ウォーク(USJ ハリー・ポッター エリア)

映画「ファンタビ」では青紫色の小さな魔法昆虫がヘリコプターのような飛び方で登場した。
この教授は実は「ニュート・スキャマンダー教授」なのでは?と思うたのじゃが、残念ながら違った。
ご自身で自分の名前も紹介しておるので是非自身で聞いておくれ。

ピリーウィグのことは以上じゃ。

次に登場する2つ目の肖像画はクィディッチを応援している状態じゃ。

原作小説ではロンが欲しがって、ハリーが購入したあのアイテムを手にした魔法使いがおる。

そして先ほどの魔法生物の先生も時折、自分の肖像画の額縁から抜け出して、こちらの肖像画に遊びに来るのじゃぞw
ファンタビで登場した魔法生物ビリーウィッグがホグワーツ城に!?ホグワーツ キャッスル ウォーク(USJ ハリー・ポッター エリア)
しばらくしたらまた元の肖像画に戻るのじゃw

USJ ホグワーツ キャッスル ウォーク  中編 へ戻る

USJ ハリー・ポッター エリア【総合メニュー】遊び方まとめ

関連記事

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ) ハリー・ポッター エリア|総合メニュー&まとめハリー・ポッター魔法界の正式名称『The Wizarding World of Harry Potter(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハ[…]

USJハリー・ポッター エリア 総合メニュー 遊び方まとめMAHOUKAI.COM

note.comで活動に対して『サポート』下さる方はこちらからお願いします。

『サポート(投げ銭)』

<アフィリエイト支援>下記リンクから購入頂くと当サイトの活動費になります。
Amazon 楽天市場
ご支援下さると、より一層楽しい記事を書いてお楽しみ頂けるように頑張ります♪

PR
最新情報をチェックしよう!

ホグワーツ城&ホグワーツ・キャッスル・ウォーク|USJの最新記事8件