NO IMAGE

魔法動物 MANTICORE(マンティコア)幻の動物とその生息地

Harry Potter(ハリー・ポッター)魔法界のホグワーツ魔法魔術学校の教科書Fantastic Beasts(幻の動物とその生息地)に登場する魔法動物です。著書はニュート・スキャマンダー(Newt Scamander)教授です。映画ファンタビ シリーズの主人公です。

マンティコアの特徴

魔法動物『MANTICORE(マンティコア)』は人間の頭、ライオンの体、サソリの尻尾を持つ非常に危険なギリシャの獣です。人の言葉を話す高等な知性も持ちます。獲物を貪り喰う時に小声で嘆きの歌をうたいます。マンティコアの防御力は高く、身体の皮は呪文を跳ね返し効きません。サソリの尻尾で刺されると即死レベル。非常に危険なキメラのような動物です。ハリー・ポッターの世界の魔法動物の1種として別途『キメラ』が存在します。

またハリー・ポッターと関係の無い人間界でも紀元前の世界の歴史に登場する伝説の生物として現在にまで伝えられています。

マンティコアの登場シーン

原作小説ハリー・ポッターとアズカバンの囚人:ヒッポグリフを助けるためにハーマイオニー達が図書室で本を調べている時に触れています。『これが誰かを傷つけたけど、マンティコアは放免になった。――あ――だめ。なぜ放たれたかというと、みんな怖がってそばによれなかったんですって……』と、詳しくは書かれていないため、どんな動物なのかは不明です。

映画ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密:ニュート・スキャマンダーと兄テセウスが大きいマンティコアに襲われるシーンが描写されてます。

書籍『幻の動物とその生息地』(Amazon):ハリー・ポッターの教科書と同名の本をマグルが購入、読書できます。一般書籍として本が販売されています。その中でも、魔法動物の1種として紹介、掲載されています。日本語版は静山社発行

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幻の動物とその生息地 (静山社ペガサス文庫) [ J.K.ローリング ]
価格:682円(税込、送料無料) (2022/3/11時点)

楽天で購入

 

 

魔法動物好きのハグリッドとも関係が!

ハリー・ポッター時代のルビウス・ハグリッドマンティコア火蟹(ひがに)を交配させて新種の魔法動物『尻尾爆発スクリュート』を誕生させました。火蟹も魔法動物です。新種の魔法動物を創造することは魔法省の魔法生物規制管理部が厳しく規制していましたが。小説ハリー・ポッターと炎のゴブレット リータ・スキータ著の日刊予言者新聞の記事に掲載されています。

 

note.comで活動に対して『サポート』下さる方はこちらからお願いします。

『サポート(投げ銭)』

<アフィリエイト支援>下記リンクから購入頂くと当サイトの活動費になります。
Amazon 楽天市場
ご支援下さると、より一層楽しい記事を書いてお楽しみ頂けるように頑張ります♪

PR
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

映画ファンタスティック・ビーストの最新記事8件